映画/演劇/楽曲/アート/アニメ etc クリエーター★総合BBS

☆ この掲示板はクリエーター(映画、演劇、楽曲、アート、デザイン、小説、アニメ etc)の
  作品に関する宣伝や募集・告知、感想等を書き込める場所です。各種売込み等も可。
☆ 皆の迷惑にならなければ、どんな内容でもOKです。自由な情報交換の場なので、
  気楽に参加して下さい。
☆ 各投稿者に問い合わせの場合は、【✉】マーク右隣の投稿者名をクリック→送信して
  して下さい。★★★メールの表記は任意ですので、公開されていない場合があります。
  *UP画像を大きく見たい場合は、画像箇所をクリックすると若干大きくなります。
  (一部出来ない場合もあります)

◎【 書き込みで参加される場合の注意 】
  ★画像は1スペース4枚迄UPできます。それ以上UPが必要な場合は連続投稿も可。
  (連続投稿はあまり頻繁にすると、他の方への迷惑になりますので「ほどほど」に)
  ★画像はサイズ等が大きいと「エコモード」でなければUPできない場合があります。
  (エコモードは拡大機能が働きません)*画像添付の際にチェック項目があります。
  ★URLを公開する場合は本文中に書込んで下さい。URL表示がサイトへの入口になります。
  (個展等の告知の場合は、場所や連絡先を出来るだけ詳しく明記した方が有効です)
  *注:UPした記事は後日コメント(返信)が無い場合、約200日で自動的に削除されます。

 管理 :[ 映画・アニメーション データ ファイル ][ くりえいとの木 ]

 
「ファルテット〜嘘とセレブの四重奏〜」
by 那佳 縫 at 2018/11/3(土) 18:39:24 No.20181103183713  削除コメント

◆公演日程
    2018年12月7日(金)19:00〜Aチーム
                       8日(土)19:00〜Bチーム
                       9日(日)11:00〜Aチーム
                                   15:00〜Bチーム

◆会場
   神戸三ノ宮 シアターエートー
   (神戸市中央区琴ノ緒町5-6-9 JR三ノ宮駅から徒歩3分)

◆チケット料金
   前売り・当日共に、3000円

◆スタッフ
上演台本:丸尾拓(G-フォレスタ)
演      出:田所裸夢禅
舞台監督/美術:久太郎
照明:森田智子(Jelly Beans)
照明オペレーター: 松永結依
音      響:石田泰司
音響指導:下田要(劇団熊タオル)
チラシ:TAMAKI
衣      装:シアワセナゲキダン
写真撮影:
受      付:明石正翔


企画・制作:シアワセナゲキダン
                  (伶原彩夏、小城幸久、高本結生、井上新貴、山戸瑞希、那佳縫、
                   麻生実里、石田泰司、田所裸夢禅、プロデュース:丸尾拓)

◆出演者
伶原彩夏、小城幸久、高本結生、井上新貴、山戸瑞希、那佳縫、麻生実里

生田克正(G-フォレスタ)、渡邊響一、向井雅哉、南田吉信(劇団大阪新撰組)、中村渓士、明石正翔細田彩乃、もりかゆみ(G-フォレスタ)、平見智絵

協力
G-フォレスタ、劇団大阪新撰組、Jelly Beans、劇団熊タオル

◆チケット予約・お問い合わせ
@シバイエンジンの予約フォーム
シバイエンジンURL
https://481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d%3d8cb4fc1b07%26s%3d%26

Aメール予約
名前・ご住所・日時・枚数、を明記の上、下記アドレスまでご予約下さい。
      返信をもって予約完了といたします。
shiawasenagekidan@yahoo.co.jp


【お問い合わせ】
shiawasenagekidan@yahoo.co.jp

◆ブログ・Twitter
ブログ:https://ameblo.jp/shiawasena-gekidan
Twitter:@shiawasenaGKDN



◆あらすじ

ニューヨーク郊外の豪邸。
そこの主チャーリーと妻マイラの結婚10周年を祝うために、4組のセレブカップルが集まる。
最初にやってきたケンとクリスの夫妻が、チャーリーがピストルで耳を打って倒れているのを発見する。
このスキャンダルを隠そうと、ケンとクリスは次々とやってくる夫妻たちに、その場しのぎの演技で対応するが...。



◆劇団コメント

旗揚げプレ公演『朗読劇 人間失格〜グッド・バイ』。
旗揚げプレ公演2『朗読劇 罪と罰』。
近代建築で上演した2回のプレ公演を経て、やっとたどり着いた今回の本公演。文豪・太宰治の絶筆から巨匠・ドストエフスキーの名作へと遡り、次に挑むは喜劇王・ニールサイモンの『ルーマーズ 』。
初の試みとなるドタバタコメディに、シアワセナゲキダン一同一丸となって挑戦していきます。
前作、前々作とはガラリと雰囲気の違うシアワセナゲキダンの舞台をどうぞお楽しみください。




◆シアターエートー

JR三ノ宮駅、東口から徒歩3分の場所に、最大客席数100席の劇場として起工。
客席は可動式のため、座席を排除したスタンディング形式(キャパ:150名)の利用も可能。
撮影スタジオや録音室など各種付帯設備あります。
名前の由来は、20年以上前に大阪芸術大学舞台芸術学科が付帯設備として「A棟」というプレハブの小屋を使用していました。
舞台制作時にはそこで舞台道具や立て看板などを制作していました。
また、そこでは学生たちが学科の枠を超えて夜中まで夢を追いながら集う場所でもあり、そこで練習をしたり、撮影をしたり、今や有名になった劇団の方々もその場所で熱い想いを語りながら過ごした、知る人ぞ知る思い出の場所でもありました。
今は取り壊されてありませんが、その時代の熱い想いを忘れないでいたいとの想いから名付けられました。


    << 戻る || ホームページ || 最新の掲示板へ