今日のアクセス数今日のアクセス数

翠嵐6期生憩いの広場

掲示板、6期生の広場への書き込みをお願いします。
ひきこもりはいけません、お出かけください,人とのコミュニケーションを大切に。
一歩外へ出て、一汗かくことがこれからの幸せにつながります、恥ずかしさは捨ててチャレンジしてみてください。
写真がありましたら添付してください。題名と投稿者名もお願いします。
アンチエージングに挑戦!

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

『昭和23年冬の暗号』を読み終えて(1)
by かおる at 2021/10/22(金) 19:41:06 No.20211022184508 コメント】  削除 引用

この本を読み終えて巻末の梯久美子の解説をしみじみ読んでいる。A級戦犯28人が起訴されたのは昭和21年4月29日、裁判が開廷したのは

5月3日、この日新憲法が施行されている。そして東條英機らA級戦犯7人が処刑されたのは、12月23日。当時15歳の皇太子、のちの明仁天皇の

誕生日である。本書によって、この三つの日付の符合を知ったとき、私は思わず戦慄した。これらの日付の一致は偶然であるとはとても思え

ない。占領期はやがて終わる。マッカーサーは、その後の日本、未来の日本に向けて、一本の矢を放った。日付という形で、それを歴史に

刻印したのだ。つまり、日米戦争を始めた側の日本人にその責任を忘れさせにための時限装置が、戦犯東條英機の処刑の日に込められたので

はないか。マッカーサーが、次代の天皇の誕生日に刻印したものの意味を知ったとき、私の脳裏によみがえった一枚の写真がある。断崖の

突端に立ち、並んで首を垂れる明仁天皇と皇后の後ろ姿。この写真が撮影されたのはサイパン島の北端・マッピ岬。バンザイクリフと呼ば

れる崖である。昭和19年6月に米軍が上陸し、日米の将兵だけでなくここで暮らしていた日本の民間人と島民が多数犠牲になった。玉砕の島

サイパンを天皇と皇后が訪れたのは、平成17年6月27.28日のことである。天皇が慰霊のためだけに外国を訪問するのは初めてのことだった。

サイパンでの明仁天皇は首を垂れてじっと瞑目している。目の前にいるのは生者ではなく死者だからだ。死者と向き合う役割を課せられた

のが、平成の皇室であることがこの写真には象徴的にあらわれている。

 ハードディスクのエラーのチェックと修復方法    MACデータ復旧の費用

『昭和23年冬の暗号』を読む(10)
by かおる at 2021/10/19(火) 22:11:26 No.20211019210946 コメント】  削除 引用

[アメリカが天皇明仁に刻んだ死の暗号]著者の猪瀬直樹のもとに、一通の手紙が届くところから「昭和23年冬の暗号」は始まる。子爵夫人

であった祖母が残した戦中から戦後にかけの日記の中に、気になる記述があるという内容である。「ジミーの誕生日の件、心配です」謎め

いたこの一文が書かれたのは昭和23年12月7日。この日を最後に日記は途切れていた。ここから著者の謎ときが始まる。手紙を出した女性の

父は、当時の皇太子と学習院初等科で同級生だった。ではジミーとは皇太子のことではないか。学習院に赴任した英語教師バイニング夫人は

授業でクラス全員にニックネームで呼ぶことにした。皇太子につけられたのは「ジミー」であった。皇太子の誕生日は12月23日。子爵夫人は

この日の一体何を心配していたのか・・・。著者は日記に残された謎を解き明かしながら、アメリカが日本に仕掛けた対日占領政策の大きな

構図を浮き上がらせていく。それによって、現代の日本と占領期の日本との間に漂う霧のような薄闇を払っていくのである。この本はまるで

ミステリー小説を読むような興奮を味合わせてくれる。著者の猪瀬は占領期における不思議な日付の符合について指摘している。極東国際

軍事裁判所(東京裁判)でA級戦犯28人が起訴されたのは、昭和21年4月29日。つまり昭和天皇の誕生日である。裁判が開廷したのは5月3日

翌22年この日、新憲法が施行されている。そして、東條英機らA級戦犯7人が処刑されたのは、昭和23年12月23日。そう、当時15歳の皇太子

のちの明仁天皇の誕生日である。

翠嵐会美術展
by どか at 2021/10/16(土) 22:42:05 No.20211016224008 コメント】  削除 引用

コロナ禍で中止されていた翠嵐会美術展が今年は開かれます。

同期の出品は二人だけとなってますが最後の?力を振り絞っての出品と思います。

最盛時には8人もいたことを思うと感無量です。

この場を借りましてご案内させていただきます。

期間:10月26日(火)〜31日(日)   10時〜18時

場所:鶴屋町3-33-2   FEI ARTMUSIAM YOKOHAMA (045-411-5032)


『昭和23年冬の暗号』を読む(9)
by かおる at 2021/10/14(木) 16:49:16 No.20211014154651 コメント】  削除 引用

[昭和天皇は退位させないというマッカーサーの方針は新憲法と関わりがあり、その先東京裁判にも繋がっていた] 

昭和21年2月13日に、できたばかりの憲法草案をもってホイットニー民生局長とケーディス民政局次長の一行が吉田外相公邸を訪ねた。時間

を図ってB29を一機低空で飛ばしてその轟音で脅し、広島の原爆をにおわせる会話でやりての白洲次郎を脅かした。ケーディスはその翌々日

内閣書記官長公邸で開かれたパーティーに行った。東京裁判について、マッカーサーは巣鴨プリズンに収容されているA級戦犯28人に起訴状

を伝達したのは4月29日でした。分かっているな、昭和天皇の誕生日だぞ。あなた方は、代わりに罰を受けるのですよ。マッカーサーの

メッセージをそう読み取ることが出来ます。もう少し深読みすれば、一幕目は昭和天皇、二幕目は次の天皇つまり皇太子明仁に刻印させる

ということかもしれない。東京裁判が開廷したのは5月3日だった。翌年この5月3日が新憲法の施行日になることは誰も知らない。ケーディス

ら一部の総司令部の幹部を除いて。
『昭和23年冬の暗号』を読む(8)
by かおる at 2021/10/10(日) 17:41:02 No.20211010164822 コメント】  削除 引用

「最高司令官はこの新しい憲法の諸規定が受け容れられるならば、天皇は安泰になると考えています。さらに最高司令官はこれを受け容れる

ことによって日本が連合国の管理から自由になる日がずっと早くなるだろうと考えています」ホイットニーの演説を聞いていた吉田外相は

「総理大臣に報告し他の大臣とも話し合わなければなりません」「お返事をお待ちしています」それからホイットニー一行は帰った。閣議は

2月19日に開かれた。国務大臣の松本だけでなく内務大臣も司法大臣も反対した。白洲が再びホイットニーを訪ね頭を下げた。「まだ翻訳が

完成していません、なんとかもう少し延ばしてください」ホイットニーは険しい顔で絶対的な期限があるといって2月22日をタイムリミット

とした、その日はジョージ・ワシントンの誕生日である。2月21日に幣原首相は総司令部を訪ねマッカーサーと3時間も話し合った。翌日

の閣議で松本を除きほぼ了承することになった。幣原はそのあと、昭和天皇にマッカーサー憲法を受け容れますと報告し許可された。だが

日本語訳の憲法改正案が届けられたのは大幅に遅れて3月4日であった。松本博士らとケーディス大佐らのすり合わせが終わったのは

3月4日の夕刻だった。民生局のハッシー中佐がその憲法草案をもってワシントンで極東委員会が開かれるのはアメリカ時間で3月6日だった。

ぎりぎり間に合った。4月3日、極東委員会は「天皇不起訴」を決めた。

『昭和23年冬の暗号』を読む(7)
by かおる at 2021/10/8(金) 23:36:47 No.20211008225006 コメント】  削除 引用

[憲法草案をめぐり総司令部と日本側の攻防] ホイットニーは出来上がった憲法草案をもって外相官邸に吉田外相を訪ねた。一行は

チャールズ・ケーディス大佐、の指揮下で憲法草案つくりに携わった民政局幹部マイロ・ラウエル中佐、アルフレッド・ハッシー中佐の4人

である。外相官邸で出迎えたのは吉田外相を補佐していた白洲次郎だった。白洲は一行を邸内に招じ入れた。吉田外相、憲法問題調査委員会

委員長松本烝治および翻訳にあたる外務省の長谷川元吉がいた。ホイットニーは誤解を少なくするため通訳なしで会談することを申し入れた。

ホイットニーは一語一語ゆっくりと先日の松本私案は全く受け入れられるものではないといった。マッカーサーはここに持参した文章を承認

している。これをよく検討して欲しいと言って暫く退席した。いきなりアメリカが憲法をつくってしまったのだから日本側の4人は完全に虚

を突かれぼんやりしている。特に吉田外相は愕然として言葉を失った。やがて部屋に戻ってきたホイットニーは「最高司令官は天皇を戦犯と

して取り調べるべきだという他国からの圧力、この圧力は次第に強くなりつつありますが、このような圧力から天皇を守ろうという決意を固

く保持しています。しかし最高司令官といえども万能ではありません」ホイットニーは気づいて欲しいという趣旨でつづけた。

『昭和23年冬の暗号』を読む(6)
by かおる at 2021/10/3(日) 23:02:54 No.20211003222222 コメント】  削除 引用

[マッカーサーの新憲法の制定までの経緯が生々しく書かれている。76年前,終戦のあの頃を思い浮かべながら読んでいる]

終戦の翌年、昭和21年1月24日、幣原首相はマッカーサーを訪ねた。戦争放棄条項を含め軍事機構は一切持たないことを決めたと提案した。

ところが憲法改正の骨子は明治憲法とさして変わらず国体護持(天皇大権)は譲れないとしていた。しびれを切らしたマッカーサーは2月3日

総司令部民生局長ホイットニーに憲法草案作りを指示した。「ポイントは三つだけだ。ひとつは天皇制は世襲でよい、主権は国民にあること

を明記すればよい」「ひとつ、戦争の放棄これは幣原首相が言い出したのだ」ホイットニーは考えた。交戦権を放棄するというのは日本側の

提案であり、他の連合国はそれなら天皇の存在を容認するかもしれない。幣原は旧軍の復活を恐れていた。「ひとつ、あらゆる封建主義は

廃棄されること。・・・以上だ」ホイットニーは民政局次長のケーディス大佐にマッカーサーから言われた三つの要点をすぐ文章にするよう

指示した。民政局のスタッフは軍服を着ているがもともとは弁護士、大学教授、専門家が揃っていた。こうして一週間の突貫作業で憲法草案

はつくられた。
令和の横浜駅
by doka at 2021/10/2(土) 21:43:03 No.20211002213831 コメント】  削除 引用
800 x 600 x 302,748バイト
No.1

西口に横浜駅のタワーが完成、駅付近の街並みはほぼ一変した。

昔をしのぶものが消え去っていった。

タワー完成時はコロナの広がりにより密を避けるため一切のオープニングイベントはなかった。

今日、ふと通った駅では正面玄関の上からにぎやかなバンドの演奏が聞こえ、
人々が見上げてる方向を見ればショッピングモール、シャルの二階から演奏していた。

緊急事態宣言終了と同時に、積み残しのイベントが次々と出てくる気配を感じた。

『昭和23年冬の暗号』を読む(5)
by かおる at 2021/9/30(木) 15:56:25 No.20210930143500 コメント】  削除 引用

[昭和天皇は退位させないはマッカーサーの意向] こうして昭和天皇は退位させないと決まった。東久邇内閣が総辞職して次の首相を誰にす

るか。一刻も早くマッカーサーの意に沿う形にするには、クルックホーン記者を媒介にして昭和天皇との会見の流れを作った幣原喜重郎を

首相に指名した。幣原内閣が出来ると吉田茂が外相となり、総司令部に対応できる体制が組み上がった。ここからが戦後体制の実質的なスタ

ートと言えた。国家レベルでも憲法を改正する必要があった。東久邇内閣総辞職の前日、副総理の近衛文麿がマッカーサーを訪ねている。

この時マッカーサーは「憲法を改正する必要がある」といった。「元帥の激励と助言により国家のためにご奉公したい」と恭しく答えた。

近衛は次期首相から外されてしまったが「マッカーサーより改正案を突き付けられる恐れがある。速やかに善処すべきだ」と木戸内大臣に申

し入れた。木戸内大臣は「内大臣府御用掛」として憲法改正の調査に当たるよう取り計らった。ここで近衛は大きな間違えを犯すのである。

10月21日に、AP通信東京特派員のインタビューに応じて、「天皇の退位」を話題にしてしまう。幣原首相と木戸内大臣は慌てた。昭和天皇

を退位させないために、マッカーサーとの歴史的な会見がセットされたのだ。戦争責任を東條に追わせるための儀式としてクルックホーン記

者を媒介にして、日本側とアメリカ側の双方で綿密に練られた作戦だった。それが台無しになってしまう。近衛はマッカーサーの虎の尾を踏

んだことに気づかないのである。「天皇退位」を日本側が主張したら、すべてはぶち壊しである。つづく
『昭和23年冬の暗号』を読む(4)
by かおる at 2021/9/21(火) 22:58:42 No.20210921221215 コメント】  削除 引用

通訳の奥村のメモにはこう書いてある。敬語が過剰になるのは仕方がない「陛下が平和の方向に持っていくため、軫念(しんねん:天子が

心を痛め、心配すること)あらせられた御胸中は、自分の充分諒察するところであります(昭和天皇を戦犯にしない努力はするつもりだが)。

ただ、一般の空気が滔々としてある方向に向かいつつあるとき、別の方向にこれを導くことは一人の力をもってはなし難いことであります」

と語っている。発見された奥村メモを読むと、マッカーサーが一番気にかけていたのは世論の動向であった。実際アメリカの世論調査では

天皇に対しての処罰を求めていた。マッカーサーはこうした背景のもとで、クルックホーン記者を介在させて、戦争の責任者は昭和天皇では

なく東条だ、と言うことにしたが、世論をコントロールすることは簡単ではない。さらにマッカーサーは自分の地位は絶対的でないと率直に

述べている。「私より上の権威があって、私はそれに使われる出先に過ぎない。私自身がその権威であれば昭和天皇を戦犯にしない権限を

行使できるのだがという気持ちだ」37分間の会談のうちの大半はこんな調子だった。


 ハードディスクのエラーのチェックと修復方法    MACデータ復旧の費用

ホームページへ 全 45 件 [ 1 2 3 4 5 ]

団体 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -