今日のアクセス数

渋谷星の会 写真掲示板

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

昨夜のお月様+いて座ω星の潜入
by 小川誠治 at 2022/8/11(木) 09:58:02 No.20220811094837 コメント】  削除 引用
271 x 388 x 29,757バイト
No.1
454 x 443 x 78,466バイト
No.2

454 x 450 x 78,472バイト
No.3


 昨夜のお月様ですが、天文年鑑によりますと、「21時06分いて座ω(4.7等:潜入:東京)」の記述があり、その頃に望遠鏡を向けてぱちり。矢印の先が、いて座ω星です。潜入先が、潜入直前で、次はもう見えませんでした。(笑)それはともかく、汗びっしょりとなりながら、昨夜のお月様全体を、望遠鏡+泉川さんアダプター+スマホで撮影しました。明るめと暗めの二枚、トリミングあります。
夏の空
by 山内 at 2022/7/10(日) 19:59:55 No.20220710195113 コメント】  削除 引用
524 x 320 x 119,632バイト
No.1
478 x 320 x 86,196バイト
No.2

478 x 320 x 94,798バイト
No.3


梅雨に逆戻りしたような日々が続いています。夏の空はいつ頃戻るのでしょうか。梅雨の晴れ間に撮影した夏の星雲をアップします。今回は薄曇りの中での撮影となりました。スッキリとした夜空が待ち遠しいです。網目状星雲、M8、M20です。

コスモプラネタリウム渋谷の七夕展示が凄い
by 小川誠治です at 2022/7/9(土) 10:17:52 No.20220709100958 コメント】  削除 引用
605 x 454 x 176,450バイト
No.1
484 x 364 x 140,934バイト
No.2

484 x 364 x 153,670バイト
No.3


 七夕は毎年、コスモプラネタリウム渋谷で過ごすことが恒例で、今年も訪問して18時永田美絵さん、19時村松修さんのレジエンド解説を連続で聴けました。ところで、開催中の七夕の展示、凄いです。村山能子解説員の作品集がずらり、琵琶はおしゃもじを利用され製作たそうです。一つ一つ、唸ってしまいます。「この展示は入場料をとっても良い、素晴らしい出来栄えですね」と村山解説員さん本人に直接伝えることが出来ました。また拝見しに行きます。天文ファン必見です。
 
七夕の切符、7.7.7
by 小川誠治です at 2022/7/7(木) 10:07:24 No.20220707095858 コメント】  削除 引用
540 x 396 x 132,365バイト
No.1
404 x 412 x 65,703バイト
No.2

319 x 330 x 52,075バイト
No.3
142 x 180 x 14,674 bytes
No.4


 ありふれた、七夕の「ふる切符」です。平成7年7月7日に発売された、JR東日本の渋谷駅記念乗車券です。たしか、五島プラネタリウムの投影を観に行く前に行列に並んで買ったような記憶があります。「写真:夏の夜空イメージ写真と星座。山手線205系電車」という説明がありました。もちろん未使用です。(笑)おまけに、小田急線の切符や東京メトロの星座早見もアップします。

惑星集合
by コジマ at 2022/6/27(月) 18:04:34 No.20220627180002 コメント】  削除 引用
900 x 600 x 81,524バイト
No.1
900 x 600 x 90,261バイト
No.2

2022年6月27日明け方 月と水星、金星、火星、木星を見ることができました。
6月13日から国分寺市で「はやぶさ2」特別展示
by 小川誠治です at 2022/6/10(金) 16:22:39 No.20220610161657 コメント】  削除 引用
697 x 492 x 186,404バイト
No.1

 日本の宇宙開発発祥の地で、ロケットのまちづくりを行政、市民が一体となって積極的に進めている国分寺市では、6月13日から21日まで「はやぶさ2」特別展示を行います。これは見逃せないイベントですね!
昨夜のお月様
by 小川誠治です at 2022/6/10(金) 09:51:43 No.20220610094535 コメント】  削除 引用
326 x 461 x 81,616バイト
No.1
364 x 458 x 79,945バイト
No.2

 昨日は夕方からお月様が見えたり、雲に邪魔されたりしていました。少し空が暗くなった頃、ちょっぴり見えていたので、望遠鏡を向けてみました。手前を黒い雲が左右に動いています。様子を見ながら、雲が少なくなった時にパチリ写してみました。5.9等星の星食を見る余裕などありませんでした。一度曇って、また少し見えてきましたが、21時過ぎにはとうとう雨が降ってきました。(笑)梅雨の時期などで仕方ないですね。ゆっくり鑑賞は無理ですが、見えただけでも良かったです。それはともかく、このお月様を望遠鏡+泉川さんアダプター+スマホで写してみました。暗めと明るめの2枚投稿します。トリミングあります。ピントは難しいです。
月と惑星
by コジマ at 2022/5/29(日) 23:25:05 No.20220529232211 コメント】  削除 引用
900 x 600 x 81,059バイト
No.1

5月28日未明の月と金星と木星と火星です。
木星と火星の接近
by ナガイ at 2022/5/29(日) 04:47:18 No.20220529042209 コメント】  削除 引用
1500 x 1000 x 83,672バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1
2500 x 1667 x 131,432バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.2

1500 x 1001 x 109,812バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.3


風呂の掃除をしていたら、もう接近した木星と火星が昇っているではありませんか。
Nikon D7500 VR 18-140mm f/3.5-5.6G で撮ってみました。
No.1  50mm
No.2 140mm
No.3 140mmの写真を拡大するとガリレオ衛星も写っていました。
「見取図の間取り図ミステリー」放送の中の水野良平先生、河原郁夫先生
by 小川誠治です at 2022/5/15(日) 09:38:46 No.20220515092623 コメント】  削除 引用
500 x 333 x 26,910バイト
No.1
467 x 351 x 76,680バイト
No.2

 5月12日日本テレビ系の「見取図の間取り図ミステリー」では、オーロラ天文台とささやかな地域活動の一端を紹介して頂きました。大変有難うございました。ご覧頂いた星仲間から、「あのモノクロ写真は、水野良平先生とすぐに分かりました」と嬉しいメールを頂戴しました。手違いで、水野先生のお顔までぼかしが入ってしまったのはご愛敬ですかね。(笑)元画像はこれです。水野先生ご自慢の平作天体観測所のドーム内で写したものです。また、天文台入口にある、「ボランティア用出席名札」の上にも、水野先生の写真が貼ってあることに気づいて頂けたでしょうか。本当はその左にも、河原郁夫先生の貴重な色紙が掲示されてありますが、「プラネタリウムと書いてあると、ゲストが天文台と分かってしまう」ので残念ながら一時外しました。河原先生、申し訳ありません。
ホームページへ 全 39 件 [ 1 2 3 4 ]

自然科学 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -