今日のアクセス数

渋谷星の会 写真掲示板

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

12月16日(日)の市民天文講演会
by 小川誠治です at 2018/11/29(木) 08:48:30 No.20181129084532 コメント】  削除 引用
445 x 625 x 183,953バイト
No.1

 12月16日(日)13時15分から川崎天文同好会主催、渋谷星の会協力の市民天文講演会が開催されます。会場は、かわさき宙(そら)と緑の科学館2階学習室で、講師は臼田ー佐藤ー功美子先生(国立天文台天文情報センター)です。テーマは「あなたも銀河の謎に挑戦〜すばる望遠鏡がとらえた銀河を分類しよう〜」です。
 この講演会は予約不要で、無料です。(プラネタリウムの観覧は有料です)皆様どうぞおいでください。
 講演会終了後、本会と川天の合同例会を行います。

 IBM¨データ復旧    データ復旧×DELL

速報:菅生こ文観望会に200人!
by 小川誠治です at 2018/11/17(土) 22:12:51 No.20181117220722 コメント】  削除 引用
497 x 312 x 147,526バイト
No.1
623 x 467 x 106,524バイト
No.2

467 x 351 x 52,992バイト
No.3


 川崎市菅生こども文化センターの観望会は快晴に恵まれて望遠鏡を設置し、18時30分からの開始に備えました。
 ところが、薄雲が出てきたので急きょ開始時間を早めました。寒くもなく、星も見えているので、こ文スタッフも驚く、想定外の約200名のお客様が2台の望遠鏡に殺到しました。とりあえずお月様をお見せしました。途中で雲が全天に広がってしまいましたが、しばらくすると天候が回復しました。少し晴れ間が覗いてきたので、月のほかに火星やベガなども見ていただきました。ある女性は月のデコボコを望遠鏡で見て、「きやー、ちょっとすごく良くみえんじゃないの、ひよー、ぎゃー◎△※ー」とか黄色い声で大興奮して、周りの人から笑いが漏れました。(笑)

 行列待ちの時には、子供たちが飽きないようにトナカイの帽子をかぶったNさんが「火星人です」と自己紹介すると、子供たちに大受けでした。(笑)

 終了後、同こ文の針山さん、丸山さんと、「観望会の日程を従来の8月下旬から11月に変更して、月が見えて良かった」と健闘を称えあいました。渋谷星の会会員、そして菅生こ文スタッフの皆様大変ご苦労様でした。

17日は菅生こども文化センター観望会
by 小川誠治です at 2018/11/16(金) 11:10:22 No.20181116110128 コメント】  削除 引用
508 x 381 x 81,688バイト
No.1
2081 x 812 x 197,957バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.2

 明日、11月17日(土)は川崎市宮前区菅生こども文化センターさんのご依頼によります、星を見るつどいを開催いたします。このイベントは 2007年8月25日(土)から10年以上続くものです。従来は8月下旬に開催していましたが、天候に恵まれず今年から11月開催で行うことになりました。会場は、お隣の川崎市鷲ヶ峰特別養護老人ホームさんの広い駐車場をお借りしています。
 参加費は無料で、どなた様でもご参加できます。
 写真は一昨年の時のものです。

新彗星発見で有名な、関勉さん
by 小川誠治です at 2018/11/14(水) 11:17:49 No.20181114111030 コメント】  削除 引用
428 x 332 x 85,623バイト
No.1
463 x 747 x 114,794バイト
No.2

750 x 429 x 114,087バイト
No.3
173 x 308 x 19,013バイト
No.4


 11月10日〜11日まで開催された、東亜天文学会の年会に新彗星の発見で有名な、関勉さんが出席されるというので、著書である『未知の星を求めて』を持参してサインをいただき、記念写真も写していただきました。なんと、1966(昭和41)年5月20日発行の初版本と同8月1日発行の再版本の2冊です。馬鹿ですね。(笑)しかも、同本の出版会から届いた「購入してね」の当時のご案内にもサインをしていただきました。きっと持っている人はいないでしょう。関さんから、「良くお持ちですね」とほめられました。(笑)11日の午後から、明石市立天文科学館で関勉さんの講演会もあり、話を伺ってきました。

 とりあえず自宅で見つけた関さんの他の著作は、『彗星とその観測』1968(昭和43)年8月25日(広瀬秀雄と共著)、『彗星ガイドブック』1976(昭和51)年5月20日、『彗星を求めて前編』1976(昭和51)年6月1日東亜天文学会彗星課、『新しい天体をみつけよう』、1984(昭和59)年7月27日、『宇宙の放浪者』1993(平成5)年1月20日関勉氏自家版、『ホウキ星が呼んでいる』1995(平成7)年2月1日東亜天文学会彗星課、の6冊でした。なお、写真の掲載は関さんの快諾をいただいています。
麻生多摩美の森の会さんの会報誌届く
by 小川誠治です at 2018/11/4(日) 21:37:48 No.20181104212825 コメント】  削除 引用
767 x 541 x 199,797バイト
No.1
448 x 641 x 168,628バイト
No.2

 夏冬の観望会等で大変お世話になっております、麻生多摩美の森の会さん(井上正樹会長)の会報誌、『麻生多摩美の森だより』第54号と11月18日(日)に開催される第17回植樹祭&収穫祭のご案内の資料が届きました。会報誌には、私が書いた8月4日の観望会の報告を掲載してくださいました。心から御礼申し上げます。
 同会のますますのご発展と本会との連携強化をお願いいたします。
 資料は次回の例会で披露させていただきます。
ダイヤモンド富士
by コジマ at 2018/10/31(水) 23:25:52 No.20181031232046 コメント】  削除 引用
900 x 600 x 94,295バイト
No.1
900 x 600 x 93,003バイト
No.2

900 x 600 x 102,212バイト
No.3


10月29日の夕方、近くの堤防からダイヤモンド富士を見ることができました。
月の出
by 小川誠治です at 2018/10/24(水) 18:35:08 No.20181024183311 コメント】  削除 引用
467 x 351 x 37,077バイト
No.1
467 x 351 x 42,839バイト
No.2

467 x 351 x 44,261バイト
No.3


 オーロラ天文台は低地のため東天に中々星月が昇ってきません。
 今夜は高台に移動して、多摩美のお山に顔を現したお月様をニコンA900で手持ち撮影してみました。黄土色に見えます。
 天文年鑑によりますと、25日1時45分が満月ですので、ほぼ満月に近いお月様かもしれませんね。
皆樹?月食直前
by 小川誠治です at 2018/10/15(月) 07:36:59 No.20181015073326 コメント】  削除 引用
351 x 467 x 38,037バイト
No.1
349 x 278 x 46,747バイト
No.2

 昨夜は雲が多く、隙間から見えるかもしれないお月様を写すチャンスを狙っていました。
 オーロラ天文台からは、西空伸びているご近所の樹木にかかっています。まもなく樹木に隠れて、お月様はまったく見えなくなる、いわば「皆樹月食」いや「皆木月食」(笑)(こんな天文用語はもちろんありません)になりそうです。
 その直前にお月様をなんとか写すことが出来ました。(笑)
中秋の名月
by 長井 at 2018/9/24(月) 22:37:12 No.20180924222736 コメント】  削除 引用
667 x 1000 x 277,446バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

こちらも雲が広がっていて時折見える程度でした。
うろこ雲越しの月を撮ろうと合わせているうちに朧月となってしまいました。
それにしても暑い月見です。

今夜の中秋の名月
by 小川誠治です at 2018/9/24(月) 21:02:45 No.20180924210014 コメント】  削除 引用
623 x 467 x 49,177バイト
No.1

 中秋の名月本番
  雲が空一面に広がっていましたが、30分くらい我慢して待ち続け、一瞬の晴れ間をついて、自宅前で今夜の中秋の名月を、ニコンA900で写してみました。すぐにまた曇ってしまいました。(笑)


 IBM¨データ復旧    データ復旧×DELL

ホームページへ 全 54 件 [ 1 2 3 4 5 6 ]

自然科学 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -