今日のアクセス数

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

ハリアサガオ(針朝顔)
by すみれ草 at 2021/10/10(日) 00:11:21 No.20211010000749 コメント】  削除 引用
2206 x 1803 x 398,599バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

夕暮れから少しずつ開き始め、午後7時頃には開花する不思議な朝顔の名前が分かりました。
夕方から夜にかけて咲く花なのに「ハリアサガオ」と言う名前だそうです。茎に柔らかいトゲがあるせいでしょう。
流通名は「アカバナ夕顔」とか「アカバナ夜顔」と呼ばれているとか、、、
昨夜は秋の冷気のせいでしょうか、10時頃には、もう萎んでいました。
しかし、今日は5時頃には開花して、フラッシュの発光なしで
風にゆらゆら揺れる「夜顔」を何とか撮ることが出来ました。
人知れず暗闇に咲く短い命の妖艶な姿を観察したくて、夜も度々、庭に出る日々です。



 ハードディスクのエラーのチェックと修復方法    MACデータ復旧の費用

謎の朝顔?が開花
by すみれ草 at 2021/9/29(水) 10:37:45 No.20210929102805 コメント】  削除 引用
622 x 995 x 101,505バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1
913 x 901 x 117,708バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.2

735 x 575 x 69,090バイト
No.3
1197 x 1135 x 195,551バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.4


昨日の夕方4時頃、蕾のがくの隙間から薄紫色の花びらが見えているのを発見。明朝が楽しみだわぁとワクワクしながら、
5時頃に水やりのために庭に出ると、何ともう咲き始めているではありませんか。でもまだシワシワで完全ではありません。
すっかり暗くなった7時頃、見に行くとシワが取れて(うらやましい!)完全に開いていました。
夜に撮れるかしら、、とシャッターを押すと自動的にフラッシュが発光したのに驚いて
手が震え、ブレブレに!まぁイイや、明日の朝まで咲いているから、、、
と今朝、早起きして出てみると、もうピタッと花びらを閉じていました。完全な拒絶状態(@_@;)

これは「もみじ葉朝顔」ではなくて「ハート葉夜顔」かしら?
ミステリアスな変容をしながらも咲いてくれてありがとう、、、と心の中でつぶやいた秋空の朝でした。


秋の華やぎ
by すみれ草 at 2021/9/27(月) 14:30:11 No.20210927141633 コメント】  削除 引用
525 x 759 x 87,715バイト
No.1
600 x 800 x 233,313バイト
No.2

“もみじ葉朝顔”と種の袋にも書いてあった朝顔は、やっぱり花芽を付けていたようで、ゆっくりと蕾の姿となってきました。
他にもいくつも花芽を出しているので期待はしているのですが、朝晩冷え込むようになってきたし、葉も一部、黄色くなってきています。
果たして花を見せてくれるのでしょうか。

酔芙蓉は気温が下がったせいで、一昨日の花が萎んで落ち、昨日の花は紅色のまま日を跨いで咲き、今朝の花は真っ白と、
この気温のお蔭で賑やかです。
“エリナ”も秋薔薇となって再登場。春のために株元を成長させたいので4輪だけ咲かせました。
冬に感染症の再拡大が起きませんようにと祈る日々です。

秋を象徴する花々
by すみれ草 at 2021/9/27(月) 14:15:07 No.20210927141225 コメント】  削除 引用
600 x 800 x 195,905バイト
No.1
800 x 704 x 306,367バイト
No.2

すっかり秋本番となりコロナの状況も感染者数は減ってはいますが、まだまだ
油断の出来ない日々。秋の花たちが沈みがちになる心の癒しとなって、猫庭を
彩ってくれています。
秋を象徴する花とも言える彼岸花と萩が今年も元気に咲きました。
毎年、同じ花を見ることが出来てきた幸せを噛みしめつつ、来年も又、、、と
祈らざるを得ません。
皆さまもお体を大切に!

謎の朝顔の花芽かな??
by すみれ草 at 2021/9/17(金) 13:45:13 No.20210917133010 コメント】  削除 引用
1417 x 1957 x 354,205バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

隣家の金木犀の香りに本格的な秋の訪れを感じ、月日の流れの早さを感じています。
春に「もみじ葉朝顔」と言う珍しい種を頂き植えましたが、10粒位入っていた内の1粒だけしか
芽を出しませんでした。でもその貴重な芽はニョキニョキと蔓を伸ばし、順調に育っているかに見えました。
葉はもみじの形ではなくハート型で黄緑色、蔓にトゲのようなものが付いている不思議な品種。
しかし、花は待てど暮らせど一つも咲かず、もう諦めていました。他の朝顔は種も取れたし、そろそろ今季は卒業の時期です。
一昨日、この謎の朝顔も始末するしかないのかと、かわいいハート葉を眺めていると、アレ!花芽では?と思えるものを発見!
そろそろ蕾と分かる姿になるかもしれないと何度も眺めていますが果たして、、、、
今夜から近くにある玄関灯も消して待つことに、、、小鳥や虫に食べられませんように、、、
植物に詳しい方は花芽かどうか、もうお分かりかもしれませんね(*_*;

冷たい雨の朝の酔芙蓉
by すみれ草 at 2021/9/9(木) 16:41:36 No.20210909163140 コメント】  削除 引用
1024 x 768 x 278,576バイト
No.1

猛暑から急激に気温が下がり、肌寒くなってきました。
この低温のせいでしょうか、昨日咲いた酔芙蓉が一部だけ紅色を残したまま
今朝を迎えたようです。昼過ぎにやっと全体が紅色になり、花びらを閉じました。
初めて目にした時はギョッとしましたが、気候によって変容の仕方が変わる花の神秘を感じています。
まだまだ蕾がたくさん残っていますが、どんな変容を見せてくれるのでしょう。

道の駅、「きさいや広場」をネットで探し地図で辿りながら、「あぁ、あの辺りだ」と、とても懐かしい気持ちになりました。
とても広々としていて、ゆったりと買い物が出来そうですね。
特に「食べる」の項に目が釘付けに!新鮮な魚介を使った数々のお料理を見ているとたまらなくお腹が空いてきました。
爽やかな秋空が待ち遠しい日々、皆さまもお体を大切に!

酔芙蓉
by すみれ草 at 2021/8/24(火) 21:31:13 No.20210824212334 コメント】  削除 引用
641 x 578 x 90,095バイト
No.1
591 x 541 x 94,738バイト
No.2

672 x 571 x 111,391バイト
No.3
595 x 527 x 97,711バイト
No.4


朝は白色で時間の経過と共に紅色に変化していく酔芙蓉が今年も大輪の花を咲かせました。
今年で3年目の花木ですが、年毎に成長し、2メートル以上の高さになり、てっぺんに咲いた花は撮ることが出来ません(*_*;
昨年はこの花を見ながら、「果たして来年まで生き延びて酔芙蓉を見ることが出来るかしら」と不安を抱いていたことを思い出します。
幸運にも小さな不調はあるものの元気で過ごせたことに感謝しなければなりませんが、来年はどうでしょうか。
もし元気でいられたら、剪定の勉強をして、自分に合った背丈の酔芙蓉にしたいと思っているのですが、、、。
幸い、家族、親類、友達、知人にコロナの感染者が出ていませんが、一日も早く収束の兆しが見えてくることを祈っています。

1、7時頃 2、11時頃 3、2時頃 4、4時頃 に撮影。


1.  橋姫 > 2021/8/30(月) 22:36:03
酔芙蓉の色変化をきれいに撮れましたね。
なーるほどなまめかしい。
すみれ草さんちのお花はみんなご機嫌さんですね。
私方は白芙蓉が古木になって手入れが悪かったのか枯れてしまいました。白サルスベリが今を盛りと咲いています。木の剪定の時は足元にご注意を。バランス感覚が存外鈍っていて危ないことがあります。 

2.  すみれ草 > 2021/8/31(火) 21:27:13
紅色系のサルスベリはよく見かけますが、白色は珍しいですね。
橋姫さまは白い花がお好き?
我が家の猫庭で今年、咲かなかった花はアガパンサス、浜菊そして初めて植えた“もみじ葉アサガオ”!
10粒の種の内、1粒だけが芽を出したので、大事に育て、ニョキニョキとつるを伸ばし葉も付けました。
しかし葉はもみじの形ではなく、ハートの形(*_*; そして花は一つも咲きませんでした。ウーン謎です。

3.  橋姫 > 2021/9/3(金) 11:09:06
わが家から道の駅へ行く(片道10000歩くらい)途中、道路沿いに細長くアガパンサスの林があります。
そこに住む若いパパが作ってくれた花壇で夏の初め涼しげな水色の花の群れが何とも言えない気持ち良さです。
昔々私方にも有って、子供たちがそれぞれに赤・青など色の名前を覚えるころ、この花でみずいろを教えたのでした。
すみれ草さんのアガパンサスが来年は咲いてくれますように。
純白のムクゲ
by すみれ草 at 2021/8/19(木) 22:26:16 No.20210819222007 コメント】  削除 引用
1024 x 870 x 279,364バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

大雨とコロナの感染拡大で大変な状況の中、雨上がりに咲いたムクゲの白色が
清々しい空気を運んでくれています。
早朝に咲き夜には花を閉じてしまう一日花ですが、次々と秋口まで花を咲かせる
強い花です。花びらを閉じたまま落花する姿が慎ましく感じられ、さらに好感が持てます。

鬼北町の高級バナナとはどんな味なのでしょう、、、と好奇心をそそられ、ネットで調べてみました。
通販で買えるようですが、私が見たサイトでは一本、1、100円、こちらへの送料が1,000円+消費税でした!!
国産の無農薬バナナが大量生産されるようになると良いのですが、、、


二種の朝顔
by すみれ草 at 2021/8/4(水) 10:00:20 No.20210804095532 コメント】  削除 引用
1019 x 758 x 163,137バイト
No.1
1018 x 729 x 178,588バイト
No.2

真夏の朝日を浴びて「宇宙朝顔」と「曜白(ようじろ)朝顔」がポツポツと咲いています。
宇宙朝顔は同期の方から7年位前に頂いた、「やさしさ」「おもいやり」「きぼう」を育てる“NAOKO☆アサガオ”です。
以前より花径が小さくなりましたが、この濃い赤紫に白い縁取りは緑に映えます。もう一つ
美しい紫色のものもありましたが、種が取れなくなり、咲かせることが出来なくなった事は寂しいかぎりです。
もう一つの紺色の曜白朝顔は昨年、購入したもの。何年も朝顔を育てているのに、
多くの花を一度に咲かせることが出来ません。研究不足ですね。
でも、こうして元気で朝の花々を眺められるだけでも幸せなこと、一日しか咲かない朝顔を見ながら、
今日の一日を大切にしなけらばとの思いを強くしました。

コロナの感染拡大は止まらず、医療にも不安が、、、感染しないように電車に乗る時やスーパーに入る時は二重マスクにし、
人通りの少ない道を歩く時は外したり、、、
猛暑とコロナとの戦いは続きます。皆様もお大事になさって下さい。


1.  橋姫 > 2021/8/13(金) 14:48:48
曜白朝顔はキッパリと涼しげで素敵ですね。
私方の近隣ではあちこちブーゲンビリアやハイビスカスが目に付くようになりました。ここは温帯ではなく亜熱帯と心得た方が良いのかも。そう言えば鬼北町ではバナナの出荷が出来て味は上々だそうですがお値段は一本千円だとか。
MITのメディアラボ元所長の伊藤穣一氏がデジタル庁次官候補だというので期待する者です。日本のオードリー・タンになって欲しいなあ。
二種の玉すだれ
by すみれ草 at 2021/7/29(木) 17:36:39 No.20210729172513 コメント】  削除 引用
768 x 1024 x 199,148バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1
768 x 1024 x 268,267バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.2

小花壇の縁取りにと5,6年前に植えた玉すだれ。花が連なってはくれずポツポツとしか
咲かないので、もう一種、淡い桜色を購入し、隙間にいくつか植え込みました。
しかし、やっぱり縁取りとしてのお役目は果たしてくれませんでした。日当たりが悪いせいかな?
でも、清楚な花とすだれのような葉は朝の光を浴びて涼し気です。

テレビに映るアスリート達の頑張りには拍手を送りたくなりますが、感染者数の急拡大に
熱い気持ちもすぐに冷めてしまいがち(*_*; 早く純粋にスポーツを応援出来る日が来ますように。



 ハードディスクのエラーのチェックと修復方法    MACデータ復旧の費用

ホームページへ 全 39 件 [ 1 2 3 4 ]

団体 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -