今日のアクセス数

翠嵐6期生憩いの広場

掲示板、6期生の広場への書き込みをお願いします。
ひきこもりはいけません、お出かけください,人とのコミュニケーションを大切に。
一歩外へ出て、一汗かくことがこれからの幸せにつながります、恥ずかしさは捨ててチャレンジしてみてください。
写真がありましたら添付してください。題名と投稿者名もお願いします。
アンチエージングに挑戦!

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

『大破局』を読む(2)
by かおる at 2020/9/1(火) 15:03:39 No.20200901135444 コメント】  削除 引用

350頁も読んだが結局のところデリバティブの仕組みは理解出来なかった。最後の「訳者あとがき」で落ち着くことが出来た。

この時代の最先端を行くビジネスに従事する銀行員は秀才ぞろいで成績が良ければ二十歳そこそこの若さででも100万ドル(1億円)前後を稼ぐ

しかし著者はやがて、モルガン・スタンレーをはじめとする投資銀行が創り、売り、途方もない利益を上げているデリバティブの多くが本来の

機能とされる危険の回避やリスク減少と関係のないただの賭博に過ぎず、買い手の無知に付け込むものであり投資銀行は利益のために客に損を

させ多くの犠牲者を出すことを全く意に介しないばかりか、大損をして必死になった犠牲者をさらに食い物にすることで徹底的に暴利を貪るの

を当然としていることに気づき、ハイエナのような投資銀行の商法に疑問を抱くようになって銀行を退職した。デリバティブは日本では「派生

商品」「派生商品取引」などと訳されている。そう言われても殆んどなんだか分からないが、分からなくてもこの本は楽しめるし、読むうちに

何となく分かってくる。(翻訳者のくせに無責任だと呆れてしまう)正直いくら読んもデリバティブの仕組みはよく分からない。それでいて年

に何億円ものボーナスをもらったりし、客をすってんてんにすることを楽しみに思っている人がいる。大和銀行の井口俊英が11億ドルもの損失

を出して米国の刑務所で服役しているが、大和や住友商事だけでなく他の多くの日本の銀行や商社などが巨額の不良債権や損失を隠そうとして

モルガン・スタンレーなどの協力でデリバティブによるインスタントな利益を作り出し、帳簿操作をしてきたこともこの本に書いてある。一時

の責任逃れのためなら、国も会社も売る日本の銀行や商社の人は自分の責任を一時的に糊塗するのに懸命で、どれほど甘い汁を吸われているか

も見抜けないし、意に介しない。それを監督する役所も何も知らない。本書によれば、デリバティブ取引の規模は、株式市場も、世界の大国の

予算もその前では真っ青の55兆ドル(1996年)だそうで、それなしには現代市場経済は機能しないが、その実態については、政府も政治家も

ジャーナリズムも殆んど無知でそれが投資銀行や投機ファンドなどにいいように付け込まれる原因ともなっている。読んでいるうちに寒気が

してきた。この「訳者あとがき」は1996年に書かれたもので既に20年以上の昔であることが救いであった。

 HDD¶認識しない¶ino ○広告セット2-1    データ復旧、DELL、ino ○広告セット2-2

『大破局(フィアスコ)』を読む(1)
by かおる at 2020/8/28(金) 11:04:56 No.20200828091727 コメント】  削除 引用
1152 x 648 x 183,692バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

米国の金融機関がデリバティブで日本の企業をカモにしたかはモルガン・スタンレーで活躍したF・パートノイ

の『大破局(フィアスコ)』徳間書店に詳しく書かれています。・・・・そこで『大破局(フィアスコ)』を探

したが1993年2月の発行で書店にはなくアマゾンで購入した。


「日本マネーをむしり取れ」随分過激な表題だ『大破局(フィアスコ)』はこんな調子で書いている。1995年2

月に英国の名門銀行ベアリングズが倒産した。わずか数日間で28歳のニコラス・リーソンというシンガポール支

店のトレーダーがベアリングズ社がとても払えない巨額の損失を出してしまった。リーソンはシンガポール支店

で先物取引部門の責任者になり、主に日本の国債と日経平均のデリバティブ取引で1000万ポンド以上ベアリングズ銀行の利益の1割を稼ぎ出

すほどだった。ところが1995年1月17日阪神淡路大震災で日本市場が暴落した時、リーソンは1日で5000万ポンドの損失を出し、損失を一気

に取り返そうと賭けに出たが思惑は外れ、2月24日辞表を出しボルネオに逃げた。損失は約8.6億ポンド(約1380億円)に上った。

ベアリングズの損失に直面している貸し手は日本人だった。ベアリングズの倒産は大規模だったので、東京株式市場の暴落を引き起こした。

さらに日本の銀行もベアリングズに貸していたローンのため大損失に直面した。銀行は損失を早急に埋め合わせるためか、それを隠すために

デリバティブを買いにかかった。日本の機関投資家は数週間の間に何億ドルもの利益を生み出せる金融商品を必要としていた。彼らは差し迫

った年度末を懸念してモルガン・スタンレーにどうすれば損失を隠すために何か手っ取り早い利益を生み出せるかと訊いた。日本の会計基準

は緩やかで、日本の銀行やトラスト会社は、人為的な利益を示す取引を創り出せることが出来れば、損失を何年も何十年も隠し通せることが

出来る。(p290〜293から要約)

『国家の品格』を読む(3)
by かおる at 2020/8/20(木) 16:58:02 No.20200820145357 コメント】  削除 引用

最近物言う株主ということを耳にします。「会社は株主のもの」という論理は恐るべきことです。会社はそこで働く従業員のもので、株主はそこの

関係者の一つくらいの存在でしかない。株主によっては1週間とか1ヶ月とか1年とかの短期間で株を売り買いします。多くの株主は株の値上がりだけ

を狙っていて、その会社に何の愛情も持たない人々です。一方多くの日本企業の従業員はその会社で長く働き、いつも会社のことを考えて一生懸命

やっています。「会社は株主のもの」は恐ろしい論理です。「法に触れないなら何をやってもいい」と財力に任せてメディア買収を試みた人がいま

すが・・ここまで読んだときあの人の話だと気がつきました。株の取得競争くらいと見ていたことを想い出します◆もっと怖い話を読みました。

デリバティブの恐怖です。資本主義が一歩進んで市場原理主義の申し子とも言える金融派生商品(デリバティブ)の存在です。最近これが投機目的

で行われるようになりました。例えば、Aさんは現在1000円のB社の株が3カ月後には値上がりすると思っているとします。Aさんは300万円しか現

金を持っていませんが、デリバティブを用いると、その300万円を証拠金として出すだけで、3カ月後にB社の株を現在と同じ1000円で10万株買う

権利を買うことが出来ます。たった300万円の証拠金で10億円の株を買う権利を買ったのです。もし株が上がり1500円になったとすると、Aさんは

時価1億5千万円の株を1億円で買えるから4700万円儲かる。値下がりした場合、Aさんは権利を使わないで証拠金300万円を損するだけで済みます

◆デリバティブには僅かな元手で億単位の損得が生ずる可能性があります。このおかげで、1995年に英国の名門銀行ベアリングズが28歳のトレーダー

によるデリバティブの大損で倒産しました。彼は2兆円の相場を張り7000億円の損出を出した。1998年にはLTCM,2001年にはエンロン(米)がデリ

バティブにより破綻した。

コロナを生きる(完) これから
by どか at 2020/8/16(日) 14:05:12 No.20200816140130 コメント】  削除 引用

そんなこんなでここ8月までが過ぎた。

さて、長丁場となるこれからについても考えてみた。

いずれにしても中身が見えない「新しい生活様式」に切り替えるしかなさそう。

酒を酌み交わし密になって育った世代としては切り替えが大きいが、もうそんな歳でもない。

昔を懐かしがっていても始まらない。
 
なにがあるのか、みえないなあ。


いまパソコンメンバーとの交流はオンラインを通じての雑談会のみになっている。

TVでは百名山とベイスターの野球観戦くらいか。

映像が一つのキーワードになるのかなあ。視力低下による読書からの避難場所として。

考えてみよう。

『国家の品格』を読む(2)
by かおる at 2020/8/9(日) 16:26:58 No.20200809152828 コメント】  削除 引用

現代の荒廃の原因は私(著者藤原正彦)の考えでは、西欧的な論理、近代的合理精神の破綻に他なりません。現代文明の礎として論理とか合理が重要

であることは言うまでもありませんが、人間はそれだけではやっていけないということが明らかになってきたのが現在ではないでしょうか◆帝国主義

の時代がありました。1900年の時点で英国で「帝国主義が悪い」と思った人は殆どいなかった。帝国主義や植民地主義にはちゃんとした論理が通って

います。「お前たちは劣等な民族である。劣等な民族は自ら自分の国を治められない、そのままにしておいたら殺し合いや伝染病がはびこり、飢餓で

死人も出てくるだろう。だから劣等な民族のために優等な民族である英国人が統治してあげる」本当に親切な論理が通っているのです。論理がちゃん

と通っていれば、後で見ればいかに非道に思えることでもなぜか人間はそれを受け入れてしまうのです。◆1919年第一次大戦が終わった後に、パリで

講和会議が開催され国際連盟の規約が決められました。その規約の「委任統治」の箇所に自ら統治できない人々のために彼らに変わって統治をしてあ

げることは「文明の神聖なる使命」であることが書いてあります。こういう論理により,イラク、ヨルダン、パレスチナは英国の、シリア、レバノン

は仏国の委任統治領となったのです。日本も独国の領地だったマーシャル諸島、カロリン諸島など南洋の島々を委任統治領としました。◆現在世界を

覆いつくしつつある「競争社会」とか「実力主義」も同じようなものです。競争主義や実力主義は組織の繁栄のためには良いかもしれません。しかし

実力主義が本当に徹底したらどうなるでしょうか。例えば同僚は全員ライバルになります。ベテランは新入りにノウハウを絶対に教えなくなる、教え

たら最後自分が追い落とされてしまいます。いつも敵に囲まれているような不安定な心境で生きていく社会になっていきます。
『国家の品格』を読む(1)
by かおる at 2020/8/6(木) 11:19:41 No.20200806095755 コメント】  削除 引用
1100 x 1466 x 435,627バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

読書をするといろいろショックを受ける。自分の無知に驚いたり、これまでの認識を改めさせられたりする。

この本「国家の品格」は一番大きなショックを受けた。目次にこんな項目がある。・自由、平等、民主主義を疑

う ・「論理」だけでは世界が破綻する ・「武士道精神」の復活を・・・・ずいぶん難しそうな項目である。

◆いま日本は荒廃しているとよく言われるが世界中の先進国は似たような状況でです。例えば核兵器を考えてみ

ましょう。世の中で核兵器が好きな人は一人もいません。それなのに、今では北朝鮮のような途上国ですら

持っています。これからもどんどん持つ国が増えるでしょう。「なぜなら外交上、核兵器を持った方が確実に

得するから、米や露などの核保有国がいくら核の拡散は人類の平和に対する脅威だから止めろ」と云ったところで迫力はありません。米は

北朝鮮に「核は持つな」と云っていますが自分たちは地球上の人類を何十回も殺せるような核兵器を持っていて「お前たちは止めろ」と云っ

ても云うことを聞くわけがないのです。「俺は理性を持っているからよいが、お前はならず者で何をするかわからないからダメだ」と云う

ことだからです。核兵器保有が国益上有利になるのは現在の北朝鮮を見てもわかります。核カードだけであらゆる援助を引き出そうとしてい

る。米でさえ核保有国を攻撃したことはなく、ごね得が成立するのです。誰もが憎んでいる核兵器がどんどん拡散していくわけです。◆環境

破壊だって同じで、わざわざ環境を壊したい人は誰もいません。しかし、世界中で着実に環境が破壊されています。犯罪、家庭崩壊、教育

崩壊などすべての人が憎みながら広がっています。この原因は一体何なんだろうか?
コロナを生きるC 読書
by どか at 2020/8/1(土) 22:04:18 No.20200801220130 コメント】  削除 引用

思えば今日までよく生きてこられたものだ、運に恵まれて来たんだ。
それに自分なりの人生を歩めたことは誰に感謝すべきなのだろう。
兵隊にとられる心配もなく。

読書は図書館利用と決めていたのが、その図書館も本屋も閉鎖された。
楽天を通じて「五味川純平の人間の条件」3冊を初めてwebで買った。
暗い戦争の話だが少し時代がずれていたらと思い生きているうちに読んでおこうと決めていた本だ。
しかしもう眼はショボショボ、そのうちに字がボーとしてくる。
3か月かかって読み終えた。


コロナを生きるB ダンシャリ
by どか at 2020/7/28(火) 15:09:06 No.20200728150701 コメント】  削除 引用

自粛が要請されたこの4月、最初に手掛けたのが写真の整理であった。
海外旅行や子供の結婚式等しっかりアルバムに整理されているが、集めだしたらその他の写真がアチコチから大量に出てきた。
私たちがいなくなったら子供たちも人の写真の整理なんてやりにくいだろうと考え徹底的に捨てて身軽にしたのだが、年寄り二人でモタモタ3ケ月かかってしまった。
そうこうしているうちには、これからこんなものは使わないのではないかと思われる家具やモロモロが目につき大型ゴミに出したり身辺整理となっていった。
ばらばらに集められた災害用品も期限切れとなっており再整備したりしたが災害時にこんなものをもって避難なんてできるのだろうか?
まあ、こうしてとりあえず4月から今日までがうち過ぎた。

コロナを生きるA ミニトマト栽培
by どか at 2020/7/16(木) 13:45:58 No.20200716134303 コメント】  削除 引用
600 x 800 x 234,824バイト
No.1

4月にはいり外出自粛モード、何か家にいて楽しめるものはないか考え付いたのがトマト栽培。
サカタノタネに行ってみたらここも休業、やっと開店日に苗や肥料を整えた。
狭い玄関わきに日当たりのいい場所を確保しプランター農業をスタート。
2本のミニトマトは.順調に育ちみをつけはじめた。
6月も後半になると赤いトマトの収穫、毎日見ているとこれがなかなか見飽きないほど楽しい。
ただ、もとは取れない。スーパーで買ったほうがどんなに安上がりか思い知らされる。

コロナを生きる@ ひとりウヲーキング
by どか at 2020/7/11(土) 16:39:39 No.20200711163449 コメント】  削除 引用
640 x 480 x 248,063バイト
No.1
640 x 480 x 234,189バイト
No.2

こんな世の中になるんだったら早くいってしまっておくべきだったがもう遅い。
ほそぼそ営んでいたボランテイアのパソコン相談も、ウヲーキング会もすべて3月以来活動中断のままだ。
そこでやむなく一人ウヲーキングを始めた。
自宅からのウヲーキングコースとなると、一方は繁華街の横浜西口、あとは東神奈川方面と六角橋のいずれも人ごみの多い地区で唯一三ツ沢方面が空いていた。
せせらぎ緑道経由の豊顕寺往復で6000歩、翠嵐・三ツ沢公園・豊顕寺一周で9000歩。
この頃は日傘にもなる長傘をステッキ代わりに持参してる。
近頃トイレが近くなってお寺の境内にあるトイレは都度お世話になっている。
老人にやさしい施設だ。

写真左 翠嵐通用門、石段も昔のまま? 写真右 正門には名門校らしく化学甲子園優勝とかばかり、スポーツ関係は見当たらない。(本日撮影)



1.  どか > 2020/7/14(火) 13:50:49
朝6時過ぎ、表へ出たら一年先輩の牧野クマサンが通った。二本榎から丘伝いにガーデン山周りの散歩中とのこと。医者から歩きすぎをとがめられて7000歩にしているとのこと。タフな先輩だ。肺がんはどおしたのだろう。

 HDD¶認識しない¶ino ○広告セット2-1    データ復旧、DELL、ino ○広告セット2-2

ホームページへ 全 47 件 [ 1 2 3 4 5 ]

団体 | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -