映画/演劇/楽曲/アート/アニメ etc クリエーター★総合BBS

☆ この掲示板はクリエーター(映画、演劇、楽曲、アート、デザイン、小説、アニメ etc)の
  作品に関する宣伝や募集・告知、感想等を書き込める場所です。各種売込み等も可。
☆ 皆の迷惑にならなければ、どんな内容でもOKです。自由な情報交換の場なので、
  気楽に参加して下さい。
☆ 各投稿者に問い合わせの場合は、【✉】マーク右隣の投稿者名をクリック→送信して
  して下さい。★★★メールの表記は任意ですので、公開されていない場合があります。
  *UP画像を大きく見たい場合は、画像箇所をクリックすると若干大きくなります。
  (一部出来ない場合もあります)

◎【 書き込みで参加される場合の注意 】
  ★画像は1スペース4枚迄UPできます。それ以上UPが必要な場合は連続投稿も可。
  (連続投稿はあまり頻繁にすると、他の方への迷惑になりますので「ほどほど」に)
  ★画像はサイズ等が大きいと「エコモード」でなければUPできない場合があります。
  (エコモードは拡大機能が働きません)*画像添付の際にチェック項目があります。
  ★URLを公開する場合は本文中に書込んで下さい。URL表示がサイトへの入口になります。
  (個展等の告知の場合は、場所や連絡先を出来るだけ詳しく明記した方が有効です)
  *注:UPした記事は後日コメント(返信)が無い場合、約200日で自動的に削除されます。

 管理 :[ 映画・アニメーション データ ファイル ][ くりえいとの木 ]

 
女優・真瀬樹里 殺陣ワークショップ
by 銀座九劇アカデミア at 2018/11/7(水) 17:49:09 No.20181107174809  削除コメント
1000 x 1500 x 354,361バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

「銀座九劇アカデミア」です。

この度、千葉真一、野際陽子の娘である真瀬樹里氏が初の殺陣WSを開催いたします。
以下、WSの概要になります。

<タイトル>
女優・真瀬樹里 殺陣ワークショップ

<スケジュール(開始日〜終了日)>
2018年 11月29日(木)30日(金)
      12月 6日(木) 7日(金)

<講義詳細>

★千葉真一、野際陽子の娘・真瀬樹里が初の殺陣WSを開催!
★ハリウッドも認めた、日本屈指の殺陣スペシャリスト・真瀬樹里が初のWSを開催!
この度、銀座九劇アカデミアでは本格的な殺陣のワークショップを開催します。
役者を続けるということは、様々な役に真摯に向き合っていくことです。役者はあらゆる体験、あるゆる知識を得なければなりません。このWSで殺陣を通じて、所作や意識の向き合い方も学んでいただけると確信しています。

<稽古内容>

前半は主に基礎稽古。後半から立ち廻りの稽古に入り、最終日はグループごとに一本殺陣を発表の予定。

<講師プロフィール>

真瀬樹里(まなせじゅり)
日本大学芸術学部に在学中、殺陣同志会に4年間在籍し、殺陣を学ぶ。
1994年に映画デビューし、数々のテレビドラマ、映画、舞台などで活躍。
2004年には、クエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビルVOL.1』に出演し、殺陣指導も行うなど映画のアクションシーンに貢献。
2007年の大河ドラマ『風林火山』では、真田家の忍びを好演し、数多いる日本の女優とは一線を画す殺陣の技術を絶賛される。
2017年10月にスタートした、テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』では、母である野際陽子さん役として出演したことが話題に。
2018年5月21日には、初の著書「母、野際陽子 81年のシナリオ」を発売。

<講師コメント>

殺陣とは、命のやり取りを表現する究極の芝居である。
私はそう思っています。
一手一手はセリフであり、手と手の間は行間であり、その全てに芯と絡み、絡み同士の心のキャッチボールがある。
その全てにドラマがある。
それを表現できないと、ただ振り付けを覚えて、動き、合わせるだけの踊りになってしまう。
それではつまらない。
そしてそれを思う通りに表現できるようになる為には、相当な肉体や技術の訓練が必要なのです。

今回のワークショップでは、限られた時間ではありますが、前述したような事を皆様に味わってもらえるような稽古をしたいと思っております。
最後は立ち廻りをひとつ完成させて、楽しかった!気持ちよかった!という経験をしてもらいたい。経験者には、今まで味わったことのない緊迫感や一体感を体験して欲しい。

殺陣はスポーツではありません。
殺陣はお芝居です。
それを"やりたい"と思える方のご参加をお待ちしております。

<映画監督・演出家 深作健太さんよりコメント>

「世界に通用する、日本のアクション俳優を育てる。」
それが千葉真一さんと、父・深作欣二の夢だった。
「キャメラを回す時、英語だと
レディ・アクション!って言うだろ?
アクションていうのは〈演技〉の事なんだよ。」
キラキラした瞳で、千葉さんは5歳の僕に語っていた。
千葉さんの膝の上には、まだ3歳の真瀬樹里が乗っていた。
周りには、千葉さんが育てたJACのメンバーがいた。
みんなキラキラした瞳で、未来の自分を夢見ていた。
あれから何十年も経った。
JACにいた真田広之さんはハリウッドへ旅立った。
多くのメンバーもまたそれぞれの夢を叶えていった。
親父も野際さんも、もういない。
だけど、今ここに真瀬樹里はいる。
みんなの意志を受け継ぎ、
世界に立ち向かう、自分の殺陣と演技を創り上げている。
貴重な機会だから是非、体験して欲しい。
代を重ね、鍛えられて強くなる、日本映画の〈剣〉を。

映画監督・演出家    深作健太

<稽古回数>
全4回

<時間>
11月29日(木) 
@        12:00〜16:00
A           17:00〜21:00
  
30日(金) 
@        12:00〜16:00
A           17:00〜21:00

12月  6日(木) 
@        12:00〜16:00
A           17:00〜21:00

7日(金) 
@  12:00〜16:00
A  17:00〜21:00


<参加費>
25,000円(税込み)4回通し
袴、木刀、帯レンタルされる方はクリーニング代1,000円頂きます。
学生限定割引20,000円(税込み)

<定員>
各クラス最大8名
@クラスを未経験
Aクラスを経験ありと募集しますが、クラス分けのご相談は承ります。
(応募者多数の場合は選考をさせて頂きます)
また、各クラスのそれぞれの見学もできます。
応募条件
16歳以上のプロ、アマを問わず、俳優。または俳優以外も大歓迎です。

銀座九劇アカデミアではこれからも魅力的なワークショップを開催していきますので、
今後とも宜しくお願い致します。

    << 戻る || ホームページ || 最新の掲示板へ