ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

心 の パ レ ッ ト

全 1471 件 [ 1 2 3 4 5 6 .. 148 | 一覧 ]  

ページ 1 (1〜10)     ホームページ
〈 回 復 〉 引用
池見 隆雄 2019/7/15(月)13:12:07 No.20190715124028 削除
 チビ(オス2歳。3匹の黒猫兄弟の長兄)が10日間行方をくらまし、
 次の日の夕方、やっと戻ってきた。

 私はほとんど再会を期していなかったが、
 読書を一区切りした目を、何気なく協会事務局の入り口に向けると、
 網戸の直ぐ向こう、踏み台の上にネコがうずくまっている。
 チビの普通なら、後脚で立ち上がって網をバリバリと引っ掻くのだが・・・。

 近寄ってみれば、まるで盲いたように両眼は固く閉じられており、
 口元も妙な具合に形が崩れている。
 目ヤニ、ヨダレ。

 戸を引いてやると、辛うじて中へ歩を運ぶ。
 背に当てた手が直かに骨にさわるかのようにやせている。

 翌々日、妻の協力を得て動物病院へ。
 例によって、まず大き目の洗濯ネットに封じ込め、
 キャリーバッグごと私の膝の上に乗せて。
 そのときちょうど、車外に雨滴が落ち始めた。

 ネコは衰弱しているからといって、診察台に乗せられれば
 恐怖からパニックになる結果、室内を逃げまどい、荒れ狂うことがあると、
 以前にその老医師から釘を刺されていたが、
 チビは、点滴の針を刺されるにも任せていた。

 その夜は初めて、事務局内で過ごさせた、
 食物と水を置き、また排泄用のシートを部屋の一隅に敷いて。
 (私の帰宅時には、天候に拘わらず、“庭猫”の彼を、必ず外に出すのを習慣としてきた。)

 翌朝、チビの具合、また排泄の具合に不安を覚えつつ、廊下側のドアを開ける。
 前夕は、事務机の椅子のクッションに半ば死んだように丸まっていた彼が、
 すぐ前に立っていて、か細い声で鳴く。
 食物を摂ろうとする欲求を覚えるくらいに回復しているのだ。

 彼は徐々に快方へ向かいつつある。
 それを目の当たりにさせて貰えるのは嬉しいことだ。
 一旦は死の淵に臨んだほどだったのだから尚更である。

 他の4匹の猫たちも何かと手が掛かるが、
 それぞれの個性的な形で、私の生活力に寄与してくれている。
 チビの回復を機に、
 跡絶えがちな私の文章にも、手をつけようかな。

〈「飛鳥(アスカ)」の謎〉 引用
池見 隆雄 2019/7/1(月)14:57:57 No.20190701134014 削除
 今回は、『古事記傳』三十八之巻(『古事記』「履中・反正天皇の段」に対応)から、
 「飛鳥」なる地名がどのように成立したかの自説を述べる、宣長の註解に
 耳を傾けてみようかと思う。

 彼の説によれば、その成立の経緯は、
 皇室を揺るがす重大な事件――陰謀と、
 それへの対処を抜きにしては考えられない。

 第18代・反正天皇(但し、即位以前)が、
 陰謀を終熄させるためある人物の首を自らの手で斬ったのが、
 後に「近飛鳥(チカツアスカ)」(河内の飛鳥)と呼ばれる土地であり、
 その行為の汚れを祓い浄(きよ)めたのが、
 後に「遠飛鳥(トホツアスカ)」(倭(ヤマト)の飛鳥)と呼ばれた土地であった。

 天皇は両所において、それぞれの手立てのため、
 目的地への出立を「明日」と翌日へ延ばしたのである。

 これら出来事の詳細は、『古事記』の前述の段、
 『日本書紀』「履中・反正天皇之巻」を、ご参照いただきたい。
 それを前置きとしてここに記すには、入り組み過ぎているが故に。

 以下は、例によって、拙い現代語訳。


 大和国高市郡内の遠飛鳥は、
 『神名帳』(神社の神の名を記した帳簿)に、
 飛鳥坐神社(飛鳥に坐(ま)す神社)、飛鳥山口坐神社(飛鳥の山の口に坐す神社)、
 飛鳥川上坐神社(飛鳥の川上に坐す神社)などの神社のある地で、
 第19代・允恭天皇の「遠飛鳥の宮」、また23代・顕宗天皇、
 34代・舒明(じょめい)天皇、35代・皇極天皇、36代・齋明天皇、
 40代・天武天皇などの都も皆この「飛鳥」に置かれて、著名な地である。

 なお、この地については、「近飛鳥宮段」で、
 「飛鳥川」へ言及されるところでも触れるつもりである、〔『古事記傳』四十三之巻の六十一葉〕。


 さて、「遠飛鳥」・「近飛鳥」という地名は、両者とも、
 ここの『古事記』本文中に、後の反正天皇が、
 「明日(アス)」とおっしゃられたのに依拠している。

 〔単に「明日」とおっしゃったというだけで、
  その言を地名として止めるとは些か見当違いのようであるけれども、
  この「アスカ」という地名は、何気なくおっしゃった言葉そのものに因むというより、
  前述の河内でも、『古事記』本文のこの箇所の倭でも、
  直ぐにその日の内に出立されていいところを、
  抜き差しならぬ行為にかまけて先延ばしして翌日になさったのが、
  続けて二(ふた)ところで全く同じ成り行きであるのは、
  前例のないことであるからである。〕

 アスカの「カ」は、ありか、すみかなどの「か(カ)」と同じで、
 ある場所という意味であるだろう
 (そこで、「アスカ」とは、天皇が「明日」と言われた場所ということになろう。
  また、明日香と表記するときの「香」は仮名、つまり漢字の音を生かしている)。

 さて、この二ヶ所の地名は、
 水齒別命(ミズハワケノミコト=反正天皇)の治世になって、
 故意に名づけなさったのであるだろう。

 〔この王(キミ)はこのときまだ、天皇の位につかれていなかったのだから、
  思いのまま地名を改めなされようはずもなく、
  これは自然と、人々によって言い出された地名でもないのである。
  ご自分の御世に至って、初めて、
  心に重くのしかかる因縁の地であるがために(贖罪の意味合いか? )
  元からの名を改めなさったに違いないのである。〕
                          (続く)

〈ウヂ(氏)とカバネ(姓) A〉 引用
池見 隆雄 2019/6/21(金)13:07:22 No.20190621121209 削除
 以下は、宣長自身の割註内の文。

 〔まず、漢国(カラクニ)における姓と氏との区分が曖昧であるかのようなので、
  我が国のウヂ・カバネをこれらの字に当てはめることによって、
  両者の差異の紛らわしさが、殊更に感得されるのである。

  かの国では、姓と氏とは別のようでありながら、
  常に共通させて一つにも見なされる。
  「(私の)姓は〇〇氏である」といういい方からも、そのへんの事情を窺い得るだろう。
   
  といって、用い方の面で双方が全く一つ――同様というのではない。
  「(私の)姓は〇〇氏である」とは普通に言うけれど、逆に、
  「(私の)氏は○○姓である」とは言わないことからも、
  その違いは知られるだろう
   (我が国のウヂ・カバネも、賞賛の意味・動機が込められた号(な)という点では共通している一方、
    カバネはウヂをも、朝臣・宿禰の類をも意味的に包含するに比して、ウヂはウヂのみ)。

  さて、源・藤原の類は姓とも氏ともいえ、
  すべてウヂカバネと連ねていうときに、氏姓と表記するのもまちがいでないけれど、
  カバネへ対して、「姓」字がふさわしくない場合の由来は、
  朝臣・宿禰の類のような我が国固有の号(な)は漢国にないものであるから、
  これに相当する字もまたないというところに存する。

  「姓」字は、源・藤原などを指してカバネというときにもふさわしいけれども、
  朝臣・宿禰へ対しては相応しくないのに、強いてそれらを漢字で示そうとすればこの字を用いざるを得ず、
  更には実際、『日本書紀』などに、
   「賜姓日朝臣(姓を賜いて朝臣という=朝廷が○○氏に朝臣という姓を賜う)」
  と記されているのを目にして勘違いし、
  朝臣・宿禰の類を「姓」、藤原・大伴の類を「氏」と理解している人もあるけれど、
  それが誤りであるのは言うまでもない。

  もしその理解に添えば、源も平も藤原も共に「朝臣」という理由で、
  それら皆を同姓としなければならなくなるがそれでいいか、
  いやそれでは事実に違背する。

  そんな訳で、朝臣・宿禰の類を姓と思い込んでは、
  その字が源・藤原の類(つまりウヂ)を指示するために使用されていても、
  それをそうと判別できない。

  そこで、後世の書物では、朝臣・宿禰の類は「尸(カバネ)」と表記して、
  「姓」と区分けするのである。
  この表記の仕方は単に借字
   (訓読みの音を生かした文字のこと。「尸」字の意味するところは死骸…シカバネ)
  であるから、「姓」と記すよりは紛れにくくて勝(まさ)っている。

  とはいえ、文字使い、語法とも調って正(ウルワ)しかるべき漢文に、
  「尸」字など用いられるはずもないから、
  便宜的になら姓と表記するとしても止むを得ない。
  読む人がそのことを心にわきまえて、文字面に惑わされないことだ。

  我が国の多くの言葉が凡(スベ)て、
  それに当てられた漢字によってその意味指示を誤られることはいわずもがなだが、
  その中でもこのカバネについては、取り分け字(「姓」)によって混乱が高じるのである。
  
  決して決してこの文字に拘わらず、
  寧ろそれから心を離して、文脈などから然るべき意味を推し量るのこそ賢明だろう。〕


 以上、宣長の論調が、微かでも再現されていれば、と願うのみ。

                                 (終わり)

   

〈ウヂ(氏)と カバネ(姓)〉 引用
池見 隆雄 2019/6/14(金)13:40:38 No.20190614123436 削除
 我が国の古代に、ウヂ・カバネの称号は設けられていたが、
 それらをも表記すべき文字が存在しなかった。
 自力でそれを創出するに至らず、漢字を輸入。
 ウヂ・カバネにもそれぞれ、「氏」・「姓」字が当てられた。

 といって、それら我が国の言葉と、外国の文字との間には、
 当然ながら意味指示に差違が認められ、
 またその差違が微妙なため、いざ表記するにも読むにも、
 少なからず戸惑いが生じがちだった。

 私自身、『古事記傳』を読み進めつつ、
 しばしば現れるウヂ(氏)とカバネ(姓)の相違が釈然とせず、
 古語辞典を引いたところで、
 どちらの項にも変わり映えしない説明が与えられているのみ。

 そして、『傳』も三十九之巻(『古事記』「允恭天皇の段」に対応)に入って、
 ようやく宣長の、両者判別の詳説によって、
 ほぼ納得することが出来たのであった。

 以下は、宣長説くところへ対する、拙い現代語訳。
 但し、〔 〕内は彼自身の割註、( )内は私の付加。


 ウヂは、常識的に誰もが承知している通りのものと、思ってもらってよい。
 〔例えば源・平・藤原などの類がそうだ〕。

 カバネというのは、それらウヂを尊んだ号(な)であるから、
 それ即ちウヂでもあるわけだ〔源・平・藤原などはウヂであるけれども、
 それをカバネともいうのである〕。

 というのが、実はウヂそのものも、(朝廷がある一族を、何らかの理由で)
 賞賛する印(しるし)として授けたのであるからだ
 〔藤原などの言葉に賞賛のニュアンスは含まれてないが、
 授けた側は、賞賛を意図していたのである〕。

 また、朝臣(アソミ)・宿禰(スクネ)など、
 ウヂの下に着けて呼ぶものをも、カバネというのだ。
 これらはもとより、賛め尊ぶ号(な)である。
 ――ウヂとこれらの連結体をもカバネという
 〔藤原朝臣(フジワラノアソミ)・大伴宿禰(オホトモノスクネ)などのような〕。

 というわけで、ウヂというのは源・平・藤原の類に限り、
 〔朝臣・宿禰の類をウヂということはない〕
 それに対してカバネは、
 ウヂ、朝臣・宿禰の類、それらの連結体をも指す総称である。

 ウヂとカバネの差別は、大かた、以上で尽くしている。

 因みに、ウヂカバネとまとめていう場合、
 ウヂとカバネとを差別あるものとして並べてもおり、
 ただ何となくそうしてもいるものだ。
 (『古事記』「允恭天皇の段」の)本文中の「氏姓(ウヂカバネ)」は、
 それらどちらとみても差しつかえない。

 〔さて、ウヂに「氏」の漢字を当てるのはふさわしいが、
 カバネに「姓」の字は、ふさわしいところと、そうでないところとある。
 にも拘らず、一般に、ウヂカバネ各々の意味指示を、
 この「氏」・「姓」字によって分別しようとするので、
 (ウヂ・カバネの差別自体紛れやすいのに)
 大変紛らわしい事態になっているよう見受けられる。
 そこで次に、そのへんのことにつき、詳しく吟味してみよう。・・・〕

                                 (続く)

〈取り違え A〉 引用
池見 隆雄 2019/6/5(水)14:40:13 No.20190605133213 削除
 今回分を書き出すに当たって、
 参考までに、応神帝から雄略帝へ到る、歴代の天皇名を記しておこう。

 応神――仁徳――履中(りちゅう)――反正(はんぜい)
 ――允恭(いんぎょう)――安康――雄略。

 仁徳は応神の子であり、
 履中、反正、允恭は仁徳の子。
 安康及び雄略は允恭の子。

 『古事記傳』四十一之巻、「朝倉宮上巻」
 (『古事記』「雄略天皇」の段に対応)の中の、
 雄略天皇の皇后、若日下部王(ワカクサカベノキミ)を取り上げての註釈の始めで、
 宣長は、その名が、『古事記』「仁徳天皇」の段に、
 既に、その天皇の御子の一人として挙げられていたこと、
 また、同「安康天皇」の段に、
 この天皇が、若日下部王の兄、大日下王(オホクサカノキミ)のもとへ根臣(ネノオミ)を遣して、
 弟(後の雄略天皇)のために彼の妹を迎えたいと申し入れさせたという記事のあったことを反芻し、
 その上で割註(本文中に挿み込まれる、細字の自註)に、
 『日本書紀』「履中巻」から、以下の記載を引用する、

 「(履中の)次の妃(ミメ)、幡梭皇女(ハタヒノヒメミコ)が、
  中帯皇女(ナカシノヒメミコ)を生み、
  同天皇の即位6年目、その草香幡梭皇女(クサカハタヒノヒメミコ)を立てて皇后とする」と。

 『古事記』の一解釈では、履中の皇后に建てられた幡梭皇女と、
 仁徳天皇の子に当たる同名の皇女(つまり雄略の皇后)とは別人ともされるが、
 宣長は、「履中巻」の記述こそ誤っていると強調する。

 では、彼は、その記述がどのように誤っているというのか?
 ・・・その前に一応、「若日下部王」は、引用文中の幡梭皇女、
    また草香幡梭皇女の別名であったことを断っておこう(前回分参照)。

 さて、宣長が、「履中巻」の記述を誤りとする根拠とは?

 @まず、第19代の允恭天皇に、橘大郎女(タチバナノオホイラツメ)という御子があり、
  一方、幡梭皇女は、「橘姫」という別名も有しているので、
  互いにその名が似通っているため、『日本書紀』編纂に際して取り違えが生じ、
  履中の“次の妃”とは、実は前者(橘大郎女)ではなかろうかと。

 Aまた、幡梭皇女(若日下部王)が生んだとされる中帯皇子は、
  『書紀』「安康巻」によれば、
  若日下部王の兄、大日下王の妃(ミメ)であるので、
  兄妹で名が一時違いに過ぎないことも手助って、
  兄の妃が若日下部王その人の御子であるかのように取り違えられたのではないかと。

 @、Aを踏まえて宣長は、
 中帯皇女が真に履中の子だとして、
 その母皇后は、別の女王(いずれかの天皇の子)に違いないと締めくくる。

 幡梭皇女は、その別名がさまざまであるなどしたためか、
 種々に取り違えられたわけだ。

 『古事記傳』では、そこここで、“取り違え”という事態の解明が試みられ、
 以上より、より錯綜した様相を呈するケースの方が、寧ろ多数。


 私は何度も何度も読み返し、
 更には人物相互の関係図などを作成して、著者の眼識に迫ろうとする。
 しかも、そんな手間に若干の悦びさえ加味されるのは、
 私にとって宣長は、最早、歴史上の人物でないからだろうか?
                             (終わり)

〈無条件〉 引用
池見 隆雄 2019/5/22(水)14:54:25 No.20190522140935 削除
 5匹の猫たちのうち、
 2歳のチビと、1歳年少の弟の一方、イチとのからだ具合が悪くなった。
 チビは皮膚を患って、取り分け腰部の脱毛が甚だしい。
 イチは食物摂取が減退し、やがて何日もの拒食めいた容態へ移行。

 何事にまれ物臭な私も、動物病院へ伴っていくべく、
 重い腰を上げざるを得ないではないか。

 事前に電話で受信を申し出ると、半ノラ故に獣医師から、
 首に50センチほどの紐を付けた上で、洗濯ネットに封じ込めてくるようにとの指示。
 野生を現わして暴挙に及ぶ可能性を見越してのことと承知はしていても、
 “猫権侵害”と気が咎めてならない。

 そこをようやく指示を充たして、
 彼らをキャリーバックごと、妻の運転する車の座席へ――
 私の両膝の上にバッグを抱え持ち、
 衰弱しているとはいえ脱出を図ろうと声を立てる彼らへ、
 絶えず慰めや励ましの言葉を掛けながら。

 チビは投薬、イチは、それに加えるに注射。
 幸いイチは、医師が、
 「おやっ、(注射を)させてくれた」と目を丸くするくらい大人しかった。

 一週間後の今日、
 チビのむき出しの肌一面にはムラムラと気が伸び出してきたが、
 イチの食欲は一進一退。
 両者とも、なかなか服薬を肯(がえ)んじず、心配するやら苛立つやら。
 その内、イチと同年のジロまで嘔吐する始末。
 「もう、猫たち全部うっ放してしまいたくなった」と愚痴をこぼしても、
 私の愛(執)着のほどを知る家内に一笑に付されるのみ。

 そんなとき、昨年秋の3泊グループ途中、私の内面に吹き上がってきた、
 「生まれて来て良かったね」の文言が思い起こされた。
 猫たちへ対しては、さして抵抗なくそう伝えられそうだと。
 ということは、彼らの現前を私は、無条件に喜んでいるわけだ。
 表層意識より深まったところで。

 その文言は、思い掛けないときに、思い掛けない仕方で私の内面を見舞ったが、
 それを送り出した“主体者”を想定するならば、
 その者は喜び、あるいは慈しみ自体でなくてはならない。
 何故ならば、「生まれて来て良かったね」には、
 何らの条件も付帯せられてはいないのだから。

 喜び、慈しみ以外の心的領域、あるいは夾雑物にまみれた者が、
 真実無条件に、その文言を他者へもたらすのは不可能だ。

 猫たちへ対して、その文言をほぼ抵抗感なく思い浮かべられるとすれば、
 私にさえ、喜び・慈しみそのもの由来の種子が、蒔かれているのかもしれない。
 まして、他の人々へは。

「哲学カフェ」と「仏教3.0」 引用
U 2019/5/12(日)22:12:08 No.20190512213800 削除
隆雄先生、ご無沙汰しております。

福岡に住んでいたころはタイヒをはじめEGによく参加していましたが最近は
心理系のワークショップではなく、哲学カフェに定期的に参加しております。
いま都内でも複数の場所で開催されており、ちょっとしたブームかもしれません。
福岡ではどうでしょうか?

また休みが長く取れるときは仏教3.0のリトリート(接心)に参加しています。
仏教3.0とは日本の大乗仏教(仏教1.0)を小乗仏教(仏教2.0)の修行法(いわゆる「マインドフルネス」)を通じて
見直そうという新しい運動です。
その瞑想法の一つにはフォーカシングの技法も取り入れられている点は心理学との接点ですね。
始まってまだ数年しかたっていないので技法も流動的ですが興味を持って関わってゆこうと
考えています。
返信(1)を読む 最新返信日:2019/5/15(水)14:16:41

〈取り違え〉 引用
池見 隆雄 2019/4/19(金)14:25:27 No.20190419131151 削除
 (〈研修へ向けて〉未完了なまま、他の題材へ手を出した、
  これも必要な迂回と自らに言い聞かせつつ。

  hikaruさん
   そのときどきで試行錯誤も避けられないだろうが、
   それもまた、
   春の花々を愛でるかのごとくであるように!)


 先月半ばで、本居宣長の『古事記傳』を手に取り始めて、6年が経過。
 現在は、全44巻中の四十一之巻目、
 「朝倉宮上巻(アサクラノミヤノカミツミマキ)」。

 ここで著者は、『古事記』の雄略天皇を廻る記載へ対し、本文の校訂、
 及びいちいちの事柄、皇族を始めとする血脈関係への解釈・推定を行っているわけだが、
 私は、この天皇の大后(皇后)、若日下部王
 (ワカクサカベノキミ――尊称が、「王」の代わりに、「命(ミコト)」となっている箇所もあり)
 の素性理解に難儀し、
 それを契機に、この巻に先立つ『古事記傳』の幾巻かを読み直し、
 『日本書紀』の関係箇所を新たに開くことにもなった次第。

 先ずは、三十二之巻、「明宮上巻(アキラノミヤノカミツミマキ)」。
 明宮に拠った統治者とは、第15代の天皇、応神。
 『古事記』本文のこの巻の頭初には、
 大后始め妃(ミメ)たちと、多くの御子たちの名が連ねられている
  (こうした体裁を、『古事記』の編著者は、各天皇ごとにしばしば採用)。
 その妃の内に日向之泉長比賣(ヒムカノイズミノナガヒメ)があり、
 彼女の子の一人を幡日之若郎女(ハタビノワキイラツメ)という。

 宣長は、この御子は、実のところ、
 応神に続く天皇、仁徳が、妃との間に成した子なのだけれど、
 その妃の名が日向髪長媛(ヒムカノカミナガヒメ)といって
 彼(か)の応神の妃、日向之泉長比賣と相似しているものだから、
 『古事記』編纂の過程で生母が取り違えられて、
 応神の御子の内へ数え入れられたと推定している、

 『日本書紀』の応神帝の血脈記載にこの御子の名が含まれていないのもまた、
 『古事記』の側の誤りを裏付けるだろうと。

 続いて三十五之巻、「高津宮上巻」(仁徳天皇の段)を改めて開くと、
 提示されている『古事記』本文中に、
 仁徳天皇が妃、(日向之)髪長比賣(カミナガヒメ)との間に設けた御子の一人が、
 波多毘能若郎女(ハタビノワキイラツメ)、その亦の名を長日比賣命(ナガヒヒメノミコト)、
 亦亦の名を若日下部命(ワカクサカベノミコト)というと明示されている。

 この人物が、宣長の説に従えば、
 応神天皇の御子に取り違えられたわけだ。

 (「ハタビノワキイラツメ」なる人名に対応する漢字表記が、
  この巻と先の三十二之巻とで異なっているのは恐らく、
  『古事記』の時代に至ってもまだ、外来文字、漢字の表記法が模索段階だったのを物語るだろう
  ――そういう意味の指摘を、宣長は『古事記傳』のそちこちに、さし挟んでいる)。

 この巻の明示によって、「朝倉宮上巻」に登場する、雄略天皇の大后、若日下部王とは、
 ハタビノワキイラツメに他ならないとも知られる。

 それにしても、若日下部王を巻き込んでの取り違えは以上に止まらず、
 それらを解明しようとの宣長の熱はいや増す。
                      (たぶん続く)

こころのひだを 引用
hikaru 2019/4/13(土)15:18:37 No.20190413151722 削除
クリック! 517x768 (46,225バイト)
No.1
  あらわすように

幾重もの花弁をひらく

ラナンキュラス
返信(1)を読む 最新返信日:2019/4/15(月)14:31:03

ひらひら… 引用
hikaru 2019/4/12(金)14:33:59 No.20190412141057 削除
今年は、桜が長持ちですね、、
まだ、つぼみがある木もあります。

自転車で走っていて、ふと通りかかった神社の桜に目がとまり、、
青空バックに、桜吹雪を浴びて、気持ちよかったです。

この春は、わたしにとって新しいスタートです。
友人には、自然体で取り組めるといいね、と励ましてもらいました。


昔、仕事で無理をして、長いこと健康から遠ざかって
その当時のことが、時折あたまに浮かんできたりします。
当時は、自分で進もうとすると、頭を押さえつけられるみたいなことが
繰り返されました、、
まったく自分を出せなかった、、

これからは、自分らしく 自分を表出しながら 相手を大事にしながら
進んでいきたい そんな思いでいます。

パスワード  

ホームページ | 携帯アクセス | 一括削除
全 1471 件 [ 1 2 3 4 5 6 .. 148 | 一覧 ] 24%使用        検索 文字列(1単語)を含むメッセージを検索します

レンタル掲示板 | 利用規約 | 管理者へ連絡 | 障害情報 | 違反発見報告 | 管理パネル