翠嵐6期生憩いの広場

掲示板、6期生の広場への書き込みをお願いします。
ひきこもりはいけません、お出かけください,人とのコミュニケーションを大切に。
一歩外へ出て、一汗かくことがこれからの幸せにつながります、恥ずかしさは捨ててチャレンジしてみてください。
写真がありましたら添付してください。題名と投稿者名もお願いします。
アンチエージングに挑戦!

 
『東電原発事故10年で明らかになったこと』を読む(1)
by かおる at 2021/4/7(水) 10:37:43 No.20210407090711  削除コメント

昨年9月に仙台高裁は東電福島第一原子力発電所(福島原発)の事故を防ぐことが出来たとして、国の責任を

初めて認める判決が出ている。この裁判から福島原発の事故のことが明らかになった。まず、福島原発で何

が起きたのかを読んでいこう。3月11日、福島原発で地震の揺れを感じてすぐ自動運転停止操作が始まり、

核分裂反応を止める制御棒が原子炉に押し込まれ運転は停止した。原子炉は運転を停止した後も、熱を発生

し続けているので冷却しなければならない。冷却に使うポンプ電力は、他の発電所から送電してこなければ

ならない。福島原発は外部から7系統の電力をもらっていた。しかし、揺れの直後にそれらは全滅した。

このため原子炉の冷却は、原発のタービン建屋地下にある非常用ディーゼル発電機に頼った。地震後、すぐ

に非常用発電機が稼働し、必要な電力は十分確保できていた。しかし、安全対策が設計通りに動いたのはこ

こまでだった。地震発生から49分後、福島原発に最大の津波が襲来した。津波の高さは約13m敷地高10mの

ほぼ全部が浸水した。建屋周囲は地面から5.5mまで津波が来て、非常用ディーゼル発電機や電源盤は水没し

全ての電源が止まった。津波の翌日(3/12)、水で冷やせなくなった燃料棒から発生した水素の爆発が1号機

で起きた。続いて3/14に3号機も爆発、2号機は炉心が解け落ち、15日に4号機は建屋が爆発し放射性物質は空

中にまき散らされた。以上が原子炉爆発まで4日間に起こったことで、放射性物質をばらまいた公害事件であ

ると書いている。

    << 戻る || ホームページ || 最新の掲示板へ