翠嵐6期生憩いの広場

掲示板、6期生の広場への書き込みをお願いします。
ひきこもりはいけません、お出かけください,人とのコミュニケーションを大切に。
一歩外へ出て、一汗かくことがこれからの幸せにつながります、恥ずかしさは捨ててチャレンジしてみてください。
写真がありましたら添付してください。題名と投稿者名もお願いします。
アンチエージングに挑戦!

 
私を通り過ぎた政治家たち
by ひろみ at 2020/10/20(火) 20:58:43 No.20201020201819  削除コメント
1200 x 900 x 428,249バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

コロナのステイホームが続くなか、散歩の帰りに有隣堂に寄った。ふと文春文庫の棚に佐々淳行の『私を通り過

ぎた政治家たち』が目に入った。帯文には追悼佐々淳行「ミスター危機管理」歴代内閣を支えた安全保障の第一

人者の文字と見覚えのある写真があった。東大安田講堂事件、連合赤軍あさま山荘事件で警視庁の指揮官として

活躍した彼も亡くなったのかと思うとともに昔を回想していた。彼は昭和5年生まれ、旧制最後の東大法学部入

学で大体同じ時代を生きているので記述された事項も知っていて大いに興味があった。ちょうど私が社会人に

なって2年目、昭和35年6月は赤旗を掲げたデモ隊が霞が関を埋め尽くして、国会が包囲され大騒乱が起こった。

東大生樺美智子が国会敷地に突入して圧死した事故があった。子供までが「アンポ、ハンターイ」なんて発して遊んだ時代、労働組合や

学生が猛烈な反対運動を繰り広げた。社会党や共産党は組織を挙げた反対運動を展開して、国鉄のストが相次ぎデモが繰り返された。

この時の首相岸信介は日本中を敵に回したような社会で自分の信念を貫いた政治家と評している。

    << 戻る || ホームページ || 最新の掲示板へ