今日のアクセス数

渋谷星の会 写真掲示板

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

皆樹?月食直前
by 小川誠治です at 2018/10/15(月) 07:36:59 No.20181015073326 コメント】  削除 引用
351 x 467 x 38,037バイト
No.1
349 x 278 x 46,747バイト
No.2

 昨夜は雲が多く、隙間から見えるかもしれないお月様を写すチャンスを狙っていました。
 オーロラ天文台からは、西空伸びているご近所の樹木にかかっています。まもなく樹木に隠れて、お月様はまったく見えなくなる、いわば「皆樹月食」いや「皆木月食」(笑)(こんな天文用語はもちろんありません)になりそうです。
 その直前にお月様をなんとか写すことが出来ました。(笑)

 データ復旧‥IBM‥ino    DELLデータ復旧・ino

中秋の名月
by 長井 at 2018/9/24(月) 22:37:12 No.20180924222736 コメント】  削除 引用
667 x 1000 x 277,446バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

こちらも雲が広がっていて時折見える程度でした。
うろこ雲越しの月を撮ろうと合わせているうちに朧月となってしまいました。
それにしても暑い月見です。

今夜の中秋の名月
by 小川誠治です at 2018/9/24(月) 21:02:45 No.20180924210014 コメント】  削除 引用
623 x 467 x 49,177バイト
No.1

 中秋の名月本番
  雲が空一面に広がっていましたが、30分くらい我慢して待ち続け、一瞬の晴れ間をついて、自宅前で今夜の中秋の名月を、ニコンA900で写してみました。すぐにまた曇ってしまいました。(笑)

野川こども文化センター観望会
by コジマ at 2018/9/4(火) 20:45:58 No.20180904203353 コメント】  削除 引用

9月1日(土)に川崎市野川こども文化センターで観望会を行う予定でしたが、くもり一時雨の天気で観望会は中止となり室内で天文の話やクイズを行いました。クイズで正解数が多い人には写真立て付きの天体写真がプレゼントされました。最後に参加者に望遠鏡の鏡筒を持ってもらいました。
野川こども文化センターのスタッフのみなさん、渋谷星の会の参加者のみなさん、ありがとうございました。

1.  小川です > 2018/9/5(水) 10:29:54
小島さんこ文や会内部での打ち合わせ、準備、室内開催と大変ご苦労さまでした!
「電燈的七夕」を祝いました
by 小川誠治です at 2018/8/18(土) 09:16:40 No.20180818091450 コメント】  削除 引用
467 x 623 x 159,702バイト
No.1

 昨日は太陰太陽暦による七夕で、伝統的七夕と呼ばれています。ワタシも昨夜、伝統的七夕ならぬ「電燈的七夕」をいたしました。「電球的七夕だろう」とか細かいことは言わないの!一人で、絶賛、バカ受け中です。(笑)




 参考:

質問3-10)伝統的七夕について教えて




太陰太陽暦にもとづく七夕を「伝統的七夕」と呼んでいます。

もともと七夕の行事は、7月7日といっても現在使われている暦ではなく、旧暦など太陰太陽暦の7月7日に行われていました。これは、月齢およそ6の月が南西の空に輝く夏の夜になります。現在の暦での7月7日は、たいてい梅雨のさなかで、なかなか星も見られません。そこで国立天文台では2001年から「伝統的七夕」の日を広く報じていくことにしました。

太陰太陽暦は、明治6年に現在の暦が採用されるよりも前の暦で、現在は公には使われていません。このため、伝統的七夕の日は、太陰太陽暦による7月7日に近い日として、以下のように定義します。

二十四節気の処暑(しょしょ=太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目が「伝統的七夕」の日です。

(国立天文台HPから)



快晴に恵まれ、70人以上が星を堪能
by 小川誠治です at 2018/8/5(日) 00:22:18 No.20180805001331 コメント】  削除 引用
623 x 467 x 80,039バイト
No.1
623 x 467 x 76,111バイト
No.2

623 x 467 x 165,429バイト
No.3


 今夜行われた、「夏の星空を楽しむつどい」は快晴に恵まれて70人以上のお客様にたっぷり星を楽しんでいただきました。今回は小さなお子様が多く、30人近くいました。

 会場からは樹木が伸びすぎて、一部の星が見えないと予測されるため、山内会長所有の18p反射赤道儀、川津さん所有の25p反射ドブソニアン、瀧澤さん所有の10p屈折赤道儀をばらして設置しました。木星の縞模様や土星の環、スピカなどが見えて大きな歓声が沸きました。

 当地から見えるかどうか心配していた火星も、会場の端から見え始め、瀧澤さんの望遠鏡を再々度移動して、皆さんに見ていただきました。
 今回は質問も老若男女からいただきました。「カシオペア座はいつ見えるのか」、「夏の大三角は見られるのか」(ちょうど空に見えてきたので、ご説明しました)、「あの星はなんという星か」(アルクツールスと答えました)、「火星を見たいが、見られるのか」などでした。

 大成功の観望会となりましたが、会員やボランティアの皆様、大変お疲れ様でした。

明日は、夏の星空を楽しむつどいです
by 小川誠治です at 2018/8/3(金) 13:21:44 No.20180803131235 コメント】  削除 引用
831 x 596 x 155,040バイト
No.1
441 x 609 x 76,066バイト
No.2

623 x 467 x 168,281バイト
No.3


 明日8月4日(土)19時前後(日没後)から、川崎市麻生区健康の森で「夏の星空を楽しむつどい」を開催いたしますので、ご案内します。

 空が暗く、大都会にしては星が良く見られることで知られる同区多摩美地区ですが、地元の皆様から、「本物の星空を見てみたい」との強いラブコールをいただいており、今年もこの場所で「夏の星空を楽しむつどい」を行います。主催は、オーロラ天文台と渋谷星の会です。そして、後援は、若葉町会や麻生多摩美の森の会、川崎・多摩美の山トラストの会の各団体さんです。また、多摩美地区の各町内会さんには、町内会さんの掲示板にもポスターを掲示していただくなど広報活動で全面的なご協力をいただいております。このイベントは、地域密着型のいわば星と緑のコラボレーションです。

   
 地域の皆様の絶大なご支援によりまして、2006年夏に始まったこのイベントも今年で13年目、夏冬を通じて22回となりました。また、ボランティアである、オーロラ天文台や渋谷星の会会員の皆さんの協力により数台望遠鏡を並べて、星を見る予定です。参加費は無料で、予約も不要ですので、どなた様でもお気軽にご参加願います。

 当日は空の状況にもよりますが、木星や土星や夏の星座や七夕の星であること座のベガ星、デネブ星、アルタイル星、などをお見せする予定です。会場の東南は多摩美の山があるため、火星は遅い時間に昇ってくるかもしれません。
 薄雲の場合は実施しますが、雨天の場合は中止です。

 皆様お待ちしております。
7/31最接近の火星
by 瀧澤 at 2018/8/2(木) 12:16:12 No.20180802121459 コメント】  削除 引用
550 x 385 x 3,516バイト
No.1

一応撮影しておきました。
記念記念です。

1.  小川です > 2018/8/3(金) 09:42:54
猛暑の中の撮影ご苦労様でした!
2018-7-29の土星
by 瀧澤 at 2018/7/30(月) 12:22:47 No.20180730122124 コメント】  削除 引用
960 x 720 x 50,770バイト
No.1

台風が去って晴れました。台風一過ですね。
でも、ゆらゆらでいまいちでした。

1.  小川 > 2018/7/30(月) 22:04:48
おー土星ですね、相変わらず素晴らしいです!
前回の火星大接近の思い出
by 小川誠治です at 2018/7/29(日) 08:20:34 No.20180729081745 コメント】  削除 引用
479 x 343 x 101,601バイト
No.1
507 x 357 x 123,319バイト
No.2

 以前発行されていた月刊『天文』2003(平成15)年11月号に前回の火星大接近の際の、各所での観望会の記事が掲載されていました。
 なんと、わがオーロラ天文台と渋谷星の会が8月23日に行った火星を見る会の件が大きく紹介されていました。「会員40名、一般参加者30名が参加ー」と書いてあります。国立科学博物館の観望会と同じ紙面の大きさで、しかもオーロラ天文台の方が上となっていて、当時びっくりして飛び上がった記憶があります。(笑)A記者さん有難うございます。

 データ復旧‥IBM‥ino    DELLデータ復旧・ino

ホームページへ 全 50 件 [ 1 2 3 4 5 ]

自然科学 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -