今日のアクセス数

Wolf's電脳掲示板

Wolfの仲間集まれ!

ページ 1 (1〜10)ホームページへ戻る

突然の閃き!!
by tetsu at 2022/5/16(月) 16:00:59 No.20220516153237 コメント】  削除 引用
1024 x 575 x 51,072バイト
No.1
1024 x 575 x 50,106バイト
No.2

1024 x 575 x 51,117バイト
No.3
1024 x 575 x 49,405バイト
No.4


昨日は半日テスト走行を繰り返しても結果を出せずに凹みました
今日は雨のために現場は休みで時間ができましたので少しだけ・・・汗

今まで何も疑わずにジェットの交換の際にも気にもしなかった部分
ジェットニードルは確か随分前に濃すぎて打つ手がなくなった際に
岸田のセット品から最も軸径の太いものに替えていたようです
(本人は全く記憶なし)

左が太い方、右が最も細い方です
上から見ても明らかに太さが違っていますね
三枚目と四枚目はアルミ色の方が元々の純正品です
やはり真鍮色の方が太く見えます

これじゃあガソリンが薄くなる訳です
最も細い方で少しだけエンジンを掛けたら後ろは煙幕!!
着目点は間違えていなかったようです

140-30  1と3/4戻し クリップは3段目  ニードルは純正品
次の日曜日はこれで行きましょう♪

1.  MH生 > 2022/5/16(月) 21:46:55
tetsuさま、
泥沼での奮闘のご様子、感服しております。
C65の時、やっと、K社からC65の初期型キャブのの燃調セットが発売されたので、喜んで取り寄せました。ところが、どうしてか、届いたキットのパーツは、私の手元のキャブには合っていません。ご丁寧に何個も何段階にもセットになっているのに、そもそも合わない。私の手元のC65は初期型でキャブもそのはずだのに・・。
結局、あきらめてパッキンを切り出して、オリジナルのパーツを磨き直して使い続けることになりました。
どうして、合わなかったのかな? 今でも分かりません。
2.  tetsu > 2022/5/16(月) 22:03:08
MH生さん
私もCS90の時に同じ目に逢いました
C65も初期型と後期型に分かれていて、全く別物になっていたと思います
ホンダは細部の変更が多いので社外を買うときは賭けですね

 ハードディスクが読み込まない時に注意したい事と復旧する方法    Macのデータ復旧・自分でできる復元方法やバックアップ対策を紹介!

多分使えるコンディションになりました
by tetsu at 2022/5/13(金) 10:10:10 No.20220513100705 コメント】  削除 引用
1024 x 575 x 50,985バイト
No.1
1024 x 575 x 50,362バイト
No.2

1024 x 575 x 50,964バイト
No.3


いつかはやろうと思っていたことでしたが、今週は時間が取れたので
時間をかけて一気に仕上げてみました

こうして見るとRDのキャブが左2 右1 部品取り右1と圧倒的に多いです
表面の風化が著しいRXのキャブは左右1組あります
内部は意外と綺麗ですので頼もしいスペアとなります
フロートバルブは綿棒にコンパウンドをつけて内部を磨きます

キャブの整備は奥が深い・・・特に頑固な目詰まりはキャブクリ一晩でもびくともしません
油面だって今まではタプタプに入っていれば大丈夫だろう
程度の認識でした

これらに加えてeBAYからRD用が更に1台分届く予定です
どうやら私はよくわからない構造のパーツについては中古のスペアをストックする癖があります
最たるものがエンジンです 汗
メカに長けた人なら1台分の個体を丹念に必要なパーツを交換しながら
きっちりと仕上げていくのでしょうね
そう考えると中古部品ばかりストックする私のやり方は
ゴミ屋敷街道まっしぐらなのかも知れません

ま、バイクに乗れなくなる日が近づいたらゴッソリ処分して終活します 笑

本来の油面高さ
by tetsu at 2022/5/11(水) 20:29:09 No.20220511201551 コメント】  削除 引用
1024 x 576 x 49,774バイト
No.1

今まではこれより5ミリほど下でした
本来は合わせ目から3〜3.5ミリ±1.5ミリらしいです

多分こんな感じでしょう

1つ発見しました
不調だった左には目詰まりが取れていない穴がありました
その前のキャブは同じフロートアームを使用していましたので
これで好転する可能性が出てきました
スペアキャブもいつでも使えるように
by tetsu at 2022/5/11(水) 18:58:38 No.20220511182705 コメント】  削除 引用
1024 x 575 x 50,882バイト
No.1
1024 x 575 x 50,242バイト
No.2

969 x 545 x 50,675バイト
No.3
969 x 545 x 51,051バイト
No.4


RXのキャブが左右1組、RDの黒キャブは1組と右1個
丁寧にクリーニングして本気で仕上げれば使えるものばかりです
今後ジェットの交換等で1時間かけなくてもキャブごと交換すれば
作業時間も大幅に短縮できます

勿論個体差もありますので基本的に目詰まりなどが無い
ベーシックなコンディションに仕上げて保管しておこうと思います

ついでに実油面も調整してみました
規定では合わせ目から3〜3.5ミリ下らしいのですが
4ミリ下がったところに来ました
これより上げるとバルブが引っかかったりしてすぐオーバーフローします
取り敢えず左右共この油面で行ってみます

RXのキャブに昔諦めていたエアスクリューが取れないままになっているものがありました
真鍮のスクリューは柔らかすぎてナメねじキラーでも歯が立ちませんでした

どうにか取れました

結局パイロットジェットも頭がなめていてそこは断念しました
でも取っておきます いつか自分がスキルアップしたときの為に。
ウルフのタンクの錆び取り
by tetsu at 2022/5/11(水) 18:19:57 No.20220511180342 コメント】  削除 引用
1024 x 575 x 50,747バイト
No.1
545 x 969 x 51,064バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.2

そろそろ抜き取って内部を乾燥させないと やった意味がありません
ライトが届かない奥の奥は不明ですが、まぁかなり改善したと思います

本来ならこのタンクも含めてオイルタンクも洗浄して
塗膜を全面はく離したうえで研磨、プラサフ、塗装・・・
と行きたいところですがいまはRDの宿題を済ませることが先決です

私の性格上あっちもこっちもと風呂敷を広げて、挙句全部中途半端
というのはできません
どんなに時間がかかってもある程度結果を出してから
次に進みます
万事休す、です
by tetsu at 2022/5/8(日) 18:29:46 No.20220508181233 コメント】  削除 引用

歯切れ良く爆発していた右が入念なクリーニングをしたキャブでも薄いままでした
さらに元々薄かった左はキャブそのものをジャンクに近いスペアと交換
若干濃くなったようで加速が良くなりました

現在の設定は140-40 Aスクリューの戻しは左右共半回転
クリップは3段目前後
回転の上りはやや重く、特に4,800〜5,000辺りで左は薄い時のパン スポポポ状態

やれやれ 流石に疲れました
しばらくは別のことをして気分転換します
結局思ったほどキャブは目詰まりしていなかったようです

最初のころのRDは信号が変わってからの出足は力強くて
アクセルを開けたら開けただけ気持ち良いくらい加速していました

どこをどう弄ったらこの状態に戻れるのか・・・
いっそRZのキャブでも落札してみようかな

1.  tetsu > 2022/5/8(日) 23:27:51
油面が低い気がします
近日 厳密に計測してみます

先程セカイモンでアメリカのセラーからキャブを1セット落札しました
錆び取り剤をウルフにも
by tetsu at 2022/5/8(日) 17:58:50 No.20220508172715 コメント】  削除 引用
1024 x 575 x 51,101バイト
No.1
545 x 969 x 51,138バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.2

545 x 969 x 50,074バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.3


RDのタンクは見事に綺麗になりました
しかしその廃液は再利用可能ですけど16Lもの液をどう保管するか考えた末に
取り敢えず目の前の高圧洗浄機のタンクと、ウルフのタンクに入れることにしました

説明書には60度が効果絶大と書いてあったので
廃液をガスコンロで加熱して沸騰させたものと常温を交互に注入しました
大体こんな感じだと思います

キャップ口一杯まで入れて、タンク上面の裏まで処理できるようにしました

仕事が早く上がったので
by tetsu at 2022/5/7(土) 19:18:40 No.20220507185528 コメント】  削除 引用
545 x 969 x 51,122バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1
1024 x 575 x 50,809バイト
No.2

1024 x 575 x 50,604バイト
No.3


コックから取り掛かりました
見劣りしないように真鍮ブラシでレバーを磨いて釣合い良くしました

かねてより用意しておいた錆び取り剤をタンクに投入します
1Lの原液を最大25倍まで薄めることが可能らしいのですが
今回は濃い目に16L一杯にして熱湯を混ぜながら60度前後を狙います

明日までこのまま放置して、その間にキャブも本気モードでクリーニングしました
コンプレッサーとキャブクリを交互に使って祈る気持ちで・・・

明日タンク内部を上手く乾燥させて 走れるといいのですが。
持っていました
by tetsu at 2022/5/7(土) 12:11:04 No.20220507120551 コメント】  削除 引用
545 x 969 x 50,202バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

2020年の4月に割れてしまったRDのストレーナーカップを取り換えるだけの為に
グサボロ丸タンクRD125のタンク丸ごとを落札しました
そのタンクについていたコックの残骸が見つかりました!!

まぁRXとも共通のコックですから新品は保険代わりに保管しておきましょう
まさかのポッキリ
by tetsu at 2022/5/6(金) 19:28:59 No.20220506191525 コメント】  削除 引用
545 x 969 x 51,016バイト <この画像は大きいので別画面で表示します>
No.1

カリカリにオーバーヒートしたRDを騙し騙し自走で戻ってきて
普通にガソリンコックをオフにした途端「ポキッ」
嘘だろー!!
この部品はとっくに廃番で、コックASSYだととてつもなく高いのです

でも買うしかありません
いつものHVCで本体のみ75.95ドル おっ安い!
と思ったら船便送料と税込みで123.45ドル だと思いました

まぁ仕方ないでしょう 多分どんな接着剤を使って修理しても
いつ折れるか心配しながら使うのは精神衛生上良くないです


 ハードディスクが読み込まない時に注意したい事と復旧する方法    Macのデータ復旧・自分でできる復元方法やバックアップ対策を紹介!

ホームページへ 全 109 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

モータースポーツ | 管理者へメール | お知らせ | 一括削除
携帯から使う方法 | ヘルプ | 利用規約 | 違反報告 | 管理パネル



- 無料レンタル掲示板 -