今日のアクセス数今日のアクセス数

各国ニュース

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

別の高級車でもあおり運転か 公開手配の宮崎文夫容疑者
by 管理人 at 2019/8/18(日) 09:39:07 No.20190818093811 コメント】  削除 引用
640 x 360 x 45,662バイト
No.1
480 x 270 x 51,501バイト
No.2

あおり運転の末に無理やり車を停止させ、運転していた男性を殴るなどした疑いで公開手配された男が、かつて、別の車に乗ってあおり運転を繰り返していたとみられることが新たにわかった。

右車線から急に割り込んできた、黒い外国製の高級車。

前方をふさぐと、スピードを突然落とし、進行を妨げているのが確認できる。

映像提供者は、「映像から消えたあとでも、その前で何台にも同じことをしていた。左手で110番すぐかけられるようにして。もう恐怖ですよね、ただただ、それだけです」と話した。

宮崎文夫容疑者(43)は、茨城県内の常磐自動車道で、あおり運転の末に、傷害事件を起こした疑いで公開手配されているが、かつて、別の外国製の高級車「ポルシェ・カイエン」に乗って、大阪府や愛知県でもあおり運転を繰り返していたとみられている。

宮崎容疑者のSNSには、このポルシェで事故を起こした際の画像も投稿されていて、各地で、交通トラブルを重ねていた可能性があるという。

あおり殴打で指名手配中の男 母親も容疑者の行動に頭を悩ませる
by 管理人 at 2019/8/18(日) 09:38:06 No.20190818093725 コメント】  削除 引用
664 x 374 x 51,032バイト
No.1

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、茨城県警に傷害容疑で指名手配された宮崎文夫容疑者(43)は大阪市東住吉区のマンションのオーナーで、自らも7階に居住していたとみられる。

 マンションの住民の中には宮崎容疑者の言動を恐れて接触を避けていた人もおり、周囲からは「何かやらかすんじゃないかと思っていた」との声も漏れた。

 近隣住民によると、宮崎容疑者は高校受験で地元の進学校に合格。母親は以前、周囲に「頭がいい」と話していたが、ここ数年は「息子がお金を全部持っていってしまう」と打ち明けるなど、宮崎容疑者の行動に頭を悩ませていたという。60代の女性は「目つきや態度が悪く、すれ違っても目を合わせないようにしていた。何をやらかすかわからない様子だった。早く身柄を確保されてほしい」と表情を曇らせた。

 全国に指名手配された16日夜には、捜査員とみられる集団がマンションの中に入っていくのを住人が目撃していた。住人の女性は宮崎容疑者に似た男がマンション付近で大声をあげているのを見たことがあるといい、「威圧的な雰囲気であいさつすらできる感じではなかった。いつここに戻ってくるのかわからず、とても怖い」と話した。

産経新聞

“あおり運転殴打”宮崎容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か
by 管理人 at 2019/8/18(日) 09:37:18 No.20190818093639 コメント】  削除 引用
300 x 431 x 14,682バイト
No.1

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件で指名手配中の宮崎文夫容疑者(43)が、過去にも女性とトラブルを起こし、逮捕歴があることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。


「宮崎容疑者のお祖父さんは資産家で、幼少期はなに不自由なく過ごしていました。現在の会社兼自宅となっている大阪市内のマンションに引っ越したのは30年ほど前です。高校は難関進学校に進み、母親もこの頃は『自慢の息子だ』と嬉しそうに話していました」(近隣住民)

 大学も関西の有名私立へと進んだが、社会人になってから徐々に陰りを見せる。

「職場での人間関係がうまくいかず、仕事も辞めてしまい、その後は自動車販売などをやっていたが長く続かなかった。ご近所付き合いもなく、荷降ろしのためにマンション前に駐車する車に対して、大声で罵声を浴びせたりして怖かったのを覚えています。警察沙汰もたびたびあったので、正直、関わらないようにしていました」(同前)

 宮崎容疑者は約10年前にも事件を起こしていた。

「朝方に警察官が何人も家の前に着て、私たちの目の前で『○時○分逮捕』と宣告され、連行されていきました。『女性を監禁した』と後で警察官から聞きました。

 連行されるとき、宮崎はワーワーとずっと騒いでいて、なかなか警察車両に乗ろうとせず、さらに応援で警察官が何人かやってきて、なんとか後部座席に乗せるような有り様だった。警察から戻ってきてからは、かえって夜に出歩くことが多くなったようでした。昨年は京都でタクシー運転手を監禁したという話も聞きました」(同前)

 その後も懲りずに警察沙汰を繰り返していたという宮崎容疑者。だが、ここ数年は自身の会社を経営し、神奈川、愛知など、拠点を移していた。宮崎容疑者の贅沢な暮らしぶりを証言する関係者も少なくない。

「親族が亡くなり、多額の遺産が入ったようです。実業家だと名乗り、同窓会にも顔を出すようになりました。初対面の人にも積極的に話しかけるようになって、SNSで『友達申請』を繰り返し、人脈を広げていると聞きました」(宮崎容疑者の同級生)

 既報の通り、最近の宮崎容疑者は、高級外国車を乗り回し、SNS上で派手な生活を披瀝していた。サングラスに帽子という出で立ちが多く、同じような恰好をした女性と一緒にいるところも目撃されている。


 現在、宮崎容疑者の潜伏先は不明だが、警察による捜査が続けられている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

原価6円で女子高生“タピオカ漬け”警視庁が警戒する暴力団新資金源
by 管理人 at 2019/8/18(日) 09:36:34 No.20190818093546 コメント】  削除 引用
600 x 297 x 40,795バイト
No.1

 タピオカドリンクのブームは過熱する一方で、新規出店が相次いでいる中、タピオカ専門店が暴力団の新たな資金源になっていることに警視庁が警戒心を強めている。

 タピオカは日本で90年代のバブル後半期にティラミスに隠れてささやかなブームになった。2008年に第2次ブームがあったが、沈静化。17年に本場、台湾のブランド店が立て続けに日本進出したことで第3次ブームとなった。渋谷や原宿の人気スポットのみならず、主要駅には雨後のタケノコのごとく、出店ラッシュとなっている。

「“インスタ映え”すると女子中高生の間で爆発的なブームになったタピオカには暴力団もいち早く目をつけて、クレープやケバブ店をタピオカ専門店に変えるなど、新規店を続々とオープンさせているんです」(飲食業専門コンサルタント)

 タピオカ専門店は持ち帰り専門なら座席は不要。調理場も含めて最低5坪あれば開業できる。調理も簡単なので技術も必要がない。しかも初期投資が少なく済む上に回収率がいい。楽でボロ儲けできることで暴力団の新たな資金源になっている。

 警視庁の生活安全課関係者は「おいしいといわれるタピオカドリンクの原価は50円程度。質が落ちる暴力団関係の店になると1杯6円程度。それを500円前後で売る。暴力団関連の店は女子中高生が好みそうなカラフルでファンシーな店構えで、女子中高生に『タピオカ増量』と唱えて、売りまくっている。暴力団が表に出ず、アルバイトを雇っているために実態が把握できない。焦ってますよ」と言う。

 ヤクザが女子高生をタピオカ漬けにしてカネを巻き上げる…。工夫をこらしての正業と思われるが、この儲けを資金源にして覚醒剤を密輸したり、闇カジノをオープンするなど、一般人を廃人にして荒稼ぎする反社会的行為を行うことになるのだから、資金源は断たないといけないだろう。

東スポWeb

痩せこけたゾウ、祭りに出演後倒れる スリランカ当局が経緯を調査へ
by 管理人 at 2019/8/18(日) 09:35:41 No.20190818093510 コメント】  削除 引用
639 x 445 x 201,528バイト
No.1

【AFP=時事】スリランカで今週行われた毎年恒例の仏教の祭りで、高齢の痩せこけたゾウが無理やりパレードに出演させられた後に倒れたことを受け、同国政府は16日、関係当局に調査を行うよう命じた。

 70歳のゾウ「ティキリ」は健康を損ねていたにもかかわらず、同国中部の都市キャンディで開催された長時間にわたる「エサラ・ペラヘラ」の祭りのパレードに、手の込んだ衣装を着て無理やり出演させられた。

 動物好きな人々はこの件をめぐって当局を批判。ソーシャルメディア上で抗議の声が広がったことを受け、祭りの主催者は14日のグランドフィナーレにティキリを参加させなかった。

 そうした中、ジョン・アマラトゥンガ観光開発・野生生物相は、関係当局に対して、ティキリが祭りに登場させられた経緯について調査を行うよう命じたと明らかにした。

 アマラトゥンガ氏は「あのゾウが昨日倒れたのを知らされた」と述べ、「この事態に鑑み、調査を開始して、なぜあのように健康状態の悪いゾウが(パレードに)使われたのか確かめ、責任者らに対して必要な処置を取るよう、当局者らに命じた」と話した。

 さらに同氏は祭りのパレードに定期的に出演している約200頭のゾウについて、こうした残虐な扱いを繰り返すことがないよう、野生生物当局に対策を指示したという。

鞍馬駅前の「大天狗」がリニューアル! 10月18日お披露目、記念式典も 叡山電鉄
by 管理人 at 2019/8/18(日) 08:40:14 No.20190818083946 コメント】  削除 引用
600 x 504 x 152,928バイト
No.1

展示当日は記念式典も

 叡山電鉄は2019年8月9日(金)、鞍馬駅(京都市左京区)前にあるモニュメント「大天狗」をリニューアルし、10月18日(金)に新しく展示すると発表しました。

 現在の「大天狗」は1994(平成6)年製。高さが約4m(台座を含む)、鼻の長さが約2.3mあります。平安遷都1200年を記念して、鞍馬の自治会が発泡スチロールを素材に製作したものです。製作当時は鞍馬街道脇に設置されていましたが、2002(平成14)年にいまの鞍馬駅前に移設されました。

 リニューアルは「鞍馬線開業90周年事業」の一環。長年屋外に設置されていた影響で老朽化が著しく、大雪の重みで鼻が折れる被害も出たことなどから、「大天狗」はデザインを一新しリニューアルされます。

 新しい「大天狗」の素材はおもにFRP(強化プラスチック)が使われます。展示開始となる10月18日(金)は、お披露目の記念式典が開催。これまでの「大天狗」は、12月20日(金)まで展示される予定です。


(乗りものニュース)

叡山電鉄、八瀬比叡山口駅で「地ビール祭り」開催 8月24日
by 管理人 at 2019/8/18(日) 08:39:42 No.20190818083909 コメント】  削除 引用
400 x 300 x 51,522バイト
No.1

叡山電鉄は2019年8月24日(土)12時から18時まで、「八瀬えいでん《駅》地ビール祭り」を開催します。これは八瀬比叡山口駅に停車した電車の車内とホームを会場に、地ビールやフードを味わえるイベントで、今年で5回目の開催となります。

イベントでは、地ビールで5店舗、フードなどで4店舗が出店し、京都や岩手、丹波篠山などの各地ビールのほか、から揚げや串カツ、自家製ソーセージ、あぶり物などのフードを提供します。13時と15時からは、一乗寺で開催される音楽フェス「theDayofPleasure」ゆかりのアーティストによるライブが開催されます。また、岩手県美味&ええもんコーナー、おみやげ、グッズ販売なども行われます。

入場は無料ですが、飲食代金は当日会場で発売されるチケットでの支払いとなります。イベント当日に限り、うちわ型1日乗車券「悠久の風きっぷ」の購入者を対象に、イベント会場で利用できる「地ビール100円引き券」が提供されます。

(RailLab)

米、台湾に最新型のF16戦闘機を売却へ 中国の反発必至
by 管理人 at 2019/8/17(土) 15:43:28 No.20190817154248 コメント】  削除 引用
1024 x 683 x 135,823バイト
No.1

・台湾中部の彰化県で行われた軍事演習「漢光35号」に参加した米国製のF16V戦闘機

米ホワイトハウスは台湾に最新型のF16戦闘機66機、80億ドル(約8500億円)相当を売却する方針を固め、議会に通知して手続きを進めている。米上院外交委員会のマルコ・ルビオ委員(共和党)が16日、明らかにした。中国の反発は必至だ。

 ルビオ氏は、F16の売却は「台湾の自衛活動を支援する上での重要な一歩」だと述べ、「中国政府と中国共産党が権威主義的な影響力の範囲を台湾に拡大しようとする中、米国が均斉のとれた一貫性のある支援を通じて、民主主義のパートナーである台湾との戦略的関係を強化し続けていくことが極めて重要だ」と語った。

 台湾は1992年に旧型のF16を購入し、数回にわたって改修を実施してきた。

 製造元の米航空防衛機器大手ロッキード・マーチンは最新型のF16ブロック70/72について、旧型が製造された時には存在しなかった多数の航空電子器機や武装、レーダー技術を備えていると説明。構造的にもより強固なので、2070年を過ぎても飛行・戦闘を行うことができるとしている。(c)AFP

グリーンランド買収に関心 トランプ氏、困惑や反発広がる
by 管理人 at 2019/8/17(土) 15:42:43 No.20190817154211 コメント】  削除 引用
630 x 355 x 66,346バイト
No.1

 【ロンドン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は16日までに、トランプ米大統領がデンマーク領グリーンランドの買収に関心を示していると伝えた。関係筋らの証言としているが、真剣に買収を検討しているのかどうかは不明。

 一方のデンマーク側では「冗談に違いない」(ラスムセン前首相)などと困惑や反発の声が広がっている。

 グリーンランドは北極海と北大西洋の間に位置する世界最大の島で、同紙によると、米当局は安全保障上の重要性が高いとみている。

 トランプ氏は会議や食事の席などで買収の可否を側近らに質問し、地政学的な重要性や豊富な天然資源に興味を示したという。

共同通信
 

トップレスで日光浴するフランス人女性減少、その理由とは
by 管理人 at 2019/8/17(土) 15:42:00 No.20190817154113 コメント】  削除 引用
1024 x 683 x 204,257バイト
No.1

かつてフランスの夏の風物詩だったトップレスで日光浴をする女性は、いまや時代遅れになりつつあるようだ。仏調査会社Ifopが23日に発表した調査結果で、多くのフランス人女性がハラスメント(嫌がらせ)や体形コンプレックス、健康面への懸念からトップレスになりたがらない傾向が明らかになった。

 今回の調査でトップレスになると答えた50歳未満のフランス人女性は、20%を下回った。10年前の調査では28%、1984年には43%がトップレスになると回答していた。

18〜25歳の若い女性は、トップレスになりたくない最大の理由として、ハラスメントや体形批判、男性たちからいやらしい目つきで見られることなどを挙げた。

「自由、平等、友愛」の国として知られるフランスだが、海辺でトップレスになることへの女性たちの抵抗感は、スペインやドイツなど欧州諸国と比較しても高いようだ。

 ただ、仏ランス大学のカミーユ・フロワドボーメトリ教授(政治学)は、トップレスになる女性の減少について、慎み深さの表れというよりも、マーケティングとソーシャルメディアに原因があると指摘。女性は体にコンプレックスを抱きがちだが、それは「ソーシャルメディアとインフルエンサーによって悪化している。彼らの加担する商業システムは、女性が自分の体を好きになれなくなる基準を作り出している」とAFPに語った。

 日光浴の習慣に関する今回のオンライン調査は、健康に関する仏ウェブサイトVieHealthy.comの委託を受けて行われ、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、英国の女性5026人から回答があった。(c)AFP
 

ホームページへ 全 300 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ]

ニュース | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -