今日のアクセス数

翠嵐6期生憩いの広場

掲示板、6期生の広場への書き込みをお願いします。
ひきこもりはいけません、お出かけください,人とのコミュニケーションを大切に。
一歩外へ出て、一汗かくことがこれからの幸せにつながります、恥ずかしさは捨ててチャレンジしてみてください。
写真がありましたら添付してください。題名と投稿者名もお願いします。
アンチエージングに挑戦!

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

『明治天皇』を読む(24)
by かおる at 2020/1/18(土) 11:44:26 No.20200118105656 コメント】  削除 引用

[日清戦争について世論はどうだったのか] 明治27年8/1、日本は清国に宣戦布告した。天皇は宣戦の詔書を発した。日本人の間に強烈な

戦争熱が嵩じた。秀吉の朝鮮出兵以来3百年、日本の軍隊が海外で初めて外国人と一戦を交えたこの戦争は世界で日本の新たな地位の確認で

もあった。福沢諭吉はある論文で清国との戦争は不可欠だと述べている。清国の朝鮮干渉は文明の普及を妨げる暴挙と云い日清両国間の争い

とは言え、実は世界文明のための戦いだと書いている。内村鑑三(札幌農学校2期生、思想家)はこの年の8月朝鮮戦争の正当性と題する英語

の論文を発表した。内村はこの度日清間で火ぶたを切った朝鮮戦争は正義の戦争であると信じていた。西洋の歴史に見る様に、進歩が東洋を

支配するようなるか、それとも、かってのペルシャ帝国やカルタゴやスペイン、それに満州人帝国(これが史上最後であることを望む)が

助長してきた退歩が東洋を永遠に牛耳ることになるのか。日本の勝利が意味するものは地球上のこちら側に住む6億の民衆にとって政治の

自由であり、宗教の自由であり、教育の自由であり、商業の自由なのだと論じた。更に日本は進歩の擁護者である。その不倶戴天の敵である

清国(救いがたく進歩を嫌うもの)を除いて、日本の勝利を望まないものがあろうか、と断じた。
明治天皇を読む(23)
by かおる at 2020/1/11(土) 13:58:35 No.20200111130754 コメント】  削除 引用

[日清戦争はこうして始まった ]中東でアメリカとイランが互いにロケット攻撃を始めたとニュースが報じている。126年前、日本と清国は

朝鮮で砲火を交わし戦争が始まった。李鴻章はロシアに調停を依頼し、ロシアは喜んで調停を引き受けた。朝鮮に対するロシアの関心は結氷

しない良港を朝鮮半島か中国遼東半島に得ることにあった。このロシアの思惑は今後この地域の状況の進展の重要な要素となった。日本は

ロシアの調停に謝意を表し、事情が許し次第速やかに半島から軍隊を撤去すると明言した。7/23日払暁日本軍はソウルに進入した。王宮に

接近すると朝鮮兵が突然発砲した。日本軍は応戦し、王城内に突入し朝鮮兵を駆逐し王宮の守備に就いた。大院君は大鳥を引見し、国政改革

を大鳥公使と協議して実施すると約束し、清韓条約の破棄を宣言した。日清間の最初の衝突はまだ宣戦布告前の7/25日に起きた。日本

の連合艦隊第一遊撃隊が牙山に向かって南下する二隻の清国軍艦と遭遇した。清国軍艦は日本の将旗に礼砲を発しなかったばかりか戦闘配備

についた。双方の艦隊が約3千メートルの距離に接近したとき清国巡洋艦済遠が発砲した。日本側は浪速他2艦が応戦した。約一時間続いた

戦闘後済遠はひどく損傷を受け逃走した。清国砲艦広乙は座礁し放棄された。新たに別の二隻が近づいてきた。清国軍艦操江と牙山に向かう

清国兵千余人を輸送する英国商船だった。引き続き行われた戦闘中に操江は白旗を掲げ降伏した。浪速艦長東郷平八郎は商船に抜錨随航を命

じた。商船はこれを無視し撃沈された。英国人船長以下3名を救助し、清国人乗組員と千余人の兵隊は溺れるにまかされた。最初の陸戦は

7/29日に起きた。陸軍少将大島義昌率いる混成旅団は成歓で清国軍と遭遇し敵を壊滅させ牙山を占領した。

都庁からの富士
by doka at 2020/1/3(金) 10:46:56 No.20200103103230 コメント】  削除 引用
320 x 240 x 7,891バイト
No.1

新年お目立とうございます。

東京都庁の高層階に富士山に向けたカメラの写真が常時ホームページから覗けます。

晴れた日はこのページに雲がなく富士や丹沢がくっきり写っていると東白楽の孝道山の肩付近にある聖地に出かけて行っております。

雪の北岳も望めるパワースポットです。

昨日は先輩の牧野さんがここに出かけて行ったとメメールを受けました。

時間を見たら6時40分、日の出の時間でした。

『明治天皇』を読む(22)
by かおる at 2019/12/31(火) 23:52:35 No.20191231225434 コメント】  削除 引用

[斯くして日清戦争に至った] 清国軍艦と砲火を交えるのはもう少し後になるが開戦直前の朝鮮との外交、日本国内の様子はどんなだったの

だろうか。明治27年6月26日特命全権大使に任じられた大鳥圭介は朝鮮国王に謁見し、内政改革の必要性を説いた。更に28日には清国の勢力

を打破しない限り朝鮮の改革は望めないという見地から政府当局者に次のように詰問した。朝鮮は果たして独立国なのかそれとも清国の属邦

なのか、と。朝鮮政府はこの詰問に窮したがついに朝鮮政府は朝鮮が独立国であることを言明した。大鳥は国王に朝鮮の行政、財政、法律、

兵備、教育の内政改革案を提言した。朝鮮政府はいまだに守旧派の事大党の勢力が強く、清国を畏怖し、改革を嫌っていた。朝鮮国王は積年

の悪政を悔い内乱の継起を悼みその責任は自分の不徳と官吏の無能にあるとした。更に改革委員を任じ日本公使と協議するよう命じた。一方

日本国内で元老たちは清国との開戦支持を表明した。伯爵松方正義は清国の傲慢は日に日に募り朝鮮もまた無礼な言行をほしいままにしてい

る。然るに日本の政府は逡巡躊躇し、まさに機を失わんとしている。世論も一致して戦争を支持している、と。首相の伊藤は開戦の理由が未

だなお不十分だった。伊藤は天皇が開戦に乗り気でないことを知っていた。天皇は日清間の戦争が第三国の介入の機会を与えるのではないか

と危惧していた。
とんがりの系譜 20 (総集編)
by どか at 2019/12/27(金) 18:50:29 No.20191227184422 コメント】  削除 引用

年末が迫っている。

今年の7月から途絶えているこの稿がいよいよ気になってきた。

思い切って決着をつけていかねば。


ロッヂ建設については前回の第3棟ですべてが終わった。

これを維持するメンテナンスの仕事だけが残った。

チョウさんは寂しそうだった。

まだ、露天ぶろを作ろうと依然前向きな姿勢に変わりはなかったが。

70歳を目前にしていつまでも続けられないと私はここを去ることにした。

おじさん達の夢を実現させた強力なエネルギーも今や過去のものとなりつつある。

淋しいことではあるが。 
         
しかしロッヂは次の世代の人たち翠嵐の山岳部後輩たちが立派に引き継いでくれている。     
      (完)


『明治天皇』を読む(21)
by かおる at 2019/12/22(日) 21:11:11 No.20191222201227 コメント】  削除 引用

[朝鮮の内乱鎮圧のため日清両国が出兵] 明治27年(1894)6月7日に日本政府は「朝鮮に若干の軍隊を派遣することを天津条約の規定に

従って行分知照する、と清国政府に通告した。1885年の甲申政変の後日清間で締結した天津条約には将来朝鮮に出兵する場合はお互いに通告

することが決められていた。これに対して清国は朝鮮の要請により内乱鎮圧のため援軍を派遣したことは属邦保護の慣例によるものであると

主張した。属邦の二文字を日本側は黙って見過ごすわけにはいかなかった。陸奥外相は「わが政府は未だかって朝鮮をもって清国の属邦と認

めたることなく」と応じている。日本の海兵300余りと陸兵一大隊がソウルに着いた。その間すでに東学党は勢いを挫かれソウルに進出でき

なかった。6月11日陸軍少将大島義昌率いる混成旅団が宇品港を出発し仁川に向かった。6月15日現在東学党の乱は鎮圧されたかのように見

えた。しかし日清両軍は半島から撤兵する気配すら見せなかった。この重大な局面に首相伊藤博文は日清両国が協力して速やかに乱徒を鎮圧

し各々常設委員若干名を派遣し朝鮮の財政,兵備を改革すべきである。と提案したが清国は受け付けなかった。外相陸奥は清国に次のように

告げた。日本は朝鮮から軍隊を撤去しない、今日の朝鮮の惨状を黙って傍観し手を差し延べないことは隣邦の友諠に悖るばかりではない。

我が国の自衛のためにも相反する、と。


景山のゴスペル
by どか at 2019/12/7(土) 21:53:52 No.20191207214921 コメント】  削除 引用
640 x 480 x 222,177バイト
No.1
640 x 480 x 171,557バイト
No.2

景山ごーじ君を同期生ならご存じと思う。

かっては一橋の山岳部で、とんがりでも大いに活躍していた。

カラオケに夢中になってたと思っていたら、ゴスペルチームにいつの間にか潜り込んでいた。

ゴスペルクリスマスコンサートに出演することになったとのことで2千円のチケットを買って聴きに行ってきた。

会場は満席に近かったが何となく落ち着かない、周囲は子供ずれや若い人、世代の差を意識してしまう。

「4歳から80代まで一緒に楽しめるのがゴスペルです」説明があったが何やら場違い感が。

音楽はジャズ調で陽気だ、こんな中で歌ってる幸せ者の景さん、このチームに違和感なくすっかり溶け込んでしまってる。うらやましい限りだ。

同期で最後に残るのはこんな男だ、こんな気持ちで帰ってきた。



『明治天皇』を読む(20)
by かおる at 2019/11/23(土) 14:23:46 No.20191123131507 コメント】  削除 引用

[「第四十四章清国に対し戦を宣す」を読むと日清戦争勃発に至る経緯が書いてあった。日本が朝鮮を重要視していたように清国も朝鮮を重要

視していた。11/10読売夕刊にこんな記事があった。山県有朋が、首相当時の明治23年(1890)に閣僚に示した意見書。「外交政略論」

で国家の独立を守るためには主権線だけでなく、利益線を防護する必要があり、日本の利益線は朝鮮にあると説く。これを読んだとき日朝間の

ことが合点した] 陸奥宗光の日清戦争の記録「蹇蹇録」には当初、東学党は政府を転覆させるほど強力でないとみていた。しかし、東学党

がソウルに接近すると朝鮮政府は動揺し、袁世凱に反乱鎮圧のための援兵を要請した。外務大臣陸奥は日清両国間の権力の均衡を維持するため

朝鮮に相当数の軍隊を出兵することを提案した。首相伊藤は、天皇に上裁を仰いだところ「今般、朝鮮国内に内乱蜂起し、其勢猖獗なり、依っ

て、同国寄留我国民保護のため、兵隊を派遣せんとす」と勅語を賜った。一方清国は、朝鮮国王の要請により東学党の乱鎮圧のため朝鮮に若干

の軍隊を派遣した、と。陸奥によれば、日本駐箚公使汪鳳藻は「わが官民争執、日を逐いて激しきを見て日本はとうてい他国に事をなす余力な

かるべし」と妄断していた。清国がこの印象を得たのは日本の議会が際限のない激論のためだった。首相の伊藤は個人及び内閣に対する絶え間

ない攻撃に業を煮やし、憲法実施以来5年が経過したというのに国家前途の大計はなお「亡羊の歎」を免れない。と各政党の政府攻撃を嘆い

ていた。



『明治天皇』を読む(19)
by かおる at 2019/11/15(金) 20:27:53 No.20191115194120 コメント】  削除 引用

[東学党の一斉蜂起に日本公使館も襲撃に備える] 金玉均の遺体は朝鮮に送還された。朝鮮政府は金の死体を頭と両手両足を切断し「謀叛大

逆不道罪人玉均」と記した幟と一緒に杭から吊るした。金の家族も処刑され刺客洪鐘宇は英雄として歓迎された。日本人は金玉均の暗殺に

激怒した。清国が事件に一枚嚙んでいたため清国人に対する憎悪を募らせる結果になった。福沢は朝鮮が恥ずべき死体の切断の刑を断行した

ことを非難した。この年、明治27年4〜5月朝鮮の各地で東学党と呼ばれる宗教団体が起こした反乱が一斉蜂起した。東学運動の主唱者崔

済愚は西洋の影響を排除し朝鮮土着の教義の復活を信徒に呼び掛けた。崔の教義は儒教、仏教、道教を折衷したもので、崔の目ざす敵は

キリスト教だった。政府は農民が東学運動に扇動され反乱を起こすことを恐れた。布教の禁止にも拘らず東学党の信徒の数は増えるばかりだ

った。明治26年(1893)までに朝鮮半島の南半分は東学党一色に塗りつぶされた。東学党の外国人排斥運動はもともとヨーロッパ人だけが

対象だったが日本人も含まれることになった。農民たちはヨーロッパ人については漠然とした印象しか抱いていなかったが、日本の商人につ

いては誰もが個人的体験を持っていた。日本人商人は彼らの米や麦を買い占め彼に高利で金を貸し付けていた。東学信徒は各国公使館を襲っ

た。清国は軍艦2隻を仁川に急行させた。日本公使館は信徒の襲撃に備え日本刀で武装して臨戦態勢をとった。
『明治天皇』を読む(18)
by かおる at 2019/11/5(火) 16:05:58 No.20191105152442 コメント】  削除 引用

[福沢の脱亜論と金玉均の暗殺] 明治27年3月朝鮮の政治運動家金玉均が上海で暗殺された。この金は甲申事変以前日本に住んでいて

福沢諭吉と親しくなった。福沢は朝鮮の開化派を支持し日本は朝鮮、清国の近代化運動を主導すべきだと考えていた。しかし、改革派が政変

に失敗したので明治18年に有名な「脱亜論」を発表した。その中で福沢は「我が国は隣国の開明を待ってともに亜細亜を興す猶予あるべか

らず」寧ろ其伍を脱して西洋の文明国と進退をともにせざるを得ないと主張した。明治17年に金は8人の朝鮮人と共に日本に亡命していた。

いずれも開化派の同志で朝鮮は日本の近代化の成功を例に倣うべきであると考え日本人の姓名を名乗り洋服を着用してた。明治18年朝鮮

政府は金を引き渡すよう要請したが日本が拒否すると朝鮮政府は刺客を送り込んだ。外務大臣井上馨は朝鮮政府に書簡で刺客の召還を要請、

代りに金を国外に追放すると約束した。その後、金は多くの日本人の支援で小笠原父島や北海道に幽閉されていた。明治27年、金は朝鮮

開化運動に対する日本政府の支援を断念し李鴻章と会うために上海に向かった。金は西洋列強の侵略を阻止するために東アジア三国が提携す

るという彼の計画を説明しに暗殺の危険を承知で出かけた。

ホームページへ 全 54 件 [ 1 2 3 4 5 6 ]

団体 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -