今日のアクセス数今日のアクセス数

山の上で鳩レース 掲示板

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

オリンピックと鳩
by じゃこ天 at 2019/6/12(水) 22:16:53 No.20190612215844 コメント】  削除 引用

1964年の東京オリンピックでは数千羽の鳩が開会式で放鳩されました。今見ても壮観ですね。
では、何故オリンピックの開会式で鳩を飛ばすのでしょう?
チコちゃん風に
それはオリンピック憲章の中で開会式に鳩を飛ばすことが規則として書かれているからぁ〜

オリンピック憲章 Olympic Charter 1996年版
69.開会式および閉会式
規則69付属細則
1- 開会式
1.11- オリンピック・聖火が走者たちのリレーによってスタジアムに運びこまれる。最後の走者がトラックを一周し、オリンピック聖火に点火する。聖火はオリンピック競技大会の閉会式まで消されてはならない。聖火への点火につづいて、平和を象徴する鳩が解き放たれる。

と書かれているのです。
「平和を象徴する鳩」とありますが、何故、鳩が平和の象徴となったか以前書きました。覚えていますか(^_^;)
パリで開催される世界平和会議のポスターをピカソに頼んでいましたが、アトリエに行ってもピカソは何も書いていませんでした。困った担当者はアトリエに何か使える絵は無いかと探したところ、1羽の鳩の絵を見つけました。「これでいいや。」と持ち帰って、その鳩の絵から世界平和会議のポスターが作られました。その時から鳩は平和の象徴となったのでした。(諸説あります)

しかし最近のオリンピック開会式は夜間開催となっていますから鳩を飛ばすのは難しいですね。
ここは日本の最先端技術(三次元画像)を駆使して「バーチャル鳩放鳩」などやってみてはいかがでしょう。
2020年の東京オリンピックも確か夜の開会式でしたよね?

1.  じゃこ天 > 2019/6/12(水) 22:24:24
追加
現在では動物保護の観点から本物のハトを放つ必要はなく、ハトをかたどった風船を飛ばしたり、演目の中でハトを登場させるといった形がとられています。

だそうです。
18歳の少年
by じゃこ天 at 2019/6/10(月) 22:44:32 No.20190610213950 コメント】  削除 引用

サッカー日本代表の試合後半。スタジアムの隅っこでアップしていた18歳の少年がベンチに呼び戻されると、競技場全体が「ウォー!!!」と歓声をあげる。
日本中のサッカーファンが待ち望んでいた18歳の少年、久保建英のA代表デビューだ。
たぶんこれから何年も日本代表として見ることになであろう久保建英の勇姿だ。
そんな私もテレビの前で「おぉぉぉぉぉぉ!とうとう来たでぇ〜」と叫びながらニコニコして画面を凝視する。
やっぱええね。若い力は。
数年後にはスペインからピピも日本代表に入ってくるだろう。
お楽しみは続く(^^)/

この18歳の少年登場の割を食ったのが裏番組だったNHK大河ドラマ「いだてん」だろう。最低視聴率だったらしい。
でもこの「いだてん」最初はつまらなかったけど「女子スポーツ」絡みになってから徐々に面白くなってきていると感じています。
足を出して走っただけで大騒ぎになる。そんなことが当たり前の時代だったんですよね。ほんの100年前の話です。いやいや日本はほんの150年前まで町ゆく人の3割が腰に刀をぶら下げて歩いてまして・・・そしてこの刀の切れ味と言うと、今日日の包丁なんぞからは想像も出来ないくらいスパッと切れるヤバイもんで、気に入らないことがあると簡単に「お手討ち」にされていたのであります。
ああ、女子の足の話。
四三は「足を出して走る女子が悪いのでは無く、それを見る男が悪い。」と。
確かに・・・・・
お許し願いたいm(_ _)m
信号待ちの車の横を走る女子高生のブルマから伸びる太ももに、そっと視線を伸ばす私が今ここにいます。
懺悔しますm(_ _)m

個人的にはもっと、どかーんと人見絹枝を出して欲しい。
あの時代、100m、200m、走り幅跳びの世界記録を出し、1928年アムステルダムオリンピックの800mで銀メダルを獲得した。その後、日本女子選手陸上競技でのメダルは1992年バルセロナオリンピックの有森裕子まで64年の歳月を待たねばならなかった。
そしてこの時代だからこその悲しい結末。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E8%A6%8B%E7%B5%B9%E6%9E%9D
あの時代の日本に、こんな女性がいたんだとみんなに知って欲しいなぁ〜




1.  じゃこ天 > 2019/6/10(月) 23:04:21
人見絹枝トリビア

高校野球甲子園大会開会式のプラカードを掲げての入場行進や、勝利校の校歌吹奏[1]、校旗掲揚は人見の発案で1929年の第6回選抜中等学校野球大会から始まった。


だそうです。
知らんかったぁ〜

フレンチオープン
by じゃこ天 at 2019/5/30(木) 22:56:51 No.20190530222820 コメント】  削除 引用

テニスのフレンチオープン、ナオミ選手、今日は勝ったんでしょうか?

テニスといえば、福田雅之助氏のこの言葉。

「この一球は絶対無二の一球なり
 されば身心を挙げて一打すべし
 この一球一打に技を磨き体力を鍛へ
 精神力を養ふべきなり
 この一打に今の自己を発揮すべし
 これを庭球する心といふ」

元々は早稲田大学テニス部OBの福田雅之助氏が部に贈ったものである。
現在も部室には額にいれた直筆の全文が飾られている。
福田雅之助氏は1922年第一回全日本選手権大会で優勝、1923年〜25年デビスカップに出場、1924年ウィンブルドン大会及び1924年パリオリンピックに出場するなど、当時の日本テニス界を代表する選手の一人だった。
氏から直筆で「この一球」を受け取り家宝にしている早大OBも多い。

この言葉は多くの日本人テニスプレーヤーに感銘を与え、早大出身ではない松岡修造選手もウィンブルドンでマッチポイントを握った場面でこの言葉を叫んでサービスを放ちベスト8進出を決めた。
また、「エースをねらえ!」において宗方仁コーチのセリフとしても登場するため、「宗方コーチの格言」と認識されていることもある。
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%80%E7%90%83%E3%81%AF%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E7%84%A1%E4%BA%8C%E3%81%AE%E4%B8%80%E7%90%83%E3%81%AA%E3%82%8A

実は私、この言葉は「エースを狙え!」で知りました。
「エースを狙え!」スポーツ漫画です。それまでの「巨人の星」とか「アタックナンバーワン」とか「アストロ球団」とかのように魔球を駆使した主人公が活躍するというストーリーでは無く、平凡な主人公の少女がコーチにその才能を見いだされ、コツコツ努力してのし上がって行くというストーリー。この「平凡な少女が・・・」がミソでした。ただまあ、お蝶婦人とか緑川蘭子とかコーチの宗方仁とか「おいおい宝塚かよ!?」的な登場人物に溢れてはいました。

スポーツニュースまだかな?

1.  新井 > 2019/5/31(金) 09:25:15
見事、逆転で勝ちましたよ。
2.  じゃこ天 > 2019/6/2(日) 17:14:49
新井さん、ありがとうございます。

凄い粘りやな〜と感心してたら、次、負けちゃいましたね。
好不調の波が激しいですね・・・・
3.  蔵六 > 2019/6/4(火) 09:52:03
激しい内が花ですね(^^/
4.  じゃこ天 > 2019/6/10(月) 21:38:38
いや〜誰も寄せ付けんほど強くなって欲しいです(^^)/

00LC12816 BC ♂
by じゃこ天 at 2019/5/15(水) 22:43:03 No.20190515220159 コメント】  削除 引用
1353 x 1201 x 107,508バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

3年ぶりに関東の長距離レースも正常にもどり、皆さんほっとされていることでしょう(^^)/

00LC12816 BC ♂
2001年稚内GN1100K平成千葉競翔連盟総合優勝
        東日本GN4417羽中総合38位

1100Kの長距離帰る鳩はこんな鳩です!の見本です。

御年19歳ですが見た目バリバリです。
掴んでみてもバリバリです。

しかし残念ながら通りません(>_<)

血統構成は、ほとんどアールデンの中にキラッとルイス・ファンローンが流れてます。

2002年から、柏南アールデン系を導入したのは、この血統構成をみて「ウランの母方に流れるファンローンに適合できる。」と感じたから。
しかしながらウランのラインとは成績を残すことが出来ず(>_<)
その後、この鳩と違う柏南アールデン系鳩とド近親のオペルを配合したら東日本CH1000K翌日鳩が誕生。
(近親の好成績ライン)×(近親の好成績ライン)での1000K帰還鳩誕生。
結局、数羽導入から17年たって残ったのは、この1000K鳩の血筋のみ。

この稚内鳩が家にやってきてからスバルさんが言うことには・・・・・
1000K総合優勝のサッチャー号(だったっけ?)を柏南ロフトから買った時、この稚内鳩も買うつもりだったとか。でも一足違いでどこかに売られた後だったらしい。
その後、この鳩、何所をどう彷徨ったのか?数年前、高知のある鳩舎さんからうちへやってきた。本当に偶然に。
連れて帰るときには稚内1100Kの直仔と思ってた。かえってよくよく血統書みたら稚内1100K優勝鳩そのものだったので、その運命の巡り合わせにびっくり。
2002年に柏南ロフト訪問した際、この鳩も掴んでみたはずなのに記憶に無い(^_^;)と言うよりファンヘールチェ号の素晴らしさに驚いて、他の鳩は記憶に無い・・・が本当のところ。
そんでこの柏南ロフトさん、面白いなぁ〜と感じたのが、1000K翌日帰りの鳩より、種鳩におろした若オスの方が高価だったこと。「1000Kは翌日に関東で2000羽帰ってくるんだよ〜早朝以外値打ちは無いね。」って言われたけど、それでも1歳にもならないオスのが高価ってのは・・・・・このおっさんよー鳩見切ってんなぁ〜と思いました。


1.  スバル > 2019/5/16(木) 20:58:19
仰る通りサッチャーですよ☆
血統的にはサッチャーの祖父(ド・05)の直仔がこのグランドのトリという事と、サッチャーはヤン・アールデンの血が1/4くらいでもう1/4がファンローン、1/2は尾内鳩舎経由のカトリスなんです☆
サッチャーは特にカトリスの銀眼の遺伝子を強く受けていましたのでこのグランドのトリは交配相手として理想的でした☆
柏南さんに聞いたら『PC購入の為・・・』という返答だったと想います(笑)☆
何が原因なのか?
by じゃこ天 at 2019/5/15(水) 22:53:57 No.20190515224628 コメント】  削除 引用

池袋に続いて千葉でもお年寄りの暴走事故が・・・

しかもまた車はプ○ウスです。

どちらも「アクセル踏んだ覚えは無い。」と言っています。

欠陥というよりも高齢者が勘違いする?あるいは勘違いしやすい?なにかがプ○ウスにはあるのではないでしょうか?
自分ではプ○ウスに乗っていないので詳しいことは分かりませんが、そんな気がしてきました。

ありました!昭和61年発行10円玉!
by じゃこ天 at 2019/5/15(水) 21:57:55 No.20190515214427 コメント】  削除 引用
1024 x 768 x 84,698バイト
No.1

店頭販売価格2万円だそうです。
ただし!昭和61年後期発行分が!
早速確認すべく・・・・・
細かすぎてJ.W.Loganでは見分けが付きません(>_<)

デジカメで接写撮影したのち、画像ソフトで拡大して「前期発行」か?「後期発行」か?調べてみましたら・・・・

残念(-_-)前期発行分でした。
前記発行分はなんの値打ちも無し(>_<)

そうそう簡単にあるはず無いから高値が付くんですよね。
02−022243 BC ♂
by じゃこ天 at 2019/4/2(火) 23:17:43 No.20190402230025 コメント】  削除 引用
2233 x 2089 x 222,886バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

先日撮影した243号でございます。いまだやる気満々でメスを追いかけますが、今年は通りません。
性欲&食欲ともに旺盛なのでまだまだ長生きすると思います。

1.  蔵六 > 2019/4/3(水) 08:55:16
先年亡くなった初代雅光001号に羽色の感じ等よく似ていると思います。
当舎は高齢鳩の直子でも、調子のよい時の仔であれば「つくば国際鳩舎」に委託しています。700kは難しいようですが、500kまでなら入賞することもあります。

今春地元レースで300k綜合優勝(昨秋300k優勝・今春400k優勝)した鳩の両親ともに10年生れのつくば700k記録鳩です(^^v
2.  じゃこ天 > 2019/4/3(水) 23:41:42
今でも残念なのが、この243の目が出てこないんですよ。
3.  じゃこ天 > 2019/4/3(水) 23:50:31
今調べてみたら、243から数えて6代目の種鳩がいました。
4.  蔵六 > 2019/4/4(木) 15:03:37
うちにも じゃこ天さんの243のヒ孫が 讃岐鳩舎経由で居ますものね(^^v

001号の♀親は ボ〜とした石目で、鳩飼さんが10人いたら 10人ともが飛びつかない なんともシャンとしない目です・・・。
5.  じゃこ天 > 2019/4/5(金) 10:28:04
001の母親は見せていただいた記憶が・・・消えてますが(^_^;)それで理解しました。243の仔にぼやけた石目がよくでます。それだったんですね。
6.  スバル > 2019/5/3(金) 11:13:55
典型的なフェルハイエ=デズメット&マタイスのゴマですね☆(^_^)
雲間に消える鯉のぼり
by じゃこ天 at 2019/4/18(木) 01:26:55 No.20190418010450 コメント】  削除 引用
1024 x 768 x 69,906バイト
No.1
1024 x 768 x 116,332バイト
No.2

四万十川に泳ぐ鯉のぼりです。雨に濡れてメザシみたいになってますが・・・・
これ実際に観るとかなりのもんです。
四万十川をまたいでるだけでなく、対岸の山と山をワイヤーで渡しているのでそーとーな距離です。
この日は天候も悪かったのでワイヤーの端が雲の中です(^_^;)

天気の良いときに勢いよく泳ぐ鯉のぼりが観てみたいもんです。

長男が生まれたとき「俺の鯉のぼりどこにある?」と親に聞いたら「ああ、鯉のぼりね。江川崎の向こうで川に鯉のぼり泳がす行事があるって聞いて寄付しちゃった(^_^;)」とのこと。子供が口から入って、しっぽから出てこられるくらいの大きな鯉のぼりだったんです。まあ、あったとしても、そんなでかい鯉のぼり泳がせる場所も無かったから「ああそうですか〜」で終わって、長男には50cm位の窓からちょっと出して泳がす鯉のぼりで我慢してもらいましたm(_ _)m
こういう所へ私の鯉のぼりももらわれていったんですね。
ここだったりして。

1.  蔵六 > 2019/4/19(金) 09:07:21
ありがたいことです・・・親の恩m(_ _)m
2.  じゃこ天 > 2019/4/21(日) 20:43:57
ほんまですm(_ _)m
3.  じゃこ天 > 2019/5/1(水) 15:02:56
昨日テレビでここが出ていました。なんと!鯉のぼりを沢山つなげて川を渡して流し始めたのは、ここが始まりなんだそうです。ここから全国に広まったと!
「鳥肉以上 鳥学未満」を買ってみた
by じゃこ天 at 2019/4/29(月) 22:38:21 No.20190429220358 コメント】  削除 引用

川上和人著「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ」に続いて「鳥肉以上 鳥学未満」をアマゾンで買ってみた。
先の「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ」を読んだ後、NHKEテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」という番組のある週に「ホントに鳥は飛びたいのか?」と言う週があり、そこに川上和人さんが出ていた。その番組の中で又吉直樹に鳥の筋肉を説明するのに又吉の目の前で鶏を捌いていくのだが、その手つきがなんとまあ素晴らしすぎて「さすがやなぁ〜」と見とれてしまった。
そしてしゃべりもうまい。
その番組の再放送が1日22時からNHKEテレ(教育テレビ)であります。是非ご覧ください。
竜骨の下から手を入れて鳩の胸筋を触り「柔らかい」だの「固い」だの「これはスピード出そうな筋肉だ。」などとのたまわる全国の鳩飼い諸氏、鳥の筋肉がどうついているかくらいは知っておこう。チコちゃんに叱られる前に!
スバルさんの好きなやつ
by じゃこ天 at 2019/4/15(月) 00:23:00 No.20190415001945 コメント】  削除 引用
1024 x 768 x 181,856バイト
No.1
1024 x 768 x 204,603バイト
No.2

スバルさんの好きな各年代ゴジラ、いっぱいありました。

1.  スバル > 2019/4/21(日) 09:11:48
おっ、ここは以前連れて行って戴いた所ですよね☆
来月末のPRでしょうね☆
視に行きたいなぁ(笑)☆

2.  じゃこ天 > 2019/4/21(日) 20:47:19
あの頃は「フィギア興味ありません(-_-)」って言ってたよね?

また行きますか?海洋堂。
3.  スバル > 2019/4/22(月) 18:15:02
夏にタイミングが合えば是非お願いします❗☆😄
その頃までやっているかは判りませんけどね☆😅
4.  じゃこ天 > 2019/4/28(日) 11:58:30
はい。今年もお待ちしております(^^)/
ホームページへ 全 69 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 ]

趣味 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -