今日のアクセス数

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

神主漫談
by 琵琶湖の風 at 2019/10/9(水) 21:00:10 No.20191009205739 コメント】  削除 引用
2048 x 1365 x 467,589バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

水島 敏氏熱演

13期宇東関東同窓会に出席
by 琵琶湖の風 at 2019/10/9(水) 20:51:32 No.20191009202443 コメント】  削除 引用
1750 x 1166 x 492,676バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

10月6日今にも泣き出してしまう天気(金田正一氏を偲んでか)東京の青年会館で宇東関東同窓会が開催
13期から8名の男子が参加,恩師伊藤先生の娘さんも参加総勢130名あまり若い方が多く頼もし限り。
神主漫談(芸名水島敏 本名水本敏雄氏20期)が会場を和ませてくれた。
松山出身の漫才コンビ横山たかし(故人本名山高考氏)を上回る話し上手、東卒は幅広く活躍。

”酔芙蓉”に酔う(続き)
by 秋すみれ at 2019/9/30(月) 22:20:05 No.20190930221737 コメント】  削除 引用
1024 x 768 x 254,690バイト
No.1
1024 x 768 x 254,834バイト
No.2

純白から少しずつピンクに染まって午後4時頃にはかなり濃くなりました。
その華やかさにすっかり酔ってしまった一日でした。


"酔芙蓉”に酔う
by 秋すみれ at 2019/9/30(月) 22:16:33 No.20190930221122 コメント】  削除 引用
1024 x 768 x 253,826バイト
No.1
1024 x 768 x 252,918バイト
No.2

年を取ると同じ話を何度もしたくなると言われますが、私もその兆候が出てきたかな?再び“酔芙蓉”の自慢話です。
今朝は酔芙蓉が7輪も咲いていました。
こんなに沢山の花が一度に咲いたのは初めてなので感激し、何度も写真を撮りました。

"百日草”に敢闘賞を・・・・
by 夏すみれ at 2019/9/12(木) 10:59:16 No.20190912105327 コメント】  削除 引用
768 x 1024 x 252,518バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

もう9月も中旬になろうとしていますが、まだまだ猫庭ではハイビスカスを始め、夏の花が元気です。
その為、“夏すみれ”のハンドル名も変える気持ちになれません。
台風は私の地域には直撃することはなく、幸い猫庭の花たちも難を逃れましたが、
千葉を中心とした地域では未だに、停電が続いているとのこと、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
この夏は長雨が続いたり天候不順のため、花育ても中々思うようにはいきませんでしたが、
その中で最も強く敢闘賞ものだったのが“百日草”でした。カーネーションの鉢植えの
オマケに入れてあった種。余り期待をしないまま鉢植えにしてみると、かわいい芽が10個程出てきました。
ところが二日間くらいでほとんどが虫に食べられ、一つだけ生き残った貴重な百日草を小さな鉢に植え替えました。
それが放りっぱなしでも長雨、強雨にも耐え、たくさんの花を付け、名前の百日どころか、
さらに長く咲き続きフウセンカズラと共に門扉に彩りを添え来客を迎えてくれます。
色合いも様々に変化し、可憐なのに、とても強く美しい花だと認識を新たにしたこの夏でした。

酔芙蓉の花色の変化(続き)
by 夏すみれ at 2019/9/7(土) 21:05:12 No.20190907210136 コメント】  削除 引用
640 x 480 x 161,682バイト
No.1
640 x 480 x 145,123バイト
No.2

640 x 480 x 138,029バイト
No.3


真夏日の焼けつくような日差しにも耐え、花の色は徐々に濃いピンクになり
17時頃には、固く花弁を閉じて、まるで人を寄せ付けないような固い意志を
感じてしまいました。強い花だと言う印象を受け、ますます好きになりました。

No.1  14時40分頃
No.2  15時30分頃
No.3  16時20分頃


1.  橋姫 > 2019/9/8(日) 10:10:02
バッチリ撮れましたね。
一番花から一休みしていただけなのかな。
良かった。
台風15号接近中。ご用心。
酔芙蓉の花色の変化
by 夏すみれ at 2019/9/7(土) 21:00:29 No.20190907205640 コメント】  削除 引用
640 x 480 x 154,729バイト
No.1
640 x 480 x 138,167バイト
No.2

640 x 480 x 154,171バイト
No.3


起きてすぐ庭に出て見ると、真夏のような太陽が照りつける中、予想通り輝くような純白の酔芙蓉が開花していました。
やはり直径12センチ位の大輪。美しさに引きつけられて、暫くぼ〜っと見つめていました。
画像ではそのみなぎる生気が伝わらないのが残念です。暇な日に咲いてくれたので、じっくり色の移ろいを観察することが出来ました。

No.1  6時50分頃
No.2   11時15分頃
No.3    13時30分頃

喜びの朝
by 夏すみれ at 2019/9/6(金) 16:03:24 No.20190906155752 コメント】  削除 引用
1024 x 768 x 249,985バイト
No.1

久しぶりにカラッと晴れ、9月初の青空の広がる朝、いつものように酔芙蓉の蕾の点検に出てみると、
なんと蕾が少し開き、花びらがちょこんと顔を出しているではありませんか。
数日前から少し膨らみを持ったこの蕾に注目し、これが落下するようだったら、
もう今年の開花は諦めようと思っていただけに、今日の天気のように晴れやかな気持ちになりました。
明日の朝が楽しみ♪

夏すみれ
by 心配な”酔芙蓉” at 2019/9/4(水) 14:32:30 No.20190904141810 コメント】  削除 引用
640 x 480 x 224,801バイト
No.1
640 x 480 x 169,725バイト
No.2

先月23日に一番花が一輪、美しく開花した時には、すぐに次々と咲いて猫庭を彩ってくれるものと思っていた酔芙蓉。
グループごとにまとまって、かわいい蕾がたくさん付いているものの、一向に花開く気配がありません。
それどころか数日前には黄色くなって、2個ポトリと落下。一昨日も再び、2個落下(*_*;。
高さは1メートル位ですが、大きい葉をつけ勢いよく枝を張り元気一杯に見えていたのですが、、、
葉に穴が開き一部茶色くなっているので、もしかして、害虫のイタズラかもしれないと、
殺虫スプレーをかけ、開花を促すリン酸の多い肥料を与え様子見です。
まだ一日の微妙な色の変化を、充分には観察が出来ていないので、ぜひ咲いて欲しいと蕾を見つめています。
花育ては難しいけど、、、スリルがあって楽しい!


1.  橋姫 > 2019/9/6(金) 11:06:42
「隣国は近くて遠し真白なる槿ぞ哀し花いちもんめ」
           福島・美原 凍子
う〜ん何とか無事で有って欲しいです。
お花も夏バテ?
13期の皆さんはお元気でしようか。

2.  夏すみれ > 2019/9/6(金) 16:26:39
アレレ!名前とタイトルが入れ替わっているミスに今、気づきました。
すみません(*_*;
”酔芙蓉”の色の変化は?
by 夏すみれ at 2019/8/23(金) 21:53:52 No.20190823213254 コメント】  削除 引用
640 x 426 x 215,194バイト
No.1
640 x 427 x 71,675バイト
No.2

どんな色になっているかなぁとワクワクしながら、4時過ぎに帰宅してみると濃いピンクになってはいましたが、
花びらを閉じてしまっていました(>_<) 
雨が降ったり止んだりの、どんよりした一日、気温も低めだったので夜になったと思い早めに萎んでしまったのでしょうか。
留守番役が正午頃に撮った写真では、薄っすらとさくら色に染まって、朝の白とは又、趣の異なる、ふんわりと優しい姿です。
まだまだ蕾を付けているので、これからも楽しめそうです。


1.  橋姫 > 2019/8/30(金) 10:38:30
白木槿はかつてわが狭庭にも古木でありましたが、酔芙蓉は行きずりに見る位でしたからこんなに時間経過とともにアップで見せて頂いて嬉しいです。朝の真白な大輪が一番素晴らしいと思います。それは次の変化衰退へのはかなさを孕んでいるから、なお。
切り戻しや差し芽などを成功させて全く
You have a green thumb!

2.  夏すみれ > 2019/9/1(日) 09:33:19
お粗末画像を丁寧に見て頂きありがとうございます。
我が家の木槿ももう20年位経ちます。木槿は韓国の国花。韓国の親しい知人に今年は特別な思いを込めて、白い木槿の写メールを送りました。
一日だけ咲いて、散るときは花弁を閉じて落下する慎ましさが好まれるのだと、その女性が話されたことをいつも思い出します。
ホームページへ 全 39 件 [ 1 2 3 4 ]

団体 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -