今日のアクセス数

びんぼう談話室

びんぼう談話室へようこそ

展示品についての質問、ご意見・ご感想などはこちらへどうぞ

*展示品のお申し込みは必ず館長宛メールにてお知らせください(こちらの転送メールではない方です)
**各発言にはコメントがつけられますが、全角250文字以内の制限があります。
ので、Resなどで長くなるような場合は、お手数ですが新たに書き込みをしてください。
Resで引用する場合はその書き込みの右側の「選択」にチェックを入れると引用されます。
***当サイトはリンクしないでくださいませ

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・うまいもの編
by 館長 at 2023/1/24(火) 00:21:36 No.20230123221505 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 70,879バイト
No.1
1000 x 750 x 87,022バイト
No.2

1000 x 750 x 116,381バイト
No.3


空港のJAL売店・BLUE SKYで購入の大東まつり寿司

空港のANA売店・ANA FESTAで購入の大東寿司(那覇空港のみで販売)
ヨコシマサワラの漬けは旨味が凝縮されつつ軽い味わいでいくつでも食べられそうです

パインジュース二種。左は沖縄ボトラーズ・パインドリンク。右はJAおきなわのパインアップル
他にバヤリースのものもありましたが、JAのが一美味しかったです
沖縄のパン会社・オキコ製のゼブラパン。沖縄ご当地パンとして有名。黒糖ペーストと粒入りピーナッツクリームを挟んだパンの断面がシマウマの模様に見えることから、ゼブラパンと名付けられたそうです。パッケージのシマウマが首にかけている黄色のタグは、かつてはここに値段が印字されていた名残だとか。ふわふわで美味しいです。オキコのHPによれば軽くトーストしてクリームがちょっと溶けるくらいにしても美味しいらしい。そして倍の長さのロングゼブラパンもあるらしい

今回の旅行、30数年振りの沖縄は何を見てもどこに行っても新鮮な驚きに満ちていてとても楽しい旅でした。今回見逃したところ、行ってみたいところ、もう一度訪ねたいところも沢山あります。そして曇っていない晴れてきらきらした沖縄の姿も次の機会には見られるといいなあ…
ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・国際通り&那覇空港編
by 館長 at 2023/1/23(月) 21:44:12 No.20230123170244 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 122,727バイト
No.1
1000 x 750 x 118,708バイト
No.2

1000 x 750 x 66,391バイト
No.3
1000 x 750 x 63,175バイト
No.4


三線持ったキティちゃんのタクシー
路地をのぞくと竜宮通り社交街
歴史のありそうな洋装店
ちょっと珍しいカーブエスカレーター

那覇市役所
沖縄都市モノレール・ゆいレール。跨座式モノレール(日本跨座式)なのでこのさらに上を走ります
ところで漫湖は湖とついていますが、実は干潟なので英語だとWetlandとなります。ラムサール条約登録湿地です
沖縄セルラースタジアム那覇

那覇空港33番搭乗口待合室から見るこれから乗る機体の到着

コンテナ積み込みの様子。トラクター(コンテナ牽引車)が引いて来たドーリー(コンテナ運搬台車)からドーリーの天板を90°回転させてコンテナをハイリフトローダー(コンテナ搭載車)に移し持ち上げて機体に収納します

ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・知念岬&沖縄県立博物館編
by 館長 at 2023/1/23(月) 17:02:16 No.20230123160059 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 109,767バイト
No.1
1000 x 750 x 117,935バイト
No.2

1000 x 750 x 98,692バイト
No.3
1000 x 750 x 89,785バイト
No.4


久手堅船溜
ハーメー沖(ウチ)
知念岬公園突端を望む
走ってみたい道を発見

風力発電の風車はあまり見かけません
サトウキビ畑
バナナ畑(?)

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)正面
ここは博物館と美術館が同じ建物に入っています
高倉と民家
南面はこんな

エントランスホールは1F3Fの吹き抜け。1F・3・に博物館、カフェ、見えていませんがステップフロアの2Fに美術館があります。今回は博物館・美術館ともに企画展は準備中だったので、博物館常設展「海と島に生きる−豊かさ、美しさ、平和を求めて−」を見学しました。これがまた膨大な数と質の展示で全部見るには体力が必要
クバの木(ビロウ)をイメージした柱と天井から光が入る明るい作り
ミュージアムカフェ・カメカメキッチンで休憩。カメは沖縄方言でカメー→食べてー、だそうです
沖縄黒糖ぜんざい。どこから食べていいのか迷いますが、予想通り氷はこぼれました。下の豆は麦入りでさっぱり素材を生かした薄味
月桃茶が品切れだったので、ゴーヤー茶。苦くはないですが、風味はちょっと油っぽいかも


ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・おきなわワールドその3&知念岬編
by 館長 at 2023/1/23(月) 16:00:47 No.20230123152330 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 134,456バイト
No.1
1000 x 750 x 63,419バイト
No.2

1000 x 750 x 84,475バイト
No.3
1000 x 750 x 26,101バイト
No.4


琉球犬の空ちゃん(女の子)。スリムです
カワセミ
ハブの皆さん。寒いのか固まっている、てか沢山いるところではみんなこんな感じ
ヤエヤマイシガメの山
ハブアップ(苦手な方ごめんなさい)
ゾウガメ

茶屋 三段花でぜんざい。小ぶりの豆がたっぷり、甘さも丁度良く超美味

331号線を斎場御嶽へ向かうも駐車場が満車なのでへたれてその先の知念岬へ
岬から前ぬ浜(久手堅ビーチ)方向を望む
知念岬公園越しに沖を望む
前ぬ浜(久手堅ビーチ)

水平線辺りには陽が差している模様
ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・おきなわワールド編その2
by 館長 at 2023/1/23(月) 15:23:24 No.20230123152135 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 92,088バイト
No.1
1000 x 750 x 82,099バイト
No.2

1000 x 750 x 167,500バイト
No.3
1000 x 750 x 133,764バイト
No.4


通路の上にも石筍が形成中
通路の下に謎の蛇口
通路を通すために頭上の鍾乳石を削ったところも結構あのます
ケイプパール(洞窟真珠)を作成実験中

出口にはなんとエスカレーターが設置
かなり深くまで下っていたのがわかります
エスカー?
出たところに玉泉洞の水試飲コーナー。ミネラル豊富な味がしました

熱帯フルーツ園内。パパイヤ、パイナップル、カニステル(エッグフルーツ)、スターフルーツ(五斂子ゴレンシ)、タンカン、クドンドン(タマゴノキ)、ギュウシンリ(レッドシュガーアップル)、バナナ

バナナの花
琉球王国城下町の民家。この家の屋根にはシーサーがいます
記念号栗原式製縄機
フール(登録有形文化財)
ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・玉泉洞(おきなわワールド)編その1
by 館長 at 2023/1/23(月) 15:01:02 No.20230123143855 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 166,027バイト
No.1
1000 x 750 x 63,300バイト
No.2

1000 x 750 x 92,284バイト
No.3
1000 x 750 x 128,978バイト
No.4


おきなわワールド、サクッと楽しむなら3時間、まるごと楽しむなら5時間以上という濃い観光施設です
玉泉洞、熱帯フルーツ園、手作り体験(幸運の白蛇と記念撮影、伝統衣装で園内散策、紅型、シーサー絵付け、紙漉き、機織り、藍染め、革細工、作陶、琉球ガラス、真珠取り出し、ドクターフィッシュ、セグウェイ(なんと60分))、琉球王国城下町、エイサーショーとハブ・マングースショー(ただし対決するのはハブと人間の毒舌、マングースとウミヘビの水泳対決)、ハブ博物公園、ブルーワリー、レストラン、茶屋、カフェ(ぶくぶく茶もあり)、フルーツパーラー、オリジナル商品(缶サワー、ビール、ハブ酒、フルーツリキュール、珈琲泡盛)。これは5時間以上と言うのも納得かも。一日いても楽しめそう

まずは沖縄最大国内最大級の鍾乳洞・玉泉洞(全長5000m(一般公開890m)、鍾乳石100万本以上、最深部深さ約40m、年間を通して摂氏21度)
入るといきなり深い洞窟に降りてゆきます
鋭い鍾乳石がびっしり(ここら辺湿度と気温上昇につきちょっとレンズが曇っています)
通路は整備されていますが全体に暗いし濡れているので慎重な歩行を推奨

青の泉
水はブルーにライティングされていて神秘的
黄金の杯
フラッシュたくと割と普通な雰囲気になります

結構通路に鍾乳石が迫っているところも多く、頭上注意の標識も頻繁
ガジュマル並木
銀河鉄道。ライトが当たっているところだけ苔が生えています
こんな感じ
ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・おきなわワールドへ編
by 館長 at 2023/1/23(月) 04:09:04 No.20230123033753 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 76,995バイト
No.1
1000 x 750 x 61,592バイト
No.2

1000 x 750 x 17,366バイト
No.3
1000 x 750 x 93,417バイト
No.4


やっと日差しが出た名護の朝。とはいえ雲の様子はあんまり信用できない雰囲気ですが

国道71号名護東バイパス付近
沖縄自動車道を那覇方面へ。晴れてくる…ように見える
沖縄の道はカーブが多い(一般道は特に)
那覇市に近づくと交通量も増えてきました

頭上を通り過ぎる戦闘機の編隊

おきなわワールドエントランス。獅子吼(ししく)乃塔は5体・3種類の大獅子(壷屋焼シーサー、唐三彩(陶器)一対、中国産大獅子(鶏血石)一対)で構成されています
ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・お宿2.3日目編
by 館長 at 2023/1/23(月) 03:37:06 No.20230123033344 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 208,540バイト
No.1
1000 x 750 x 66,870バイト
No.2

1000 x 750 x 85,428バイト
No.3
1000 x 750 x 38,944バイト
No.4


2日目の夕食はローソンのゴーヤーチャンプルー弁当、大きいジューシーおにぎりと、ファミマのゆし豆腐そば
沖縄弁当に外れ無しです

三日目の朝食の変更はコロッケ、きんぴら、魚は鰯の生姜煮、フレンチトーストももらっちゃいました

このホテルにはプールとジャグジーがあります。プールはささやかなサイズですが、よく見ると端っこにモーターみたいなものが(ここから水流を出して真向泳ぐのか?)
ただしどちらも植え込みの向こうは道路なので…まあ夏場のハイシーズンならきっと水着の人がその辺歩いていると予想されるので抵抗なく使えるかもです

プールサイドにかわいこちゃんが登場したのですかさず激写
ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・古宇利大橋編
by 館長 at 2023/1/23(月) 03:19:58 No.20230123030520 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 32,715バイト
No.1
1000 x 750 x 57,281バイト
No.2

1000 x 750 x 41,552バイト
No.3


橋が凄いというので夕暮れに足を延ばしました
名護から北へ走り、まずは本島と屋我地島を結ぶフルミ大橋。この橋もなかなか凄い
しかし、屋我地島を縦断し古宇利島とをつなぐ古宇利大橋はもっとずっと凄かった

この画は古宇利島側からのものですが、あの起伏が物凄い(動画があるので後ほどご紹介しますね)
この橋は海上の一本橋ということで、晴れた日にはエメラルドグリーンの海がまぶしい絶景らしいです

古宇利島からの遠景。全長1960mの長さも圧巻です
橋上から屋我地島と夕雲を望む
屋我地島そばに可愛い島々が
あの起伏の屋我地島へのダウンアプローチ


ANAの格安チケットで行く沖縄の旅・ネオパークオキナワ編その2
by 館長 at 2023/1/23(月) 03:03:27 No.20230123024722 コメント】  削除 引用
1000 x 750 x 164,474バイト
No.1
1000 x 750 x 89,988バイト
No.2

一面ホテイアオイに覆われた池。金魚水槽などでおなじみの水草ですが、外来種で繁殖力が旺盛なため要注意外来生物に指定されています
ジャングルみたいなところを草をかき分けて進みます。も要所要所で停止して丁寧に説明してくれています
フラミンゴの湖。アフリカクロトキ、アフリカトキコウ、モモイロペリカン、シュバシコウ、ヨーロッパフラミンゴ等ここにもたくさんいます
車庫には別の機関車もいました

メインハウスのグッズショップの奥にレッサーパンダがいました。これまた近い。高さのあるアクリルパネルに隔てられてはいるのですが、同じ空気を吸ってる感じ
沖縄の動物関係はみんな距離が近くて嬉しい驚きの連続です
ホームページへ 全 218 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 ]

生活と文化 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -