今日のアクセス数今日のアクセス数

各国ニュース

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

米、産業スパイでGE元技術者ら起訴 「中国が金銭など支援」
by 管理人 at 2019/4/25(木) 05:23:14 No.20190425052238 コメント】  削除 引用
1099 x 657 x 130,194バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1
800 x 421 x 45,849バイト
No.2

・鄭小清被告

米司法省は、中国に利益をもたらすために産業スパイ活動を行い、米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>から企業秘密の窃盗を企てたとして、GE元技術者と中国人実業家の2人を正式起訴した。司法省が23日、起訴状を公表した。

米政府は今回初めて、GEを巡る産業スパイ活動が中国の利益のために行われ、中国政府がこれに「金銭面などの支援」を提供していたとの公式見解を示した。

起訴状によると、2人は14件の罪で18日に起訴された。鄭小清被告(56)は職場だったGEパワー&ウォーターでガス・蒸気タービンの設計などに関するデータを含んだ複数の電子ファイルを暗号化して盗み、それらを電子メールで中国にいる実業家のZhaoxi Zhang被告に送付した。

鄭被告は昨年8月、GEから企業秘密を盗んだ疑いで、訴追されていた。

両被告は盗んだ情報を使って、中国で経営するタービン開発企業2社の利益につなげようとしたとされる。起訴状によると、この中国企業2社を通じて両被告は中国政府から金銭などの支援を受けていたほか、2人は中国政府当局者と連絡を取り合っていたという。

鄭被告は23日、無罪を主張。保釈が認められた。代理人はコメントを差し控えた。

GEは声明で今回の問題について「司法当局に協力している」と明らかにした。

陪審員による裁判は6月24日に設定されている。

大紀元

マクドナルドのフライドチキンに鶏の毛が付いていた!女性客が当局に届け出―北京市
by 管理人 at 2019/4/25(木) 05:22:32 No.20190425052144 コメント】  削除 引用
720 x 478 x 33,133バイト
No.1

観察者網によると、中国北京にあるマクドナルドにフライドチキンを注文した女性客から「チキンに鶏の毛が付いていた」との報告が寄せられた。

女性が問題のチキンのデリバリーを依頼したのは21日夜のこと。女性の娘が3個食べ、4個目を口にしたところで毛が付いていることに気が付いたそうだ。店側は女性に対し、その値段の10倍に当たる額を返金し、さらに300元(約5000円)相当の食事券あるいは現金を加えることを申し出たが、女性はこれを拒否して食品当局に届け出たという。

マクドナルド中国は「この件を高度に重視し、すでに調査を始めております。店が商品の瑕疵(かし)に気付かず、お客様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします」と表明。メディアの取材に応じた女性は「子どもの体は今のところ大丈夫ですが、心理的な影響は受けています」と話した。

この問題を知ったネットユーザーからは不快感を示す声の他、「何者かがわざとこんなことをしたのではないか」と疑う声も聞かれたと記事は伝えた

手錠、目隠しのパレスチナ少年をイスラエル兵士が銃撃
by 管理人 at 2019/4/25(木) 05:21:40 No.20190425052050 コメント】  削除 引用
640 x 360 x 96,339バイト
No.1

・後ろ手に手錠をかけられ、目隠しをされた状態でイスラエル兵士から逃げようとする少年

(CNN)パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のベツレヘム郊外で先週、イスラエル軍兵士がパレスチナ人の少年に発砲した場面の画像や映像が波紋を呼んでいる。少年は手錠をかけられ、目隠しをされたまま逃げようとして、兵士に両脚を撃たれた。

目撃者らによると、銃撃があったのはベツレヘム南郊のパレスチナの村に向かう道路。村では18日、交通事故で死亡した学校教師の葬儀があり、多数のパレスチナ人が参列していた。

葬儀の後、路上でパレスチナ人とイスラエル軍の部隊が衝突した。イスラエル軍によると、兵士らや通行中の車に多数の石が投げ付けられたため、部隊が鎮圧を図り、暴れていた集団のメンバー1人を拘束した。このメンバーが2度にわたって逃げ出そうとしたため、兵士らが発砲したという。

イスラエル軍によれば、この周辺では最近、イスラエル人や車に石を投げ付けたり、タイヤに放火したりする行為が相次いでいた。村の近くにはユダヤ人入植地がある。

一方、少年の父親は「息子は何もしていないのに拘束された。石を投げていないことは確かだ」と主張する。

目撃者らによると、少年は撃たれた直後に拘束され、兵士が手当てを始めた。パレスチナ人のグループが駆け寄ろうとすると、1人の兵士がそちらに銃を向け、「近寄った者は額を撃つ」と脅した。現場から搬送される少年の周りでパレスチナ人グループと部隊がもみ合い、兵士が威嚇射撃する場面の映像もある。

少年はその後、近くの病院へ運ばれた。父親によると、現在も入院中だが容体は安定している。少年の身柄はすでに解放されているという。

イスラエル軍の報道官は少年の扱いについての質問には答えず、ほかに逮捕者はいないと述べた。

NGT48卒業・山口真帆が犯人を問い詰める“現場録音テープ”
by 管理人 at 2019/4/25(木) 05:20:37 No.20190425052004 コメント】  削除 引用
506 x 639 x 86,186バイト
No.1

 4月21日にグループからの卒業を発表したNGT48の山口真帆(23)。「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」などと運営への恨み節を5分以上にわたってぶちまけた。

 事件現場から移動し、山口らは犯人らと近隣公園で言い合いになったが、その際に録音されたデータが存在する。この録音データは事件の調査にあたった第三者委員会にも提出されているが、これを実際に聴いた人物が今回、初めて証言した。

「よほど怖かったのでしょう。山口さんは恐怖の反動から『ぐちゃぐちゃにする』『全員辞めさせてやる』といった内容の発言をしていて、犯人とつながりが疑われるメンバーの名前を次々に挙げて詰問しているのです。あれを聴けばいろいろと見えてくる。ここまで問題が大きくなった以上、公開すべきだと思います」

 4月25日(木)発売の「週刊文春」では、暴行現場に駆け付けた唯一のメンバーの実名、現場録音テープの中身、テープの所有者などについて報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月2・9日号)

北海道で小島消失か
by 管理人 at 2019/4/25(木) 05:20:00 No.20190425051353 コメント】  削除 引用
640 x 331 x 63,305バイト
No.1

・北海道・猿払村の沿岸を撮影した航空写真。旗マークの場所が「エサンベ鼻北小島」があるとされる場所

第1管区海上保安本部(小樽)は24日、北海道北部・猿払村の沖約500メートルにあるとされる「エサンベ鼻北小島」が波や流氷による浸食で消失した可能性があるとして、来月20〜24日に実地調査すると明らかにした。7月にも結果を公表する。

 1管によると、周辺の水深が浅く巡視船艇が使えないため、民間の作業船を使い水中音波探知機(ソナー)などで測量する。消失が確認されれば領海が狭まる恐れもある。

 国連海洋法条約では、島は高潮時でも水面上にあるものと規定されている。地元住民から昨年10月、「島が海面から見えなくなっている」との情報が寄せられた。

共同通信

森永製菓“下請けいじめ”
by 管理人 at 2019/4/25(木) 05:13:44 No.20190425051310 コメント】  削除 引用
640 x 360 x 54,886バイト
No.1

下請けへの支払いを違法に減額したとして菓子メーカーに勧告です。

 森永製菓は菓子の製造・販売の委託先5社に対し、発注額を引き下げた際にさかのぼって値下げを適用し、合わせて950万円余りを支払いませんでした。こうしたことが下請法に違反するとして、公正取引委員会から再発防止などを求める勧告を受けました。
 
公正取引委員会:「下請け事業者に重大であると判断した場合に今回のような勧告が出る」

 森永製菓は減額した分の支払いを済ませ、「再発防止に努めます」などとコメントしています。

毎日新聞

JR側が京王電鉄子会社に1.8億円請求 不正乗車問題
by 管理人 at 2019/4/25(木) 05:13:04 No.20190425051223 コメント】  削除 引用
640 x 360 x 54,059バイト
No.1

京王電鉄の子会社・京王観光の支店が、JRから委託された発券業務を悪用して団体旅行で不正乗車を繰り返していた問題で、JR旅客6社の被害額が計約6千万円にのぼることがわかった。6社はすでに京王観光に対し、旅客営業規則に基づいて被害額の3倍にあたる約1億8千万円を賠償するよう請求した。

 JRによると、賠償請求の通知は今月19日付。同時に、不正発覚後に停止されている発券業務の委託契約について、正式に解除した。これにより、京王観光はJRの乗車券や特急券の発券はできなくなる。

 JR東海は「発券できる立場を悪用した不正乗車は極めて遺憾。契約解除という大変重い処罰を行った」とコメントしている。

 京王観光はJRを使った団体旅行の切符を発券する際、実際より少ない人数分の団体乗車券を発券。同行する社員が保管し、改札口で乗車券を見せて入場させる手口で差額分を利益に計上していた。

朝日新聞

白鵬に「けん責」処分 千秋楽の三本締めで 相撲協会
by 管理人 at 2019/4/24(水) 19:31:51 No.20190424193117 コメント】  削除 引用
1012 x 1024 x 149,078バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

・春場所千秋楽に三本締めをした白鵬
  
大相撲の横綱 白鵬が、先月行われた春場所千秋楽の優勝インタビューの際三本締めを行った問題で、日本相撲協会は、白鵬を「けん責」の懲戒処分としました。

この問題は、先月、大阪市にある大阪府立体育会館で行われた春場所千秋楽の優勝インタビューの際、横綱 白鵬が本場所の終了を意味する「神送りの儀式」の前にもかかわらず観客とともに三本締めをしたもので、横綱審議委員会が「本場所では、神送りの儀式ですべてが終わる。優勝した横綱とはいえ、やれる立場にあるのか」などと苦言を呈していました。

日本相撲協会の理事会はこの行為について、土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為にあたるかや、懲戒処分にすべきかなどを検討するようコンプライアンス委員会に委嘱していました。

24日は、都内で相撲協会の臨時理事会が開かれ、白鵬を「けん責」の懲戒処分とすることを決めました。

また、師匠の宮城野親方を3か月間、給与を10%減額する懲戒処分としました。

白鵬は、おととし11月の九州場所千秋楽の優勝インタビューで、暴行問題の責任を取って引退した元横綱 日馬富士や暴行を受けた元貴ノ岩を「再び土俵に上げたい」などと発言したうえで観客に万歳三唱を促し、相撲協会の理事会で厳重注意を受けています。


少年が尿道に磁石ビーズ挿入し手術相次ぐ、70個の例も
by 管理人 at 2019/4/24(水) 16:25:26 No.20190424162455 コメント】  削除 引用
634 x 370 x 13,837バイト
No.1

・12歳の少年が尿道に直径5mmのマグネットビーズ39粒を入れて入院

中国浙江省杭州市の11歳の少年が今年3月、自らの尿道に約70個も連なるマグネット(磁石)ビーズを挿入し、とれなくなってしまい、医師の除去手術を受けていた。また、湖北省でも同じケースが報告されているほか、黒竜江省ではスマートフォンの充電ケーブルを挿入した事例も報じられている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、杭州市在住の11歳の少年が興味本位から約5ミリの磁石が70個分つながっているマグネットビーズを尿道に挿入したところ、磁石部分がそれぞれ磁気で引っ張り合い、猛烈な痛みに襲われた。

 自分でマグネットビーズを引き抜こうとしたものの、すっかりと中まで入っていた。そのため、引っ張ると痛みが激しく、両親に話して、浙江大学医学部の小児科病院に駆け込んだ。

 医師が患部をレントゲンでみてみると、マグネットビーズがしっかりと絡み合っており、全部を一気に取り除くことは難しいと判断。浅い部分にあるマグネット部分の皮膚を切開し、2個、3個と除去することから始め、徐々にマグネットを除去することに成功した。

 このようなケースは年に2〜3ケース報告されており、今年1月にも湖北省武漢市の12歳の少年が自分の尿道に挿入した直径約7ミリの39個のマグネットビーズの除去手術を受けたという。昨年7月には河南省の18歳の少年が同じケースで手術を受けている。

 さらに、昨年6月には黒竜江省の13歳の少年が尿道に、約20cmもの長さのスマートフォンの充電ケーブルを挿入。ケーブルは膀胱にまで達しており、やはり病院に行き、手術は成功したものの、その後、回復するまで2週間の入院を余儀なくされたという。

NEWSポストセブン

全世界がブルース・リーの功績を称賛! 中国人だけが彼を批判する理由は?
by 管理人 at 2019/4/24(水) 16:24:44 No.20190424162413 コメント】  削除 引用
300 x 199 x 28,355バイト
No.1

1970年代、『燃えよドラゴン』などの斬新なカンフー映画で世界を魅了し、32歳の若さで世を去った香港の大スター、ブルース・リー(李小龍)。中国メディアの捜狐は18日、「全世界が李小龍を称賛しているのに、中国人だけが彼を批判している」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、「李小龍の功績は全世界の称賛を得ている。彼は中国武術を全世界に広め、カンフーという言葉を(英語の)辞書に載せ、中国カンフーの奥深さを外国人に真に知らしめた神のような男だ」と述べ、世界各分野の著名人がブルース・リーに称賛の声を寄せていることを紹介した。

 その上で記事は、「しかし近年ずっと、中国人は彼を罵倒して懐疑的な目を向け、彼は中国人ではない、国籍を変えるなどこの上ない恥さらしだ、とさえ批判している」と、ブルース・リーに対する中国での批判的な風潮をなげいた。ブルース・リーは1940年にサンフランシスコで生まれ、イギリス統治下の香港で成長。その後、18歳のときに再度渡米し、アメリカ国籍を取得している。記事は、「国籍は彼自身ではなく両親の意向で変えたもの」だと指摘し、「彼は心の中では自分が中国人だと思っていた」と、国籍に関する批判に反論した。

 また、記事は、「中国人の中には、彼が武術家ではなく、ただのカンフースターにすぎないと考えている人もいる」と述べ、そういった考えについて、「これほど多くの世界各国の武術家、格闘家、功夫家がこぞって李小龍を称賛し敬服しているのに、まさか彼らがみんな嘘をついているというのか?」と一蹴した。

 中国国内での評判がどうであれ、ブルース・リーが今も世界中の映画ファンから愛されているという事実に変わりはない。カンフーは中国語で「功夫」と書くが、「功夫」には、時間や技量、転じて努力という意味もある。映画と武術の2分野で非凡な功績を打ち立てたブルース・リーの生涯に思いをはせると、「功夫不負有心人(努力は志のある人を裏切らない)」という中国のことわざが浮かんでくる

サーチナ  

ホームページへ 全 300 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ]

ニュース | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -