今日のアクセス数

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

"返り血の牡鹿"フォルスターフタマタクワガタ
by 天牛師 at 2019/8/17(土) 21:45:52 No.20190817205141 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 73,849バイト
No.1

問題児っぷりに定評のあるフタマタ属一発目はコイツっす(´∀` )
マンディブ、リノケロス、セアカに隠れて知名度は若干下なのかな。
いかにもフタマタクワガタっぽいエグい形状の大顎がもうたまらんのよw

2000年に記載されたキヨタミって亜種は黒っぽい個体が多いっぽいっすね。
後から触れるけどフタマタの中でも間違えようのないシルエットも特徴だぞ!
大型種3種がスマトラ産なんすけどこっちはインド周辺が分布域っすよ。

確か86mmくらいになるもんで中堅サイズの中でも上位に食い込む種類なんすよね。
少なくともだ、日本のクワガタよりは確実にデカいから初見だと「デカっ!?」ってリアクションかもw
フタマタはいいよ、デカい個体も多いしマンディブラリスに至ってはギラファと並ぶ世界最大種っすよ?

で、このクワガタ。実は検索してるとワインレッドに近いような赤さを持った成虫の画像が多いんすよ。
しかも赤さが亜種によっては違ってくる上にオスとメス両方が赤さ100%っていいよねw
日本のノコギリなんぞ赤個体の出現頻度は割と低いのに…(・ω・`)

んで、だ。この顎がシカクワガタに似てんだよね。強そうってか美しい方に入りそうだし顎の曲がり方すっげぇの。
フタマタったらデカい、強い、気が荒いの戦闘狂集団で基本的に顎はストレート…なんだけどコイツは一味違うぞ。
他の種類には見られないほど奇抜で異形で異端でインパクトのあるフタマタクワガタっすよ。

シカクワガタ知ってる人がみたら「お?」ってなるような見た目も相まってデジャヴまで与えるんだぜ。
ルビーみたいな鈍くて赤い艶、綺麗なんだよ…これで9cmまであと一歩、ってとこまで迫るんだよ( ;°Д°)
異端も極まればこうも美しくなるんだね、実物の赤さは見事の一言に尽きるぞ!
"ジャワの黄金郷"ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ
by 天牛師 at 2019/8/13(火) 00:48:35 No.20190813002434 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 70,771バイト
No.1

クワガタの綺麗どころったらコイツは外せないな(`∀´)
聖戦士聖矢の黄金聖衣みたいだかんね、現物はw
実はジャワ島西部の固有種なんすよ、こいつね。

固有種ったらマダガスカルなのに意外といるもんでしょw
ただ標高の高いとこに行かないと会えないんだなこれが。
そこでライトトラップでも仕掛ければ来そうな生態してるよw

『金』が付くクワガタの中でもトップクラスにデカくて知名度あって人気が高いなんてコイツくらいだよw
キンイロクワガタ属とかの小ささも可愛くて捨て難いんだけどボリュームは圧倒的にこっちっす。
しかも面白い事に湿度が高いと黒く変色するんすよね。金色っつったよな?みたいなw

この他にもモーレンカンプとかババみたいな種類がいるんだけど名前のカッコ良さはこれだろ(´∀`*)
ドイツ語で『薔薇の丘』だぞw最初はローゼンメイデンみたいだなって思ったよw
主な餌は樹液なんだけど齧って樹液出すなんて珍しいっしょ。多分この大顎使うんだろうけども。

こういうのはパプアキンイロクワガタなんかにも見られる傾向なんだけど現物の顎も上に反ってるんよ。
だもんで見た目は良くてもいざバトルとなると優位に立つどころか戦闘自体が得意じゃなさそうなんすよね。
でもって樹液が主な餌なのに樹液に集まってるとこがあんま見られないっつーねw

プレステのバトル昆虫伝でも序盤で出てきたっけなぁ…(´・ω・`)
金と黒を併せ持つあたり変わってるっしょw

"生死不問の分解者"アカヘリエンマゴミムシ
by 天牛師 at 2019/8/11(日) 01:17:36 No.20190811003701 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 71,708バイト
No.1

ほい、夜間採集お疲れ様っした(*´∀`)ノシ
ってな事で最新作は閻魔の片割れ、アカヘリエンマゴミムシっす。
戦えるよな?外見からしてガチで戦えるよな?

オオエンマ&オオキバウスバと並ぶ打倒カブクワ候補だと思うんだw
クワガタ顔負けの大顎持ってるからね。何でここまで発達したんかね。
第一印象はニッパーみたいな顎してんなコイツ、だったけどもw

ところでコイツの食性、見たまんまの肉食性なんだけどヤスデとかバリバリ食っちゃうからね?
ゴミムシとかオサムシってミミズとかじゃん、普通食べてんのは。でもコイツは二刀流なんだわな。
捕食者(プレデター)兼分解者(スカベンジャー)。餌もDead or Alive(生死を問わない)なんすよ。

フツーにコオロギ襲うからねwオオエンマハンミョウ共々閻魔って付く虫は肉食性強ぇなぁw
アニメのキャラっぽく言うなら表の顔と裏の顔持ってて戦闘もこなせる奴だな(`∀´*)
まぁゴミムシである以上は腹部先端から出す酸も当然サブウェポンで持ってる虫なんすよ。

それでもコイツの一番の特徴はそのゴミムシらしからぬデカさっすわ。
最大6cmなんてクワガタの『少しデカい』ラインとほぼ同等だかんね?
早い話がコクワガタのめっちゃデカい個体が体長で負けるゴミムシってとこかな(´∀`;)

そうそう、名前の由来になった赤いラインあるじゃん。
ここ、実は構造色で水に濡れたりすると緑色になるんすよ。
ヤバさと強さと美しさを兼ね備えたハイスペックなゴミムシだよ(´∀` )

"黒いターミネーター"オオエンマハンミョウ
by 天牛師 at 2019/8/8(木) 21:42:23 No.20190808205226 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 70,625バイト
No.1

実際コイツを何回作ったか分かんないけど一番それっぽくなったんで(´∀`*)
今じゃ結構有名だよね、非カブクワなのにカブクワと普通に戦えるぞw
このクワガタっぽい大顎と見た目に反する俊足が主力武器だったりね。

体長6cmくらいっす。日本のナミハンミョウの3倍のデカさだからね。スピードは分かんないけどもw
普通に飼育下だとコオロギ程度なら粉砕して食っちゃう気の荒さがあるんだよ( ;°Д°)
当然ハンミョウだから肉食なんだけど一方的すぎるっつーかガチに速いw

ちなみにオオエンマはツチハンミョウ科じゃなくて普通のハンミョウ科だよ。毒なんて持ってないぞ!
ただ攻・防・スピード全てが高水準でコンパクトな体に凝縮されてるから戦闘ポテンシャルはめっさ高いんだよ。
リオックがよく引き合いに出されるんだけどリオックってオオカマキリ食っちゃったコロギスの化け物なんだよね。

で、バッタ含めて不完全変態の虫はどっちかって言えば打たれ弱いっていうか大ダメージがモロに通るんだよ。
その点コイツは相手が応戦してもお構いなし、硬さと強さと速さにモノを言わせてアグレッシブに攻めまくるタイプなんすわ。

リオックと並んで肉食昆虫界最強なんて言われてるけどこれには納得せざるを得ない、本気でそう思うぞw
あとこの非対称の大顎、実はオスだけなんすよ。メスは左右対称っていう変わった虫なんすよね。
まぁクワガタっぽい顎してるのにある意味メスの方がクワガタっぽさだと上なんだよw

ちなみに。世界最大のハンミョウって肩書き持ってる割にこの虫、飛べないんだ…翅が退化して装甲になってるからね。
タダでさえ肉食なのに肉なら何でも食っちゃうんだよ。ネズミだのトカゲだの脊椎動物でも関係ないっていうねw

学名に付いてる属名のManticoraはマンティコアって怪物っす。鵺(ぬえ)の海外版みたいなモンっすね。
この虫も不吉の前兆なんて言われててクロメンガタスズメと同じような扱いされてるんすよw
"暗殺者御用達"マメハンミョウ
by 天牛師 at 2019/7/17(水) 22:25:32 No.20190717210146 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 80,325バイト
No.1

Twitterのアンケートで見事勝ち残ったこいつをね(´∀`)
他はヒメツチハンミョウ、スパニッシュフライと同じカンタリジン使い(ry
よく見ればメタリックな色してたりツチハンミョウも侮れないぞw

マメハンミョウはこのストライプ柄がいいね、いかにも悪そうでポイント高いよ。
何て言うか名探偵コナンかカイジの黒服にいそうな雰囲気してない?
っていうか現実でも害虫扱いされてる肩身の狭い虫でもあるんすよね。

何でマメハンミョウって言うかって『小さいから』じゃないんだ。マメ科の作物食ってるからだよ(´・ω・`)
もう捻りも何もない超ストレートなネーミングセンスで和名が付けられた昆虫の一匹だと思うんだよ、こいつねw
大きさにしてもうちょいで2cm、ってくらいの小ささ。もうここまで来ると二重の意味でマメハンミョウに思えてくるな(ry

だもんで、だ。農家からは畑が荒れるわ触れば炎症起こすわで嫌われてるんすよ。見た目綺麗なのに(・ω・`)
時にホジュンって韓流ドラマ覚えてるよ!とか親or自分が見てたよ!って人は記憶の片隅にあるんじゃないかな。
『斑猫の毒』を使った毒殺回があるんすよ。原作で種類こそ触れられなかったけど多分この虫だと踏んでるんすよね。

西洋よか東洋の方が生物由来の薬となれば一枚上手な気がするんすよ。ほら、漢方薬ってよく言うじゃないっすか。
ちなみにヘビトンボの幼虫。これも孫太郎虫/勘の虫なんて言われて有名な漢方薬の一種っすよ。
話戻してマメハンミョウ、その昔忍者が使ってたなんて逸話もあるくらい毒殺のメインウェポンだったんすね。

まぁこんだけ目立つ上に間違えようのない配色だからいる場所では嫌でも目に付くかもしんないけども。
今だからこそ使われないけど見つけても不用意に触んないようにね(´・ω・`)
"深紅の劇薬"ヒラズゲンセイ
by 天牛師 at 2019/7/13(土) 23:54:35 No.20190713231659 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 76,836バイト
No.1

たまにはタイムリーな虫でもアップしてみようかな(・ω・`)
赤いクワガタなんて良く言ったもんだね、言われてみればそれっぽいし。
逆にクワガタに似てる虫がコイツくらいしかいなさそうな気もするけど(ry

触らなきゃ綺麗なんだよ。触るとカンタリジン分泌してくるんだよ。
まぁアレだよ、テントウムシ突っつくと黄色い汁出すじゃん。
『ぶっちゃけあんな感じ』と思ってもらって大丈夫なはずっす。

ツチハンミョウをWikipediaでググると英名がBlister Beetle。要するに『火傷甲虫』みたいな感じ。
カンタリジンに触れると『こうなる』ってのが分かり易く説明されてる英語名っしょ?
でもこのヒラズゲンセイを含むツチハンミョウ科を侮っちゃあかんよ。見た目こそ綺麗なんだけど惑わされるなかれ。

東洋、西洋問わずに毒殺の歴史と共に歩んで来た昆虫っつっても過言じゃないくらい後ろ暗いキャリア持ってるからね。
ツチハンミョウ、マメハンミョウなんかを乾燥させた粉は暗殺者御用達の毒薬だったのは少し有名…だと思うんだよ。
さらに『ドS』の由来になったマルキ・ド・サドはこの仲間を使ったことでも知られてる歴史上の人物ね。

ところでこの致死量、どれくらいかって1.5mgなんだよ。たったこれだけ飲ませるだけで人間が死ぬ毒だよ?
時代劇でよくある『お主、一服盛りおったな…!』ってレベルじゃないよ、本気で。間違っても食べちゃダメ、絶対。
忘れられがちだけど黄とか赤って色は本来は警告色、サッカーのイエローカードとかレッドカードと同様っす。

コイツらからしたら『食えるもんなら食ってみ?』っていう文字通りの警告…なんだけど人間にはこれが綺麗に映るんだよw
ちなみにヒラズゲンセイはクマバチの巣を再利用してその中に住んでるんすよ。案外エコだよねw
ツチハンミョウ科の他にカンタリジン使いな虫はカミキリモドキ科っすね。読んで字の通りカミキリムシに似てるよ!

え、じゃ何、劇薬ポジションの昆虫って結構いるんだね。
そうそう、カンタリジンってその昔は毒薬、媚薬の他に発毛剤としても使われてたんだよw
アデランスが出る遥か昔からあったとは言っても今は使う人いないよな(`∀´;)
"電光石火の捕食者"ヒヨケムシ
by 天牛師 at 2019/7/6(土) 22:56:16 No.20190706223204 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 82,538バイト
No.1

世界三大奇虫最後の一匹、完成っす(`∀´*)
こいつも鋏角亜門・クモ型綱なんだけど一番クモっぽい見た目だよねw
活発に動く夜行性の捕食者なんだけど実際素早いんだよね。

その時速が約16km。世界最速の毒蛇ことブラックマンバが約20kmくらい。
その辺の自転車よりちょい遅いくらいのスピードになるんすよ。
まぁぶっちゃけ夜行性だから『ヒヨケムシ』みたいな由来なんだよw

で。アホかと思うくらい肥大化したこの顎ね鋏角って部分。これがヒヨケムシのメイン武器なワケっす。
昆虫、クモ、サソリ、大型種になればトカゲ、ネズミくらいなら平気で食っちゃうし時には共食いさえするぞw
実は鋏角が少し変わっててね。カニでもサソリでもザリガニでもいいからイメージしてもらえるといいかな。

何が言いたいかってハサミ持ってる生物いるじゃん?そのハサミの多くは水平に開閉するじゃん。
ところがぎっちょん!ヒヨケムシは垂直に口先端のハサミが動くんすよw文房具みたいっしょ?
威嚇する時もこれをガバッと開いて『こっち来るなよ!絶対来るなよ!』みたいな感じになるんすよ。

クモの遠い親戚なのにクモに似てない面白いヤツで1000種以上が記載されてるデカいグループなんだけどだ。
実はあんま研究が進んでないのが現状なんすわ。生態学的、形態学的にはもちろん系統分類さえ不明だかんね?

そうそう、コイツね。Wind SpiderとかWind Scorpionなんてカッコいい英名持ってんだよね。
さらに猛毒持ってるだのラクダ食っちゃうだのガセネタが豊富だったグループでもあるんすよ。
ペット販売もされてるみたいっすけど長期飼育は至難の業みたいっすね。
"異形のエイリアン"ウデムシ
by 天牛師 at 2019/7/1(月) 22:21:07 No.20190701213833 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 93,334バイト
No.1

世界三大奇虫の一角、またしても立体化なう!残るはヒヨケムシだけだぜ(´∀`*)
クモ+タガメ÷2を平べったくしたような見た目してるっしょ。
最初これ無理じゃね、くらいに考えてたんだけど普通に作れたよw

コイツも鋏角亜門・クモ型綱っす。クモって親戚多いんだよ。
実を言うとサソリでさえクモの遠い親戚にあたるんすよ。
まぁ『似てなくもないけど似てるかって聞かれたら似てない』奴らでOKっす。

まず目に付くのがこの扁平な見た目ね。ガンダムのモビルアーマーかウルトラマンの怪獣に見えなくもないっしょ。
でも、だ。この扁平な体型で狭い場所にも難なく入り込めるんだなこれが。当然ながら夜行性っす。
洞窟の中なんかにもいるんすよ。こういう場所を選ぶあたりカマドウマみたいっしょw

んで。ウデムシの名前が示す通り一際露骨に発達した触肢ね。こいつを使ってマジックハンドみたいに引き寄せるんすよ。
こんなに禍々しくて物騒なモン持ってる割に普段は大人しいからね、面白い事にw
餌も小昆虫とか小動物。飼い易そうっしょ?実際に観賞用に飼育してる人もいるんすよ。

種類によっちゃトカゲみたいな脊椎動物も襲撃して食っちゃうスペックがあるんすよ。この触肢は伊達や酔狂じゃないぞw
さらに、だよ?こんなラスボスみたいな見た目しててもコミカルで残念な一面を持ってるのがウデムシなんすわ。
前に歩けるっちゃ歩けるけど実際ぎこちないのw基本はカニみたいに横歩きなんだよw

普段はノロいのに捕食する時と逃げるときはこの図体から考えられないくらいの速度でカサカサ動くよw
あと奇虫にありがちなメッチャ細い第一脚。当然触れる事で一歩先を確かめるレーダーでもあるんだけど、だ。
ウデムシはこれを使って同種間のコミニュケーションも取れるっていうね。洞窟にいてもコミュ障じゃないぞ!w

でもコイツね、実際に映画に出てたんだ。嘘みたいだろ…この話、ガチなんだぜ…?
ハリー・ポッターと炎のゴブレットって知ってる人いるかな。その中に出てるんだよねw
だもんでキモカッコいい三大奇虫の中でも印象的…なはず(´・ω・`)
"硫酸のスナイパー"ビネガロン
by 天牛師 at 2019/6/30(日) 23:37:17 No.20190630230609 コメント】  削除 引用
854 x 480 x 76,861バイト
No.1

世界三大奇虫の一角、遂に立体化したよ!
こいつはサソリっぽいけどサソリじゃない奴って認識でOKっす。
その名もサソリモドキって奴ね。実は日本にも2種類いるぞ!

他にヒヨケムシとウデムシってのもメンバーにいるんだけど、だ。
普通の人が見たら『キモっ!』って一蹴されそうな見た目してんだよねw
いや、自分の中ではエイリアンっぽい見た目が最高だと思うよ?

で、何でこいつかって蝶撫の忍ってコミックがあるんすけどね?
なんと参戦してくれたっていうね!テラフォーマーズにさえ出てないのに(´;ω;`)
ちなみに原作者と作画担当の人からフォローされてんのが地味な自慢っすw

話戻そ。まずこいつの英名はWiptail Scorpion。見ての通り鞭みたいな尻尾がまず目を引くんすよ。
でもコイツを素手で掴んじゃあかん。ミイデラゴミムシみたいに熱くはないけど酸をぶちまけてくるぞw
これが手に付こうものなら火傷みたいな症状も出るし目に入れば角膜炎が起きる可能性もあるんすわ。

さらに棘のあるパーツ。これがビネガロンの必殺武器。もうどうやって捕食するか分かった人もいるかな。
これで生きたまま歯車に挟まれるみたいにすり潰した獲物をゆっくり捕食するえげつない一面もあるんだぜ。
ちなみに自然界じゃ共食いもするから基本的に単独行動が基本なんだよねw

実はこのギア付きのパーツこそ口に当たる部分で本来『前脚』であるはずの脚は細く発達してるんすね。
これが昆虫で言うとこの触角みたいなもんで文字通り手探りで狩りをするワケっす。
これがウデムシならもっと細いよ、パーツ作るの難しそうだなw

んで。ヒヨケムシ、ビネガロン、ウデムシの世界三大奇虫。こいつら全員が鋏角亜門・クモ型綱に分類されるんすよ。
ぶっちゃけ似ても似つかないけどクモのめっちゃ遠い親戚にあたる部類ねw
よく見ればカッコいいんだけどだいたい『奇虫』のブランドで損してるよねコイツ(・ω・`)
5.26(日)朝10時道の駅集合:風穴ハイキングです♪
by 野原 at 2019/5/12(日) 11:24:32 No.20190512105417 コメント】  削除 引用

風薫る季節、今年もまた自然観察と風穴ハイキングの時期になりました。当村村松風穴は、大正時代後期から昭和14年にかけて、
蚕種を保存して孵化の時期をコントロールするのに大役を果たした自然の冷蔵庫です。日本の養蚕業を支えた知恵と工夫の跡を、
見学します。場所は青木三山のひとつ、子壇嶺岳(1223m)の中腹にあり、軽トラ一台が通れるつづら折りの山道をゆっくり歩きます。
見学の後は車座になって、みんなでお弁当を広げ愉しいランチタイムになります。

参加費:500円(当館入館チケット・保険含む)中学生以下100円(保険代)
持ち物 昼食・服装 歩きやすいクツ(トレッキングシューズなど)・帽子・軍手・スーパーの袋・雨具など
要予約(当日参加でもOkです)★10時10分には出発します。

初参加大歓迎!!! 気軽にお出かけください。お問合せ・申し込み 0268−37−3988  fax 37-3964

ホームページへ 全 25 件 [ 1 2 3 ]

動物 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -