今日のアクセス数今日のアクセス数

各国ニュース

ページ 1 (1〜10)

本田圭佑が太鼓判、名指しした4選手とは?
by 管理人 at 2018/6/21(木) 08:23:02 No.20180621082222 コメント】  削除 引用
639 x 426 x 58,866バイト
No.1

ゴールを決めた香川と大迫を称賛、その一方で先発4選手について言及

 ワールドカップ(W杯)3大会連続出場の男は試合後も冷静沈着だった。

 日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と勝利。途中出場で決勝アシストをマークしたMF本田圭佑は、4人の日本人選手について「緊張感がほぐれたと思う」と名指ししている。

 開始わずか3分に相手MFがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて先制。前半39分に低弾道FKを叩き込まれて1-1に追いつかれるも、後半25分に香川と交代した本田が存在感を放つ。投入から3分後の同28分、左CKを獲得した日本は、本田の正確なキックからFW大迫勇也がヘディングで合わせて決勝弾。そのままリードを守り切った日本が2-1で逃げ切った。

「みんなが良かったと思う。前回のワールドカップで悔しい思いをした選手が決めたのは、次に生かせると思う」

 日本の2ゴールは、2014年ブラジルW杯で惨敗を経験した香川、大迫だった。当時の思いをバネに成長を誓い、一人ひとりがこの舞台を迎え、そしてピッチで存分に表現。本田も二人の活躍を称えている。

 その一方で、初めてW杯を経験する日本人選手も少なくなかった。本田自身は2010年から3大会連続出場で「僕はあまり調子に乗らずにギャップを埋めたい」と貫禄を見せたなか、先発した4選手を名指しして次のように語った。

W杯初出場・初勝利を経て、緊張から解き放たれた4選手

「元気とか昌子、宏樹、貴士なんかは、今日勝ったことですごく緊張感がほぐれたと思う」

 右サイドハーフの原口元気、CBの昌子源、右サイドバックの酒井宏樹、左サイドハーフの乾貴士の名前を順番に挙げた本田。“W杯初出場・初勝利”を経て、緊張から解き放たれたと見ている。

 4選手はフル出場を果たし、コロンビア戦の金星に大きく貢献した。もっともそれぞれ課題を口にするなど、24日のセネガル戦と28日のポーランド戦に向けて改善点は少なくない。“初戦の重圧”から解放されたと本田も太鼓判を押す4人は、次戦でさらなる活躍を見せてくれそうだ。
(Football ZONE web)    



 IBMのデータ復旧    データ復旧, DELL

日本の歴史的1勝にどの試合よりも激震の走った波乱
by 管理人 at 2018/6/21(木) 08:22:16 No.20180621082118 コメント】  削除 引用
639 x 426 x 84,850バイト
No.1

・日本の歴史的勝利に、世界中で大きな反響を呼んでいる

 日本は現地時間の19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でコロンビア相手に2-1で勝利を収めた。一方で、セネガルも16年ぶりに世界を驚かせた。初出場で8強に進出した2002年日韓W杯以来の大舞台で、いきなり格上と見られたポーランドから2-1の勝利を奪った。米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」は、「ロシアでのサプライズは継続中。日本とセネガルが歴史的勝利」と、このグループHの波乱を伝えた。

「日本対コロンビアは、現時点でどの試合よりも激震の走った波乱」

 そう報じた一戦は、下馬評が決して高くなかった日本が、強豪コロンビア相手に誰もが予想しないアップセットを成し遂げた。6大会連続出場中の日本が、初めて南米のチームをW杯で打ち負かした歴史的な勝利となったことを伝えた。

 グループHは、コロンビアとポーランドの決勝トーナメント進出が濃厚と見られていただけに、日本とセネガルの初戦勝利によって16強進出の行方は混沌としてきた。

(Football ZONE web編集部)

日本人女性への侮辱問題にコロンビア政府が声明
by 管理人 at 2018/6/21(木) 07:35:07 No.20180621073420 コメント】  削除 引用
640 x 360 x 95,755バイト
No.1

・元伝説的選手ファウスティーノ・アスプリージャ氏も謝罪「日本の友人たちよ…」 

19日、ロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア対日本(1−2)の試合終了後、コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導したことが問題となっている。

これを受けて1990年代にコロンビア代表の名ストライカーとして名を馳せたファウスティーノ・アスプリージャ氏が、同国人による日本人女性への侮辱行為について謝罪した。

SNS上で公開された動画には、コロンビア人男性が日本人とみられる女性にスペイン語で、「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」と試合結果を言わせた後、「ジョ・ソイ・ビエン・ペラ(私は良い売春婦です)」と発言させた。もちろん、女性は言葉の意味が分からない状況だったと推測される。

批判が殺到したこの件に関して、アスプリージャ氏は自身のツイッターを通じて、以下のように謝罪した。

「世界の友人たち、特に日本の友人たちに、このような類の人間がコロンビア人を代表するとは思わないでほしい。私たちは、すべての文化を尊重している。コロンビア人を代表して謝罪したい。どうか受け入れてほしい。敬意と愛を持って」

また、コロンビアの外務省は試合後、サポーターに対して非常識な行動をしないようにと公式ツイッターで喚起している。

「トリコロール(三色)のユニフォームを身につけ、ロシアでのワールドカップでコロンビアを代表する多くの人々が尊敬される行動を取ってもらいたいと思います。我々は悪しき振る舞いを拒絶します。そのような人々は、私たちの文化、言語、人種を代表する存在ではありません」

そして、問題の動画を撮影した40歳の男性は母国メディア『Publimetro』で、今回の件を以下のように謝罪している。

「私の行動を正当化しようとは思いません。公に、日本人女性に謝罪したいと思います。そして、今回の行為について日本の人々にも謝罪したいです」

「敗戦による苛立ちとその場の感情によりこのような行為をしてしまいました。女性を侮辱しようと意図したのではありません」

「動画を広めたのは私ではありませんが、一部の友人にそれを送ったことは私の過ちでした。今回の件で不快感を与えた方々に、謝罪が受け入れられることを望みます。私はコロンビアを愛しています」

(Goal.com)    


中国、米国籍中国人の出国を禁止「人質」に
by 管理人 at 2018/6/21(木) 07:34:16 No.20180621073340 コメント】  削除 引用
600 x 400 x 53,960バイト
No.1

・天安門広場で観光する外国人 

中国当局はこのほど、中国国内に滞在する中国系米国人の数人に対して、出国を禁止した。中国は、海外に逃亡した汚職官僚を帰国させるため、外国国籍を持つ親族を「人質」として拘禁したとみられる。米メディア・デイリービーストが18日報じた。

報道によると、中国当局は過去2年間に少なくとも20人の米国人に対して、中国国内に留まるよう強いた。中国当局は、その一部の人を「人質」にすることで、米国にいる親族が中国に帰国し当局の取り調べを受けるよう圧力をかけている。

中国人権問題に詳しい専門家は、米国人への出国禁止は「中国当局が、米政府に圧力をかけるための新なた手法だ」と指摘した。

中国公安部は2014年に海外逃亡の汚職官僚を対象に「猟狐行動(キツネ狩り)」を展開した。一部の報道では、公安部が派遣した諜報員らは、ビジネスや旅行目的の査証(ビザ)を通じて米国に入り、逃亡した党員らを探し出している。

トランプ政権は、米国人の「出国禁止」について、中国に反発した。2017年10月にワシントンDCで開かれた米中間の司法およびネットの安全問題に関する対話で、米政府は中国に対して、米国人3人の出国禁止を解除するよう求めた。3人のうち、1人は妊婦だという。

中国は14年末に「猟狐行動」を終了させたとしているが、実際にはまだ続いているとみられる。

中国と米国の間には、犯罪人引き渡しに関する条約を締結していない。米国側が「犯罪人」を中国に引き渡すことに慎重であることが原因だ。特に「猟狐行動」の対象とされる経済犯罪容疑者。人権団体は、中国当局が海外にいる反体制活動家を「経済犯罪者」にでっち上げ、中国国内に連行しようとしていると懸念している。

中国で犯罪をしていない米国人が、中国当局に長期間に拘禁された場合、米政府は外交ルートを通じて、解放を求めていくとみられる。米専門家は、「米国人に対して、中国から出るのを禁止したことは、根本的に政治問題である」との見方を示した。

邦人男性か ホームで突き落とされ死亡
by 管理人 at 2018/6/21(木) 07:33:21 No.20180621073229 コメント】  削除 引用
720 x 405 x 59,251バイト
No.1

・ハヤハラ・ヨウスケさん 

カナダのトロントで18日、73歳の男性が、地下鉄のホームで突き落とされ、その後、列車にはねられ死亡した。男性は日本人の可能性があり、現地の日本領事館が身元の確認を急いでいる。

警察によると、トロントにある地下鉄の駅で18日午前、ホームにいた男性が男に突き落とされ、列車にはねられた。男性は、トロント在住のハヤハラ・ヨウスケさん(73)で、病院に搬送されたが、死亡が確認された。
トロントの日本総領事館は、ハヤハラさんが日本人の可能性があるとして、身元の確認を急いでいる。警察はハヤハラさんを突き落とした男を殺人の疑いで逮捕していて、目撃情報を集めるなどして事件の経緯を調べている。  
(日テレNEWS24)

仏マクロン大統領 目の前の少年に愛称で呼ばれカチン
by 管理人 at 2018/6/21(木) 07:32:25 No.20180621073140 コメント】  削除 引用
640 x 360 x 34,886バイト
No.1

大統領にたしなめられた少年。その訳とは。

 視察先で中学生たちに迎えられたフランスのマクロン大統領。目の前の少年が発したある一言に反応します。

 少年:「マニュ、調子はどう?」

 マクロン大統領:「ノン、ノン、ノン」

 少年:「ごめんなさい、大統領」

 マクロン大統領:「ここは公式行事の場なのだから、きちっとしなさい。大統領閣下かムッシュと呼びなさい」

 この後も大統領のお叱りはやまず、「勉強して自分を高めなさい。人にあれこれ言うのはそれからだ」と少年を諭していました。  

(テレ朝news)

「ナッツ姫」母の問題行動、新たな事件
by 管理人 at 2018/6/21(木) 07:31:36 No.20180621073057 コメント】  削除 引用
680 x 436 x 53,681バイト
No.1

・工事現場で関係者を暴行の疑いで警察で聴取の李明姫 

2018年6月20日、イーデイリーなど複数の韓国メディアによると、大韓航空を傘下に持つ韓進(ハンジン)グループ会長の妻・李明姫(イ・ミョンヒ)氏の「パワハラ問題」が世間を騒がせている中、新たな証拠映像が公開された。

記事によると、李氏の専属ドライバーから入手したという映像には、李氏と思われる人物がリビングで、専属ドライバーに向かってスケジュールを確認するよう告げながら暴言を吐く姿が映っている。李氏は「安国洞(アングクドン)の指圧サロンに何時に行けるのかちゃんと(確認してくれ)、このバカ者、電話してちゃんと言って」と声を荒らげた。さらに「(重要なイベントも)ないのに、なぜネクタイをしている。バカ者。なぜネクタイなんだ。朝仕事をするときはネクタイを外せ」など、約20分にわたり悪口と大声での罵りが50回以上続いたという。

映像を公開したドライバーは「暴行は時々あり、いつされるか分からない。1日に1回のこともあり、2日に1回のこともあるという状態。顔に唾を吐かれたこともある」と話したという。

李氏は外国人ヘルパーの不法雇用の疑いで逮捕される可能性がでており、ソウル中央地裁のホ・ギョンホ令状担当部長判事は、20日午前10時30分から、出入国管理法違反の疑いで逮捕状が出た李氏を尋問する予定となっている。逮捕の有無は早ければ20日午後、遅くとも21日未明には明らかになるという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは4000件を超えるコメントが寄せられており、この問題への関心の高さがうかがえる。コメント欄には「考えが浅いというのだろうか?」「ただお金をたくさん持っているだけの人なんだ」「怒りをコントロールできないのだろうか?」「悪口を言うのが日常なんだ」「下品極まりない」など、李氏の行動への多くの批判の声が並び、衝撃が広がっている。

また「お金があれば、判事も買収できるのかも?」と司法への不信の声も。

その他「晩年になってから悪評があちこちから湧き出てきて…。残念な人生だね」と哀れむ声もあった

「ドカベン」ついに完結 、46年の歴史に幕
by 管理人 at 2018/6/21(木) 07:30:52 No.20180621073017 コメント】  削除 引用
361 x 500 x 57,149バイト
No.1

水島新司の野球漫画「ドカベン」シリーズが、6月28日発売の週刊少年チャンピオン31号をもって完結する。

「ドカベン」は、週刊少年チャンピオンで1972年に連載を開始した野球漫画。神奈川県の明訓高校野球部の「ドカベン」こと山田太郎とチームメイトの岩鬼正美、殿馬一人、里中智たちの活躍を描いている。その後、「大甲子園」「ドカベン プロ野球編」「ドカベン スーパースターズ編」「ドカベン ドリームトーナメント編」とシリーズは続いている。

現在連載中の「ドカベン ドリームトーナメント編」は週刊少年チャンピオン31号をもって最終回を迎え、46年続いた「ドカベン」シリーズがついに完結する。31号では、最終回特別号と題し、巻頭カラー12ページに28ページを加えた合計40ページで「ドカベン」を掲載。さらに、最終回を描き終えた水島新司の特別寄稿や「ドカベン」シリーズの歴史年表記事、表紙イラストQUOカードのプレゼント企画を掲載する。
(BIGLOBEニュース)    

 アジア勢はW杯史上初めて南米チ―ムに勝利
by 管理人 at 2018/6/20(水) 14:25:34 No.20180620142436 コメント】  削除 引用
640 x 360 x 91,701バイト
No.1

・サッカーW杯ロシア大会グループH、コロンビア対日本。ゴールを喜ぶ(左から)長友佑都、大迫勇也、長谷部誠 

サッカーW杯ロシア大会は19日、グループHの試合が行われ、日本は大迫勇也の決勝点が決まり、コロンビアを2-1で退け、W杯ではアジア勢史上初めて南米チームから勝利を収めた。

 コロンビアは序盤にMFカルロス・サンチェスが今大会初の退場処分になると、日本はサンチェスのハンドで得たPKを香川真司が決めて先制し、早い段階から試合を優位に進めた。

 ハーフタイムが近づくなか、コロンビアはフアン・キンテロのゴールで試合を振り出しに戻したが、日本は迎えた後半38分、大迫が決勝点を決めた。(c)AFP

初期フランドル絵画「神秘の子羊」、修復で本来の姿に
by 管理人 at 2018/6/20(水) 14:24:32 No.20180620142350 コメント】  削除 引用
797 x 540 x 142,838バイト
No.1

ベルギー・ヘントで19日、聖バーフ大聖堂の祭壇画で初期フランドル絵画の最高傑作と言われるファン・エイク兄弟の「神秘の子羊」の一部が、丹念な修復作業を終えて公開された。

「神秘の子羊」はヤン・ファン・エイクと兄のフーベルト・ファン・エイクが1432年に完成させた作品で、聖書の場面や、欧州の毛織物貿易の中心だった頃のヘントの日々の生活が描かれている。

 ちょうつがいで開閉できるようになっている12枚のパネルから構成され、全体の大きさは縦約3.4メートル、横約4.4メートル。公開された中央部のパネルは修復によって「さらに表現豊かで感動的」な作品としてよみがえった。

 王立文化遺産研究所の美術修復家らは2012年に作業を開始したが、最近の数か月は羊の頭が描かれた祭壇画中央部のパネルに上塗りされた絵の具を除去する作業を集中的に行っていた。

 修復作業の中で、世界で最も盗難回数の多い絵画の一つとして知られるこの祭壇画に関して驚くべき発見があった。

 修復チームのリーダーを務めるエレーヌ・デュボア氏はAFPに対し、「子羊の頭部は16世紀以降知られてきた姿とはだいぶ異なっている。子羊は強烈で表情豊かな印象を放ち、大きな目で鑑賞者に直接訴えかけてくる」と説明した。「16世紀にこのパネルがどれほど上塗りされたか分かっていなかったが、私たちはファン・エイクが描いた本来の姿を再び明らかにした」

 同祭壇画は600年前に聖バーフ大聖堂で初めて披露されたが、その後パネルごとに分割されて輝きを失い、ナポレオン・ボナパルトやナチス・ドイツの手に落ち、さらには盗難被害にも遭った。

 デュボア氏によると、全12パネルの絵がすべて修復されるのは2019年末の見込み。その翌年の2020年は「ヤン・ファン・エイク年」としてさまざまなイベントが予定されている。(c)AFP


 IBMのデータ復旧    データ復旧, DELL

ホームページへ 全 300 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ]

ニュース | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -